川本浩次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川本 浩次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1951-09-26) 1951年9月26日(66歳)
身長
体重
175 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1974年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川本 浩次(かわもと こうじ、1951年9月26日 - )は、京都府出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

平安高では、2年生時から春夏4回連続で甲子園に出場。1年上の池田信夫石山一秀のバッテリーを擁し、右翼手として1968年春の選抜に出場。準々決勝で大宮工の吉沢敏雄(慶大東京ガス)に抑えられ敗退[1]。同年夏の選手権では、1回戦で大宮工にまたも敗退する[2]

3年生時には三番打者、中堅手に回る。春の選抜では、2回戦(初戦)で同大会で優勝した三重高に敗退[1]、この大会では選手宣誓を務めた(京都の高校で初)。同年夏の京滋大会決勝では、比叡山高のエース間柴茂有の好投に苦しめられるが、延長11回の末に辛勝、夏の選手権への出場を決める。しかし大会では太田幸司八重沢憲一がいた三沢高校に準々決勝で敗れた[2]。高校同期にはエースの家村孝次(法大)、四番打者、一塁手渋谷通がいる。

強打の外野手として期待され、1969年ドラフト外阪神タイガースへ入団。しかし一軍での出場はなく、1970年11月の第1回選抜会議(トレード会議)の対象となり、1971年から近鉄バファローズへ移籍。1974年にはシーズン最終戦で一軍初出場を果たし、初安打を記録するが、その後は出場機会がなく1975年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 近鉄 1 2 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
通算 1 2 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000

背番号[編集]

  • 43 (1970年)
  • 58 (1971年 - 1974年)
  • 36 (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]