川越宗一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

川越 宗一(かわごえ そういち、1978年9月13日[1] - )は、日本の小説家

経歴・人物[編集]

鹿児島県生まれ、大阪府出身[2]桃山学院高校を経て、龍谷大学文学部史学科中退。バンド活動を経て株式会社ニッセンにて会社員として勤めるかたわら、若桜木虔の小説添削講座を受講[3]

2018年に『天地に燦たり』で第25回松本清張賞を受賞して作家デビュー。2019年樺太アイヌを描いた『熱源』で第9回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞。2020年には同作品で第22回大藪春彦賞候補、第162回直木三十五賞(直木賞)受賞[4]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『天地に燦たり』(文藝春秋、2018年7月 / 文春文庫、2020年6月)
  • 『熱源』(文藝春秋、2019年8月)

雑誌掲載作品[編集]

小説
  • 「天地に燦(さん)たり」(抄) - 『オール讀物』2018年6月号
  • 「海神の子」 - 『オール讀物』2018年12月号
  • 「天地を動かすうた」 - 『小説NON』2019年10月号
  • 「ゴスペル・トレイン」 - 『小説 野性時代』2019年11月号
    • 後に『時代小説ザ・ベスト 2020』(日本文藝家協会編、集英社、2020年6月)に収録された。
  • 「波のみなもと 海神の子」 - 『オール讀物』2020年2月号
  • 「熱源 抄録」 - 『オール讀物』2020年4月号
  • 「陸を呑む 海神の子」 - 『オール讀物』2020年6月号
  • 「天命のゆくえ」 - 『オール讀物』2020年9・10月合併号
  • 「虹の侍」 - 『小説 野性時代』2020年11月号
  • 「国姓爺」 - 『オール讀物』2020年12月号
  • 「ふたりの母 海神の子」 - 『オール讀物』2021年4月号
エッセイなど
  • 「T字路と私」 - 『オール讀物』2018年6月号
  • 「グラビア 作家が巡る文学館」 - 『オール讀物』2018年7月号
  • 「[稜線の先へ]」 - 『小説NON』2018年10月号
  • 碧蹄館の戦い×小早川隆景 追い込まれた日本軍が選んだ"起死回生"の一手」 - 『歴史街道』2020年1月号
  • 「人生は行き当たりばったり」 - 『オール読物』2020年4月号
インタビュー
  • 「話題の著者に聞く INTERVIEW(124)川越宗一 読者が前向きに生きたいと思えるような物語を」 - 『文蔵』2018年9月号
  • 「【第162回直木賞候補作発表】全候補作家紹介インタビュー」 - 『オール讀物』2020年1月号
  • 「インタビュー」 - 『SPA!』2020年4月21日号
  • 「直木賞『熱源』は“調べ癖”から誕生した」 - 『文藝春秋』2020年4月号
  • 「知れば知るほどアイヌは凄い」 - 『文藝春秋』2020年6月号

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]