川越西郵便局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Postal Mark w (Japan).svg 川越西郵便局
Saitama Kawagoe-nishi Post office 1.JPG
基本情報
正式名称 川越西郵便局
局番号 03225
設置者 日本郵便株式会社
所在地 350-1199
埼玉県川越市小室22-1
位置 北緯35度54分51.9秒
東経139度27分59.4秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ゆうゆう窓口は24時間営業
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

川越西郵便局(かわごえにしゆうびんきょく)は、埼玉県川越市にある郵便局である。民営化前の分類では集配普通郵便局であった。

概要[編集]

住所:〒350-1199 埼玉県川越市小室22-1

郵政省当時、関東郵政局管内に所在する郵便局の人事・会計にかかる共通事務の集中処理を行う「川越西郵便局共通事務センター[1]が当局に設置されていた。

郵便番号7桁制へ移行する実証実験が行われたのも川越西郵便局である[2]

筑波万博で実施された「ポストカプセル郵便」は、博覧会の終了後筑波学園郵便局にて保管されていたが、2001年平成13年)1月1日の配達に際し、保管されていた郵便物を筑波学園郵便局から当局へ運び込み、当局で発送準備作業を行った後、全国へ向けて発送された。

沿革[編集]

  • 1993年(平成5年)7月5日 - 川越西郵便局として、川越市小室に開局[3]
  • 1998年(平成10年)9月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業川越西支店、かんぽ生命保険川越支店に一部業務を移管。
  • 2008年(平成20年)8月20日 - JPローソン川越西郵便局店がオープン。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 川島集配センターの統括を郵便事業川越西支店から同川越支店に移管。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業川越西支店を川越西郵便局に統合。
  • 2015年(平成27年)10月13日 - かんぽ生命保険川越支店が当局から川越市東田町5-3東田町ビルに移転[4]

取扱内容[編集]

川越西郵便局[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 鯨岡真一「実は郵便番号7桁制発祥の地であった川越」『埼玉史談』 63(1)、pp.29-32、2016-05.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後に横浜桜木郵便局へ移転、「横浜中央郵便局共通事務センター」と改称。
  2. ^ 鯨岡真一「実は郵便番号7桁制発祥の地であった川越」『埼玉史談』 63(1)、pp.29-32、2016-05より(川越西郵便局前石碑文に関する郷土資料論文)。
  3. ^ 平成5年6月28日付官報(第1184号)郵政省告示第三百三十四号
  4. ^ 当社支店の移転について”. 株式会社かんぽ生命保険 (2015年10月1日). 2016年6月13日閲覧。