川瀬晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
川瀬 晃
福岡ソフトバンクホークス #00
Kawase2.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (1997-09-15) 1997年9月15日(22歳)
身長
体重
175 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2015年 ドラフト6位
初出場 2018年5月23日
年俸 570万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川瀬 晃(かわせ ひかる、1997年9月15日 - )は、大分県大分市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大分市立賀来小中学校から軟式野球を始め、賀来ヤンキースに在籍する[2]

大分商業高校に進学、第95回全国高等学校野球選手権大会では、後にプロでもチームメイトとなる、1年先輩の2年生エース笠谷俊介と同学年の森下暢仁とともに、1年生ながら控えとしてベンチ入りしたが、試合出場機会はなかった。2年生からは投手と兼任で二塁手のレギュラーを獲得[3]。笠谷がチームを退いた後はキャプテンに指名され、遊撃手と投手との兼任で森下とライバル関係であった[2]。甲子園の出場は1年生の夏だけで、2年・3年生時ともに大分県予選で敗退[3][4]

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから6巡目で指名され[5]、同年11月19日に契約金3,000万円、年俸480万円で契約合意に達し[6]、入団した[7]背番号00

プロ入り後[編集]

2016年は、宮崎春季キャンプ前の1月5日、ランニング中に転倒した際の左手の骨折で、同月4日に福岡市内の病院で「左手舟状骨の観血的骨接合術(経皮的スクリュー固定)」を受けたと発表された[8]。二軍公式戦において30試合に出場し打率.160[9]、三軍戦では58試合に出場、打率.269の成績を残す[10]

2017年は、一軍公式戦の出場機会は得られなかったが、二軍のレギュラーとして定着し、二軍公式戦において81試合に出場し、打率.241、15打点の成績を残す[11]。三軍戦においては、33試合に出場し、打率.275、8打点だった[12]。オフの10月19日、11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された[13]

2018年、5月23日の対埼玉西武ライオンズ戦(福岡ヤフオク!ドーム)において9番・遊撃手として一軍公式戦初出場を初先発で飾り[14]、翌24日の同一カードで初安打を記録する[15]。6月19日のセ・パ交流戦、対東京ヤクルトスワローズでは、右前2点適時打で初打点を挙げる[16]。レギュラーシーズンは一軍公式戦で13試合に出場した。日本シリーズでは、出場資格者名簿に登録されたが出場機会は得られなかった[17]。シーズンオフの11月19日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、70万円アップの550万円(金額は推定)でサインした[18]

2019年、5月26日に一軍昇格を果たし[19]、6月4日のセ・パ交流戦、対中日ドラゴンズ戦において先発出場し、適時打を記録する[20]。一軍公式戦では主に守備や代走の途中出場で29試合に出場した。

選手としての特徴[編集]

投手としては、最速143km/hのストレートを投げ、制球が良く[2]遊撃守備における送球も安定している[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 ソフトバンク 13 36 32 3 6 1 0 0 7 2 1 0 2 0 2 0 0 9 2 .188 .235 .219 .454
2019 29 37 34 1 6 0 0 0 6 1 1 1 2 0 1 0 0 5 1 .176 .200 .176 .376
通算:2年 42 73 66 4 12 1 0 0 13 3 2 1 4 0 3 0 0 14 3 .182 .217 .197 .414
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 遊撃
























2018 ソフトバンク 6 11 12 1 4 .958 7 9 17 0 2 1.000
2019 14 19 16 2 2 .946 14 5 13 1 2 .947
通算 20 30 28 3 6 .951 21 14 30 1 4 .978
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 00 (2016年 - )

登場曲[編集]

[21]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年1月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 2015ドラフト指名選手クローズアップ ソフトバンク6位・川瀬晃 スカウト評価は“川崎二世””. 週刊ベースボールONLINE ベースボール・マガジン社. 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ a b 第96回全国高校野球選手権大分大会 準々決勝(2014年7月20日 別大興産スタジアム)大分上野丘 5-0 大分商”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年8月20日). 2019年11月27日閲覧。
  4. ^ 第97回全国高校野球選手権大分大会 決勝(2015年7月27日 別大興産スタジアム)(決勝) 明豊 1-0 大分商”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年7月27日). 2019年11月27日閲覧。
  5. ^ ドラフト会議特集・2015年ドラフト会議 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト
  6. ^ ソフトバンク6位川瀬、憧れの「ムネリン」になる日刊スポーツ 2015年11月20日掲載
  7. ^ ソフトバンク1位高橋純平、背番は工藤監督の47日刊スポーツ 2015年12月2日掲載
  8. ^ ソフトバンク6位川瀬晃が左手手術 転倒し骨折日刊スポーツ 2016年1月5日掲載
  9. ^ 2016年度 福岡ソフトバンクホークス・個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年3月30日閲覧。
  10. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2016年12月1日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  11. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年10月29日閲覧。
  12. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2017/10/27(金)”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月27日). 2017年10月29日閲覧。
  13. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。
  14. ^ ソフトバンク川瀬4の0ほろ苦デビュー「空回り」”. 日刊スポーツ (2018年5月23日). 2019年11月27日閲覧。
  15. ^ ソフトバンク川瀬はにかむプロ初安打 前日2併殺打…同郷の先輩が記念球キープ”. 西日本スポーツ (2018年5月24日). 2019年11月27日閲覧。
  16. ^ ソフトB川瀬がプロ初タイムリー 高卒3年目の20歳、右前へ鮮やか先制2点打”. 西日本スポーツ (2018年6月19日). 2019年11月27日閲覧。
  17. ^ SMBC日本シリーズ2018 出場資格者名簿(福岡ソフトバンクホークス)”. NPB.jp 日本野球機構. 2019年11月27日閲覧。
  18. ^ ソフトバンク川瀬は70万増 3年目でプロ初安打”. 日刊スポーツ (2018年11月19日). 2019年11月27日閲覧。
  19. ^ ソフトバンク川瀬が今季初1軍昇格「チャンスつかみたい」”. 西日本スポーツ (2019年5月27日). 2019年11月27日閲覧。
  20. ^ ソフトバンク川瀬「今の自分の甘さ」初適時打も失策を猛省”. 西日本スポーツ (2019年6月5日). 2019年11月27日閲覧。
  21. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月14日閲覧。

関連項目[編集]