川島誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川島 誠(かわしま まこと、1956年‐)は日本の児童文学作家小説家である。

映画化もされた小説 『800 TWO LAP RUNNERS』 が代表作。生と性をモチーフに少年たちの世界を描く。妻は同じく児童文学作家の二宮由紀子

経歴[編集]

1956年東京都生まれ。神奈川県立湘南高等学校を経て京都大学文学部アメリカ文学科卒。今江祥智に師事。1983年、『幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃』 でデビュー。本業は塾講師。

作品[編集]

作品一覧[編集]

  • 電話がなっている - 国土社 (1985)
    • 幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃
    • 田舎生活 (カントリーライフ)
    • ぼく歯医者になんかならないよ
    • 電話がなっている
    • 悲しみの池、喜びの波
  • 夏のこどもたち - マガジンハウス (1991)
    • 角川文庫 ISBN 4043648057 (2005)
  • 800 - マガジンハウス 単行本 ISBN 4838703325 (1992)
    • 角川文庫 ISBN 4043648014 (2001)
  • もういちど走り出そう - マガジンハウス (1994)
    • 角川文庫 ISBN 4043648030 (2003)
  • しろいくまとくすのき - 文溪堂 (1996)
  • ロッカーズ - マガジンハウス (2000)
    • 角川文庫 ISBN 4043648049 (2004)
  • セカンド・ショット 角川文庫 ISBN 4043648022 (2002)
    • '電話がなっている' のうち '幸福とは...' を除いた短編に'セカンド・ショット'(1992)と書き下ろし 'セビージャ' を加えた改装版.
  • ゲキトツ! - BL出版 (2003)
  • NR (ノーリターン) 角川書店 ISBN 4048735721 (2004)
  • 海辺でLSD (2006)
    • 海辺でロング・ディスタンスと改題 角川文庫 (2009)
  • ファイナル・ラップ 角川書店 (2010)
  • 神様のみなしご 角川春樹事務所 (2012)
  • スタート・イン・ライフ 双葉社 (2013)