川村驥山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1948年

川村 驥山(かわむら きざん、1882年5月20日 - 1969年4月6日)は、日本書家日本芸術院会員。本名は川村慎一郎、別号に酔仏居士、酔驥、長嘯庵主人などがある。

父は漢学者の川村東江。父より漢学を学び、書道を太田竹城に学んだ。

略歴[編集]

逸話[編集]

昭和の剣聖と言われた中山博道に書道を教えた。

刊行物[編集]

  • 「驥山狂草飲中八仙歌」 五禾書房 1962年(昭和十六人集)
  • 「驥翁自適帖」 二玄社 1965年

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1951年4月1日(東京本社発行)朝刊、2頁。

関連項目[編集]