川田拳登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川田 拳登 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カワタ ケント
ラテン文字 KAWATA kento
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-07-09) 1997年7月9日(21歳)
出身地 埼玉県
身長 170cm
体重 61kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 栃木SC
ポジション MF / DF / FW
背番号 29
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- 大宮アルディージャ 0 (0)
2017 ザスパクサツ群馬 (loan) 5 (0)
2017- 栃木SC (loan) 38 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

川田 拳登(かわた けんと、1997年7月9日 - )は、埼玉県出身のプロサッカー選手J2リーグ栃木SC所属。ポジションはミッドフィールダーディフェンダーフォワード

来歴[編集]

大宮アルディージャJrのU-11チーム発足の最年少(当時9歳)メンバー。U-12で全日本少年サッカー大会に大宮アルディージャJrとして初出場。ダノンカップ準優勝。Jrユースでも主将として2012年の全日本U-15サッカー大会(当時はJFAプレミアカップ)準優勝、高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会準優勝、関東リーグ(1部)優勝。U-15 U-16の日本代表に選ばれた。ユースでもU-16日本代表に選ばれイタリアの国際大会優勝。2015年の日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会準優勝。大宮ユースとして初めてJFAプレミアリーグに臨み優勝を争った。オランダ・フェイエノールトの練習に参加した

2016年、トップチームに昇格[1]。 2017年、ザスパクサツ群馬育成型期限付き移籍にて入団[2]、リーグ戦5試合、天皇杯1試合の合計6試合の出場したが、さらに出場機会を得るためにシーズン途中の9月1日から育成型期限付き移籍先が栃木SCに変更された[3]。両SB、SHでのポジションとなり移籍後すぐに出場機会を得て、プロ初ゴールを決めるなど栃木SCのJ2昇格を決めた最終節まで試合出場を重ねた。

2018年も期限付き移籍は継続されたが、大宮と栃木が同一カテゴリーになった(大宮はJ1から降格で、栃木はJ3から昇格でJ2所属)のに伴い、育成型期限付き移籍の対象とならないため普通の期限付き移籍となり、ポジションもMFへ変更された。シーズン序盤は途中出場が多かったが18節以降からWBとして先発出場し始め、俊足とドリブルを武器に25節からレギュラーの座をつかみ、得点もあげるなど最終節までフル出場(レンタル元の大宮戦は契約上出場できず)した。

2019年も期限付き移籍は継続された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 大宮 29 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2017 群馬 18 J2 5 0 - 1 0 6 0
栃木 29 J3 11 3 - - 11 3
2018 J2 27 1 0 0 1 0 28 1
2019
通算 日本 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
日本 J2 32 1 - 2 0 34 1
日本 J3 11 3 - 0 0 11 3
総通算 43 4 1 0 2 0 46 4

代表歴[編集]

  • U-15、U-16日本代表(2012年)
  • U-16日本代表(2013年)

関連項目[編集]

脚注[編集]