川崎 (つくばみらい市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 茨城県 > つくばみらい市 > 川崎 (つくばみらい市)
川崎
—  大字  —
川崎の位置(茨城県内)
川崎
川崎
川崎の位置
座標: 北緯35度59分29.08秒 東経140度0分23.18秒 / 北緯35.9914111度 東経140.0064389度 / 35.9914111; 140.0064389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ibaraki Prefecture.svg 茨城県
市町村 Flag of Tsukubamirai Ibaraki.JPG つくばみらい市
人口 (2017年(平成29年)8月1日現在)[1]
 - 計 360人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 300-2425
市外局番 0297[2]
ナンバープレート つくば

川崎(かわさき)は、茨城県つくばみらい市の地名。郵便番号は300-2425。  

地理[編集]

つくばみらい市の中央部に位置する。谷原領3万石の一部として開発された田園地帯で、元は小貝川の西岸に位置したが、伊奈氏の小貝川流域開発に伴って河道が変更され、東岸の村となり、1634年寛永11年)に筒戸村より分村。寛文朱印留に川崎村の名前が見られる。 また、小貝川に沿った地域を中心に2ヶ所の広い飛地で成り立っており、東にある飛地の南端には茨城県道・千葉県道3号つくば野田線が通る。

東は上小目、西は小貝川を挟んで杉下、南は鬼長・上小目、北は宮戸と接している。

河川[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

地名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各村名とも各一部)
川崎(村) 1634年 筒戸(村)

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
川崎 114世帯 360人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

番地 小学校 中学校
全域 谷原小学校 谷和原中学校

施設[編集]

  • 川崎公民館
  • 水神宮
  • 谷原大橋

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市の人口 - 町丁字別人口”. つくばみらい市 (2017年8月4日). 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 「茨城県の地名」(平凡社)