川崎製鉄水島硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川崎製鉄水島硬式野球部
チーム名(通称) 川崎製鉄水島、川鉄水島
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1970年
廃部 2002年
チーム名の遍歴

  • 川崎製鉄水島 (1970 - 2002)
本拠地自治体

都市対抗野球大会
出場回数 5回
最近の出場 2000年
最高成績 2回戦
社会人野球日本選手権大会
出場回数 8回
最近の出場 2002年
最高成績 2回戦
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

川崎製鉄水島硬式野球部(かわさきせいてつみずしまこうしきやきゅうぶ)は、岡山県倉敷市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。2002年に解散した。

概要[編集]

川崎製鉄水島製鉄所岡山県倉敷市)の硬式野球部として1970年に創部した[1]ユニフォームズボンのすそを足首まで下げない、23歳以下の部員は喫煙禁止など厳格な部則があった[1]

1972年都市対抗野球岡山予選で公式戦初勝利を挙げた[1]。その後1982年宮本和知が入部するなど強化に注力し[1]1984年都市対抗野球1985年には日本選手権に初出場を果たしている。

1991年から1993年にかけては、都市対抗野球と日本選手権に合わせて5期連続で本大会出場を果たすなど黄金期を迎え[1]三菱自動車水島とともに県内の社会人野球で2強と呼ばれていた[2]1994年には、同年限りで解散した神戸野球部の選手を受け入れている。

2001年、母体である川崎製鉄と日本鋼管(NKK)が合併しJFEスチールが発足することが発表され、野球部もNKK硬式野球部(旧:日本鋼管福山硬式野球部)と統合して新たにJFE西日本硬式野球部となるため、2002年シーズン限りでの活動停止が決定した。2002年は、神田義英北川利之を擁して日本選手権に4年ぶりに出場した。ベテランを中心に7人の選手が引退し[3]、NKKの本拠地であった福山市の新生野球部に合流した。

沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 毎日新聞、2002年10月9日付朝刊、岡山地方面
  2. ^ 毎日新聞、2002年9月14日付朝刊、岡山地方面
  3. ^ 毎日新聞、2002年11月23日付朝刊、岡山地方面

関連項目[編集]