川須栄彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川須栄彦
Haruhiko-Kawasu20120204.jpg
2012年小倉大賞典表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県前原市
(現・糸島市
生年月日 (1991-11-09) 1991年11月9日(26歳)
身長 158cm
体重 46kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・本田優(2010.3.1 - 2010.12.8)
栗東・フリー(2010.12.9 -)
初免許年 2010年
免許区分 平地・障害[1]
テンプレートを表示

川須 栄彦(かわす はるひこ、1991年11月9日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンター所属の騎手

来歴[編集]

2007年4月にJRA競馬学校騎手課程第26期生として入学。2010年2月に卒業して騎手免許を取得した[2]。同期には菅原隆一平野優高倉稜らがいる。

競馬学校卒業後は栗東本田優厩舎に所属。2010年3月13日、第2回中京競馬3日目第1競走のビーンケードで初騎乗(16頭立て13着)。2010年5月23日、第1回新潟競馬8日目第1競走でメイショウクレモナに騎乗して初勝利[3]

2010年12月9日、本田厩舎を離れ、フリーに転向[4]。本人によれば、この直前に行われた騎手免許更新のための講習会[5]の存在を失念し、講習会に遅刻したことで調教師の本田の逆鱗に触れたことが直接の原因だが、それ以前から「厩舎のことを考えない行動が目立つ」等の理由で本田との関係が悪化していたとのことで、半ば所属厩舎から追放されるような形でフリーにならざるを得なかったという[6]

2011年になると一気にブレークし、勝利を量産。2011年11月5日の第5回新潟競馬7日目第4競走でマルコフジに騎乗してJRA通算100勝を達成した[7]。2011年10月30日現在での関西リーディングで、岩田康誠福永祐一川田将雅に次ぐ4位に入っている(そのため、同年開催の第25回ワールドスーパージョッキーズシリーズで補欠となっている。補欠とはいえ、デビュー2年目の騎手が選出対象となること自体が珍しいことである)。

2011年6月19日の第4回阪神競馬2日目第11競走のマーメイドステークスで重賞初騎乗。騎乗馬のモーニングフェイスは12番人気ながらも5着と人気を大きく上回る健闘を見せたが、以後は年内だけで9戦あった重賞騎乗機会で全て掲示板に載ることが出来ず、一度も初騎乗時以上の着順を取ることはできなかった。

2011年度の小倉競馬開催で通算40勝を挙げたことから、2012年1月18日、九州競馬記者クラブより「小倉ターフ賞」に選出された[8]

2012年2月4日に第1回小倉競馬7日目第11競走の小倉大賞典でエーシンジーラインに騎乗して重賞初制覇。11月18日の福島記念でダイワファルコンを勝利に導き重賞2勝目を挙げた。

2013年5月4日の第1回新潟競馬1日目第9競走でオーシャンドライブに騎乗してJRA通算200勝を達成した[9]

人物[編集]

デビュー当時は、競馬関係者の間で同期の高倉と苗字を混同され「高須君」と呼ばれることが多かった[10]。しかし2012年頃からは呼び間違えられることも少なくなったという[10]

騎乗が荒っぽく、2010年・2011年と2年連続でJRAの制裁点の合計が60点を超えている[要出典]。このため他の騎手から騎乗振りを批判されることも少なくない。特に2012年2月に小倉競馬でレース中に西田雄一郎と交錯し騎乗停止(2日間)になった件については、後に吉田隼人が「年明けにヒジを使ってアウトになったじゃないですか。ああいうのは1ヶ月とかもっと重い処分が必要だと思う」と語るなど[11]、競馬サークル内で不評を買った。

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2010年3月13日 2回中京3日1R 3歳未勝利 ビーンケード 16頭 9 13着
初勝利 2010年5月23日 1回新潟8日1R 3歳未勝利 メイショウクレモナ 15頭 3 1着
重賞初騎乗 2011年6月19日 4回阪神2日11R マーメイドステークス モーニングフェイス 13頭 12 5着
重賞初勝利 2012年2月4日 1回小倉7日11R 小倉大賞典 エーシンジーライン 16頭 5 1着
GI初騎乗 2012年5月13日 2回東京8日11R ヴィクトリアマイル アスカトップレディ 18頭 14 14着
年度 平地競走
1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2010年 18 13 26 345 .052 .090 .165
2011年 91 72 69 892 .102 .183 .260 中央競馬騎手年間ホープ賞小倉ターフ賞
2012年 69 62 63 830 .083 .158 .234
2013年 48 42 47 699 .069 .129 .196
中央 226 189 205 2766 .081 .150 .224
地方 7 3 5 33 .212 .303 .455

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月6日閲覧。
  2. ^ 競馬学校 騎手課程第26期生が卒業".JRA(2010年2月9日).2011年4月13日閲覧。
  3. ^ 川須栄彦騎手がJRA初勝利".netkeiba.com (2010年5月23日).2011年4月13日閲覧。
  4. ^ 川須 本田厩舎所属からフリーに転向".スポニチ(2010年12月9日).2011年4月13日閲覧。
  5. ^ 騎手免許取得後3年未満の騎手は毎年受講する必要がある。
  6. ^ 競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)2011年8月号 p.68
  7. ^ 開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等".JRA(2011年11月5日).2011年11月18日閲覧。
  8. ^ 川須騎手が小倉ターフ賞初受賞 Archived 2012年1月18日, at the Wayback Machine. スポーツ報知 2012年1月18日閲覧
  9. ^ 川須栄彦騎手JRA通算200勝達成!サンスポ2013年5月4日閲覧
  10. ^ a b 川須栄彦騎手の「あいうえおトーク!」第2回 - netkeiba.com・2012年3月14日
  11. ^ 競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)2012年7月号 p.96
  12. ^ 2015年マイラーズカップレース結果 - netkeiba.com、2015年4月27日閲覧

関連項目[編集]