千葉静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千葉 静子(ちば しずこ、1919年(大正8年)12月3日 - 1982年(昭和57年)10月4日)は、昭和期の歌手声楽家。本名は川崎 静子

経歴[編集]

1919年(大正8年)、東京府(現:東京都)に生まれる。

1941年(昭和16年)に東京音楽学校(現:東京藝術大学)を卒業。同年に歌手デビューし、「サイパン殉国の歌」や「輝く黒髪」をヒットさせた。

1943年(昭和18年)4月21、22日、日本交響楽団(現NHK交響楽団)第245回定期演奏会にてブラームス作曲「アルト・ラプソディー」(アルト、男声合唱、管弦楽)のソロ。指揮はローゼンシュトック、合唱は成城合唱団。

1952年(昭和27年)、二期会の設立に参画し、「カルメン」など多くのオペラで主役を歌った。

1982年(昭和57年)10月4日、肺炎のため、港区の病院で死去。62歳没。

代表曲[編集]

  • 「サイパン殉国の歌」(共唱:木下保
  • 「輝く黒髪」
  • 「戦う花」