川村智治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

川村 智治郎(かわむら としじろう、1906年3月7日 - 2003年1月27日[1])は、両生類の研究者である[2]。第3代広島大学学長[3]

経歴[編集]

滋賀県生まれ[1]。1933年に広島文理科大学を卒業後、広島文理科大学助手・講師、京都帝国大学講師、広島文理科大学助教授を務め、1951年より広島大学教授、1966年より広島大学学長、1969年より広島大学名誉教授[1]

広島文理科大学時代の指導教官は阿部余四男教授で、卒業論文はウズラに関する内容であった[4]

業績[編集]

両生類研究者でカエルの染色体の分析研究を行った。広島大学附属両生類研究所所長で、数多くの研究者を育成した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 西岡 2003, p. 1.
  2. ^ 西岡 2003, p. 2.
  3. ^ 歴代学長 | 広島大学”. 2019年12月9日閲覧。
  4. ^ 山内健生 (2013年12月25日). “広島文理科大学動物学教室における卒業論文”. Bulletin of the Hiroshima University Museum. 2020年1月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 西岡みどり「川村智治郎博士」『タクサ:日本動物分類学会誌』第14巻、2003年、 1-3頁。