川東加代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川東加代子 Table tennis pictogram.svg
選手情報利き腕グリップ シェークハンド戦型 カット主戦型
 
獲得メダル
日本の旗 日本
世界卓球選手権
1979 平壌 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

川東 加代子(かわひがし かよこ)は日本卓球選手。1977年の第34回世界卓球選手権では女子シングルスでベスト8に入った。鹿児島県出身[1]。結婚後の姓は、濱野[2]五段[3]

屋久島町立神山中学校に在学した1973年、第4回全国中学校卓球大会の団体と[4]シングルスと優勝[5]、1974年に横浜市で行われたアジアユース選手権ジュニアの部では準優勝した。

柳川商業高等学校(現在の柳川高等学校)3年の1976年には第4回全国高等学校選抜卓球大会の女子シングルスで優勝した[6]

世界卓球選手権に4回出場、1977年の第34回世界卓球選手権バーミンガム大会ではシングルスでベスト8、横田幸子枝野とみえ、菅谷佳代との団体で4位[7]、1979年の第35回世界卓球選手権平壌大会ではシングルスでベスト16、高橋省子・嶋内よし子・菅谷佳代との団体で3位[8]、1981年の第36回世界卓球選手権ノヴィ・サド大会では女子ダブルスでベスト8に入った。

1977年のバーミンガム大会の女子シングルスでは、予選から出場、3試合を勝ち上がり、シングルス1回戦の出場権を得た[9]。2回戦で世界ランク6位のイングランドジル・ハマースリードイツ語版を3-2で破り[10][11]、3回戦ではスウェーデンのアン=クリスティン・ヘルマンドイツ語版を3セットともジュースで取り、3-1で勝利した。身長180cmのヘルマンを倒した後、身長156cmの川東は、薬物を飲んだのではないかと、ドーピングテストを受けた[12]。準々決勝で、中国の張立にストレートで敗れた[13][14]。女子ダブルスでは、横田幸子とのペアで3回戦まで進出、韓国の金順玉、李基元組に敗れた[15]。混合ダブルスでは、高島規郎とのペアで1回戦でポーランドペアに1-3で敗れた[14]

高校卒業後、1977年4月より、第一勧業銀行に所属し、日本卓球リーグの最高殊勲選手に2度輝いた[16]全日本社会人卓球選手権女子シングルスで優勝した。1978年、1979年と全日本社会人卓球選手権女子ダブルスで優勝、1979年には、全日本卓球選手権大会女子ダブルスでも優勝した[17]

全日本軟式卓球選手権大会でもシングルスで1回(1982年)、ダブルスで4回(1978年-1980年、1982年)優勝した[18]

現在、バタフライ卓球教室の講師を務めている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 全国中学校卓球大会”. 日本卓球協会. 2013年5月19日閲覧。
  2. ^ a b バタフライ卓球教室2013(前期) ~2013年4月9、10、11、12日スタート~”. バタフライ (2013年1月7日). 2013年5月19日閲覧。
  3. ^ 段位取得者/関東1”. 日本卓球協会. 2013年5月19日閲覧。
  4. ^ お知らせ”. 屋久島町. 2013年5月19日閲覧。
  5. ^ 全国中学校大会”. バタフライ. 2013年5月19日閲覧。
  6. ^ (21)全国高等学校選抜大会”. 日本卓球協会. 2013年5月19日閲覧。
  7. ^ (第5日)日本女子 健闘及ばず4位 北朝鮮に敗れる 中国女子優勝 朝日新聞1977年3月31日朝刊17ページ
  8. ^ 世界選手権における日本の入賞(3位以内)記録一覧表”. 日本卓球協会. 2013年5月19日閲覧。
  9. ^ 菅谷は予選失格 女子単 世界卓球選手権個人戦 読売新聞4月2日夕刊6ページ
  10. ^ (第9日)河野、準々決勝へ 複は男女とも全滅 1977年4月4日
  11. ^ 日本男子 全ペア3回戦へ 世界卓球個人戦第3日 読売新聞1977年4月4日朝刊17ページ
  12. ^ おかっぱの柔 剛を制す 朝日新聞1977年4月5日朝刊17ページ
  13. ^ (第10日)混合二組、三回戦へ 川東、四強入りならず 女子単 朝日新聞1977年4月5日 朝刊17ページ
  14. ^ a b 川東(女子単)準々決勝で涙 読売新聞 1977年4月5日朝刊 17ページ
  15. ^ 日本男子 河野満、準々決勝へ 世界卓球個人戦第3日 読売新聞 1977年4月4日夕刊8ページ
  16. ^ 日本卓球リーグ<歴史>”. 日本卓球リーグ実業団連盟. 2013年5月19日閲覧。
  17. ^ 全日本卓球選手権大会”. 日本卓球協会. 2011年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月19日閲覧。
  18. ^ 全日本軟式卓球選手権大会”. 日本卓球協会. 2012年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月19日閲覧。