川田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川田武(かわだ たけし、1941年3月16日[1]- )は、日本の作家、テレビ制作者。

略歴[編集]

京都市出身。京都府立山城高等学校卒、京都大学教育学部卒、NHKに入り、報道番組などを制作。1965年ハヤカワSFコンテスト佳作第一席「クロマキー・ブルー」。1986年NHKエンタープライズ出向。「太陽大爆発」(学研出版)をハリウッドで「クライシス2050」のタイトルで映画化、エクゼクティブ・プロデユーサーを務めた。2003年(株)ミステリチャンネル入社、2007年中部大学人文学部コミュニケーション学科教授、09年退職[2]

著書[編集]

  • 『二つの飛鳥』新人物往来社 1973
  • 『戦慄の神像』角川書店 1978 のち文庫
  • 『ピラミッドの日』角川文庫 1978
  • 『闇からの叫び』角川文庫 1980
  • 『女王国トライアングル』カドカワノベルズ 1983
  • 『クライシス2050 太陽大爆発』学習研究社 1990
  • 乱歩邸土蔵伝奇 長編歴史推理小説』光文社文庫 2002
  • 利休の密室 長編歴史伝奇ミステリー』光文社文庫 2004
  • 『五月十五日のチャップリン 長編歴史ミステリー』光文社文庫 2005

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 川田武展[2018年1月]