川村博昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川村 博昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県嘉穂郡穂波町
生年月日 (1952-07-11) 1952年7月11日(66歳)
身長
体重
168 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1974年 ドラフト6位
初出場 1977年5月10日
最終出場 1977年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川村 博昭(かわむら ひろあき、1952年7月11日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

飯塚商業高校では1969年、2年生の時に中堅手、八番打者として夏の甲子園に出場。1回戦で芦別工を降すが、2回戦で富山北部高のエース藤田賢治に抑えられ敗退[1]。同年の秋季九州大会では準々決勝で筑紫中央高に延長12回敗退、翌春の選抜出場を逸する。高校同期には三塁手執行重徳がいる。

卒業後は九州産業大学へ進学。九州地区大学野球選手権大会で1回優勝、1972年創立の福岡六大学野球リーグでは2回優勝。

1974年ドラフト会議太平洋クラブライオンズから6位指名を受け入団。1977年には強肩俊足を買われ、主に代走や守備固めとして61試合に出場。しかし1978年には出場機会がなくなり、同年限りで引退

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1977 クラウン 61 8 6 8 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 1 1 0 .000 .250 .000 .250
通算:1年 61 8 6 8 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 1 1 0 .000 .250 .000 .250

記録[編集]

背番号[編集]

  • 48 (1975年 - 1978年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]