川島壮雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かわしま もりお
川島 壮雄
プロフィール
愛称 モリオ、モリモリ
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-11-22) 1984年11月22日(36歳)
身長 174cm
血液型 AB型
最終学歴 法政大学社会学部
勤務局 関西テレビ
部署 コンテンツデザイン局アナウンス部
活動期間 2007年 -
ジャンル スポーツ番組
配偶者 多田紗耶子
公式サイト 川島壮雄アナウンサー カンテレannouncers プロフィール
担当番組・活動
出演中KEIBA BEAT
ピーコ&兵動のピーチケ・パーチケ
2時45分からはスローでイージーなルーティーンで
出演経歴プチっとく
にじいろジーン
『おこしやす!KYOTO』
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

川島 壮雄(かわしま もりお、1984年11月22日 - )は、関西テレビコンテンツデザイン局アナウンス部所属のアナウンサー

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。法政大学第二高等学校法政大学社会学部に進学。同大在学時は自主マスコミ講座に所属していた。2007年3月、同大卒業後の同年4月、関西テレビに入社。主に、情報番組中心に出演する傍ら、スポーツアナウンサーの業務も担当している。

2009年9月6日に開催された「アナウンサー朗読会2009・恋する時間」の演出を手がけたわかぎゑふの「“劇団関テレ”を支える看板スターが必要」という発案により、2009年7月に吉原功兼堀田篤坂元龍斗とともに、イケメンアナウンサーユニット「KT☆BOYS」を結成[1]。高校と大学の1期後輩である読売テレビアナウンサーの山本隆弥とも「ytv まだまだボーイズ」との対面で共演を実現している[2]。その一方で、2014年5月には、多田紗耶子(関西テレビと同じフジテレビ系列局福島テレビの元アナウンサー)との結婚を公表した[3][4]

なお、勤務する関西テレビはテレビ単営局だが、2021年3月30日の未明からラジオ大阪(関西テレビと同じフジサンケイグループのラジオ単営局)で毎週火・水曜日の未明(月・火曜日の深夜)に放送中の『カンテら!』(事前収録番組)のパーソナリティ陣にも名を連ねている。

現在の担当番組[編集]

  • ピーコ&兵動のピーチケ・パーチケ(関連番組の『ピーチケプラス』にも単独で出演)
  • カンテレNEWS(主に『FNN Live News α』水曜未明〈木曜深夜〉ローカル枠を担当)
  • スポーツ中継(プロ野球、競馬など)
    当初は研修の一環としての出演だった。『競馬beat』(第1期)ではレースの実況中継こそなかったが、重賞(GIは除く)でパドック解説とゲート前レポーターを担当していた。『競馬BEAT』(第2期)は本人曰く「実況デビューすらさせてもらえてない」中で杉崎美香のサポート役という立場でMCに就任したが、2013年1月27日の京都競馬第10レースで初実況を行い、同年11月3日のみやこステークスで重賞レース初実況となった。2014年からは実況に専念する。
  • おうちで舞台~カンテレ劇場~(2020年6月から月に1回のペースで土・日曜日の深夜に放送) - 「支配人」という肩書でスタジオ進行を担当
  • 2時45分からはスローでイージーなルーティーンで(水 - 金曜日MCアシスタント、2021年3月31日 -  )
    • 水・金曜日には、番組の開始当初から毎週出演。当初は木曜日にも毎週登場していたが、2021年5月から週3 - 4回の出演に変更している(毎月最終木曜日のみ後輩アナウンサーの山本大貴が担当)
  • カンテら!ラジオ大阪) - 「ラジオパーソナリティ」として、同僚のアナウンサー1名とのコンビで出演。初出演は第43回(2021年8月24日未明放送分)で、自身と同じ藤井風のファンである服部優陽と揃ってパーソナリティを務めたほか、服部との合同企画として藤井に関する特集を放送した。

競馬GI担当レース[編集]

日本国内
海外

2018年10月14日に行われた第23回秋華賞ではアーモンドアイクリストフ・ルメール騎乗)の牝馬三冠、2020年10月25日に行われた第81回菊花賞ではコントレイル福永祐一騎乗)の牡馬クラシック三冠達成の実況を担当した。関西テレビのアナウンサーで三冠達成実況を行ったのは松本暢章(1964年)・杉本清(1983年、1984年、1986年、1994年)・石巻ゆうすけ(2003年、2010年)・馬場鉄志(2005年)・岡安譲(2011年)・大橋雄介(2012年)・吉原功兼(2020年)(達成順。石巻、大橋、吉原は牝馬三冠)に次いで7人目。また、局の大先輩である杉本清に次いで2人目となる「牡牝3歳三冠達成実況」を実現した[12]

過去の担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関テレ若手アナ4人が「KT☆BOYS」結成 スポーツ報知 2009年7月23日
  2. ^ ytv まだまだボーイズ。#3から#12までの動画で両者の共演を見ることができる。
  3. ^ “関西テレビ・川島壮雄アナが一般女性と結婚”. 産経WEST (産経新聞社). (2014年5月27日). https://www.sankei.com/west/news/140527/wst1405270075-n1.html 2018年9月5日閲覧。 
  4. ^ “関テレ・川島アナが一般女性と結婚 交際1年でゴールイン”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年5月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2037887/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  5. ^ 競馬BEAT【「桜花賞GI」メジャーエンブレム怪物伝説第1章!】 ヤフーテレビ 2016年4月8日閲覧
  6. ^ 競馬BEAT【宝塚記念(GI)白い怪物が史上初の偉業に挑む】 ヤフーテレビ 2015年6月28日閲覧
  7. ^ 競馬BEAT【『宝塚記念』キタサンブラック&北島三郎&武豊あなたの夢が走り出す】 ヤフーテレビ 2017年6月22日閲覧
  8. ^ 競馬BEAT【秋華賞▽牝馬三冠の最終章!二冠か、新女王か?】 ヤフーテレビ 2015年10月16日閲覧
  9. ^ 競馬BEAT 2018年11月4日(日) 15時00分~16時00分 の放送内容ヤフーテレビ 2018年11月1日閲覧
  10. ^ 競馬BEAT【エリザベス女王杯(GI)復活をめざす怪物少女】 ヤフーテレビ 2015年11月14日閲覧
  11. ^ 競馬BEAT【『朝日杯FS(GI)若き才能が激突!川島馬券今週も的中!?】 ヤフーテレビ、2017年12月14日閲覧
  12. ^ 杉本の場合は牡馬は1983年のミスターシービー、1984年のシンボリルドルフ、1994年のナリタブライアン。牝馬は1986年のメジロラモーヌ