川端一彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
川端 一彰
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1968-03-12) 1968年3月12日(49歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1989年 ドラフト5位
初出場 1992年6月2日
最終出場 2000年10月10日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川端 一彰(かわばた かずあき、1968年3月12日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

現在は、横浜DeNAベイスターズのチーム運営部スコアラー

来歴・人物[編集]

星林高校から中央大学へ進学。当時の中大は低迷期にあり、東都大学リーグでは二部降格を経験。リーグ通算60試合出場、209打数53安打、打率.254、2本塁打、8打点。

1989年ドラフト5位で横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)に入団。内外野どちらもこなすユーティリティプレイヤーであり、シュアなバッティングが持ち味であったが、二軍では1992年に首位打者になるものの一軍ではなかなか出場機会を得られず、主に二軍で数年を過ごす。

1996年に監督就任した大矢明彦に見いだされると一軍に定着、いぶし銀の打撃と成功率の高いバントで存在感を増す。同年は進藤達哉三塁手の定位置を争い、36試合に先発出場。翌1997年は主に外野手の準レギュラーとして活躍する。2000年は故障で二軍生活を余儀なくされ、同年限りで引退。10月10日に秋元宏作と共に引退試合が行われた。

内外野と守備位置がころころ変わったのは出場機会を得るためとは言え、結果として器用貧乏と揶揄されることにもなった。

引退後の翌2001年からは横浜のスコアラーを務めており、2007年に大矢が監督に復帰してからは一軍の試合のベンチで大矢の脇に座り、大矢のブレーン役として活躍した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 大洋
横浜
3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1993 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1995 6 7 7 0 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .143 .286
1996 80 163 146 20 40 4 2 2 54 9 0 0 10 0 6 0 1 28 5 .274 .307 .370 .677
1997 69 146 122 13 37 7 3 1 53 15 1 2 6 2 16 0 0 24 2 .303 .379 .434 .813
1998 43 63 54 5 12 2 0 0 14 1 0 2 5 0 4 0 0 11 0 .222 .276 .259 .535
2000 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:7年 204 383 333 38 90 13 5 3 122 27 1 4 21 2 26 0 1 65 4 .270 .323 .366 .690
  • 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1990年 - 2000年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]