川根両国駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川根両国駅
駅舎
駅舎
かわねりょうごく
KAWANE RIYOUGOKU
千頭 (1.1km)
(1.3km) 沢間
所在地 静岡県榛原郡川根本町千頭
所属事業者 大井川鐵道
所属路線 井川線
キロ程 1.1km(千頭起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
8人/日
-2017年-
開業年月日 1959年(昭和34年)8月1日
備考 駅員配置駅(運転扱いのみ)
標高307m
テンプレートを表示

川根両国駅(かわねりょうごくえき)は、静岡県榛原郡川根本町千頭にある、大井川鐵道井川線である。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。ホーム横の2本の線路は側線・留置線である。 駅舎らしきものはあるが、これは両国乗務区の建物である。

井川線の車両整備を行う両国車輌区と保線区を併設する。

かつては千頭駅から当駅近くまで貨物専用線が井川線と並行しており、複線のようになっていたが、1960年代後半には遊休施設となっていた。これを活用して、1970年から蒸気機関車の運行が開始された。これが大井川鐵道の蒸気機関車動態保存のルーツである。しかし、千頭駅近くの道路拡張に支障することから、千頭駅から当駅までの専用線は廃止されることになり、1989年(平成元年)11月26日限りで当該専用線による運行は廃止された。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1935年(昭和10年)5月30日 - 開業。
  • 1936年(昭和11年)11月19日 - 軌間を762mmから1067mmへ改軌。寸又川専用軌道(後の千頭森林鉄道)が乗り入れるため、千頭駅 - 沢間駅間は762mm軌条が残され、三線軌条となる。
  • 1959年(昭和34年)8月1日 - 中部電力専用鉄道が大井川鐵道に引き継がれ、大井川鐵道井川線となる。同時に、旅客営業を開始。
  • 1969年(昭和44年) - 千頭森林鉄道の廃止に伴い千頭駅 - 沢間駅間の762mm軌条が撤去される。
  • 1970年(昭和45年) - 千頭 - 川根両国間に並行する側線を往復するミニSL列車の運行開始。
  • 1989年(平成元年)11月26日 - ミニSL列車の運行終了[1]

隣の駅[編集]

大井川鐵道
井川線
千頭駅 - 川根両国駅 - 沢間駅

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道ファン 1990年2月号 114頁

関連項目[編集]