川端一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川端 一郎(かわばた いちろう、1952年(昭和27年)- )は、日本外交官京都府出身。2016年(平成28年)2月からカザフスタン駐箚特命全権大使。元在サンクトペテルブルク日本国総領事。

人物・経歴[編集]

京都府出身[1]1976年(昭和51年)上智大学外国語学部ロシア語学科卒業後、外務省に入省[1]1979年(昭和54年)在ソ連大使館に勤務[2]。その後、本省、アメリカ、ロシアに勤務[2]1994年(平成6年)欧亜局ロシア課にて専門官、地域調整官、企画官を歴任[2]2001年(平成13年)在ロシア大使館参事官に就任[2]。また、在サンクトペテルブルク日本国総領事も歴任[1]2012年(平成24年)外務省大臣官房会計課福利厚生室長に就任[1]2016年(平成28年)カザフスタン駐箚特命全権大使に就任[1]2018年(平成28年)12月まで大使を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e パキスタン大使に倉井氏起用 日本経済新聞 2018年8月2日閲覧
  2. ^ a b c d 『日露(ソ連)基本文書・資料集』 著者略歴 - Amazon.co.jp。2018年8月2日閲覧
  3. ^ 川端大使離任のご挨拶 : 在カザフスタン共和国日本国大使館