川越 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


かわごし[編集]

川越(かわごし)は、江戸時代東海道大井川などで人の肩や馬の背によって旅行者や荷駄を渡河させた制度。川会所で川越銭を払い川札を購入した。明治時代に廃止される。

かわごえ[編集]

埼玉県[編集]

川越(かわごえ)は埼玉県の地名。 16世紀末に川越城が開城、川越藩が立藩し、防衛上の重要地点・水運の要衝として繁栄した。「小江戸」とも呼ばれる。

現在では、通常川越市市域、またはその中心市街地、及び中心市街地東側の農村地帯大字川越も指す。川越市は中核市業務核都市で、県西部の中心都市のひとつ。

関連項目

三重県[編集]

島根県[編集]

[編集]

日本人のの1つ。

関連項目[編集]

  • 川越で始まる記事の一覧
  • 河越

脚注[編集]