川崎市立御幸中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
川崎市立御幸中学校
川崎市立御幸中学校正門
国公私立 公立学校
設置者 川崎市
設立年月日 1947年(昭和22年)5月6日
開校記念日 5月6日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 212-0005

北緯35度32分40.1秒 東経139度41分38.8秒 / 北緯35.544472度 東経139.694111度 / 35.544472; 139.694111座標: 北緯35度32分40.1秒 東経139度41分38.8秒 / 北緯35.544472度 東経139.694111度 / 35.544472; 139.694111
公式サイト 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

川崎市立御幸中学校(かわさきしりつ みゆきちゅうがっこう)は、神奈川県川崎市幸区戸手4丁目にある公立中学校である。略称は、「御幸中」(みゆきちゅう)。平成25年度(2014年3月)までの卒業生数は2万2932名。1947年(昭和22年)開校。

川崎市立御幸中学校校章

概要[編集]

「あいさつ、時間、清掃」を学校生活の目標とした「御幸の三本柱」というものがある。校名の「御幸」は1884年(明治17年)に小向村の小向梅林に明治天皇行幸(御幸)したことを記念して命名された。

教育目標[編集]

  • 節義(みさお)
    • 強い心身をつくり、中学生らしい行動をとる。
  • 誠心(まこと)
    • 深く考え、よりよい学校をつくる。
    • 奉仕の心を養い、実践する。
  • 理想(のぞみ)
    • 他人を尊重し、自分の言動に責任をもつ。
    • 自分に厳しく、人には親切にする。

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)
    • 5月5日 - 南河原小学校にて開校式ならびに入学式、授業は溝ノ口331番地の旧制川崎市立橘中学校(川崎市立橘高等学校の前身校[1])にて実施。生徒数405名(1・2年生のみ)。職員数11名。
    • 5月6日 - 開校記念日
    • 7月1日 - 校章制定
    • 9月9日 - 遠藤町700番地へ移転(現在御幸小学校、昭和26年度まで使用)
    • 12月25日 - 戸手町1丁目91番地へ移転(御幸中学校旧校舎)
  • 1948年(昭和23年)3月28日 - 校旗制定
  • 1951年(昭和26年)
    • 9月26日 - 新校舎落成(戸手町2丁目3番地)
    • 9月28日 - 校歌制定
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 川崎市立塚越中学校分離
  • 1956年(昭和31年)
    • 3月10日 - 三樹苑建立(梅・松・藤で「校訓」のみさを・まこと・のぞみを表象)
    • 9月1日 - 川崎市立南河原中学校分離
  • 1958年(昭和33年)6月10日 - 体育館落成
  • 1959年(昭和34年)4月16日 - 特殊学級設置
  • 1960年(昭和35年)
    • 3月31日 - 鉄筋3階建7教室落成
    • 7月20日 - プール竣工(長さ25m、幅14m)
  • 1962年(昭和37年)
    • 3月5日 - 鉄筋3階建5教室増築落成
    • 9月5日 - クラブ部室、放送室竣工
    • 11月12日 - 創立15周年記念式典挙行
  • 1967年(昭和42年)11月24日 - 創立20周年記念式典挙行
  • 1968年(昭和43年)4月10日 - 若者の像設置
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 第一期校舎改築工事完了
  • 1977年(昭和52年)
    • 3月31日 - 鉄筋6校舎完成
    • 7月15日 - 市立中学校創立30周年記念
    • 11月1日 - 創立30周年記念式典挙行
  • 1978年(昭和53年)4月29日 - 30周年記念碑除幕式
  • 1981年(昭和56年)4月1日 - 特別教室6教室完成
  • 1982年(昭和57年)3月31日 - 普通教室6 特別教室3 教室完成
  • 1983年(昭和58年)3月1日 - 新体育館落成
  • 1984年(昭和59年)
    • 3月22日 - 特別教室2教室増築落成
    • 5月4日 - 格技室改築・部室落成
  • 1991年(平成3年)4月11日 - 格技室・プール完成
  • 1995年(平成7年)3月31日 - 施設開放拠点(市民教室)工事完成
  • 1997年(平成9年)11月15日 - 創立50周年記念式典挙行
  • 2010年(平成22年)6月1日 - 通級指導教室新設
  • 2017年(平成29年)8月~ - 校舎内外装の大規模改修工事
  • 2018年(平成30年)11月10日 - 創立70周年記念式典挙行

特別活動[編集]

特別活動として、生徒会活動(川崎市立御幸中学校生徒会)や委員会活動、学校行事が存在する。

委員会[編集]

1学年学級委員会、2学年学級委員会、3学年学級委員会、視聴覚委員会、保健委員会、生活委員会、福祉委員会、環境美化委員会、体育委員会、新聞委員会、図書委員会

学校行事[編集]

  • 4月 - 着任式・始業式・入学式・新入生歓迎会・新体力テスト
  • 5月 - 生徒総会・開校記念日・3年修学旅行・体育祭
  • 6月 - 1年校外学習
  • 8月 -2年職業体験
  • 10月 - 合唱コンクール・文化祭・PTAふれあいフェスタ
  • 11月 - 小6体験入学
  • 2月 - 1年自然教室・生徒総会
  • 3月 - 卒業式・修了式・離退任式

課外活動[編集]

課外活動の一環として各種の部活動が行われている。

運動部[編集]

野球部、サッカー部、男子ソフトテニス部、女子ソフトテニス部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、男子バドミントン部、女子バドミントン部、女子バレーボール部、陸上部、水泳部、卓球部、柔道部、相撲部、剣道部、駅伝部(駅伝大会の時期のみ)

文化部[編集]

美術部、吹奏楽部、家庭科部、コンピュータ部、演舞部、書道部

通学区域[編集]

小向、小向町、小向仲野町、小向西町、戸手、戸手本町、紺屋町、神明町、遠藤町河原町

学区小学校[編集]

川崎市立御幸小学校、川崎市立西御幸小学校、川崎市立戸手小学校、川崎市立幸町小学校

著名な出身者[編集]

  • 山下秀男(実業家、前同窓会長、平成25年春の叙勲:旭日双光章、神奈川県県民功労表彰、川崎市交通安全協会会長、川崎南法人会相談役、他)第2期卒
  • 佐藤征一郎(声楽家、川崎市市民文化大使、洗足学園音楽大学名誉教授)第8期卒
  • 鏑木茂哉(同窓会長、川崎市議会議員、元市議会議長)第15期卒
  • 竹間幸一(川崎市議会議員)第15期卒
  • 和田優子美容研究家ミス日本コンテスト大会運営委員長)第23期卒
  • 根本りつ子(女優)第25期卒
  • 河野忠正(川崎市議会議員)第27期卒
  • 吉濱遼平(プロサッカー選手、湘南ベルマーレ所属)第60期卒

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 川崎市立橘高等学校. “川崎市立橘高等学校 - 沿革”. 2014年10月30日閲覧。

関連項目[編集]