川頭義郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわず よしろう
川頭義郎
生年月日 (1926-04-28) 1926年4月28日
没年月日 (1972-12-30) 1972年12月30日(46歳没)
出生地 東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区
職業 映画監督、脚本家
著名な家族 川津祐介(弟)

川頭 義郎(かわず よしろう、1926年(大正15年)4月28日 - 1972年(昭和47年)12月30日[1])は、日本の映画監督脚本家。弟は俳優の川津祐介[2]

東京市牛込区(現・東京都新宿区)出身。暁星中学校日本映画学校を卒業し、1945年(昭和20年)に松竹撮影所に入る。カメラマン助手を経て、木下惠介の助監督となる。1955年(昭和30年)の「お勝手の花嫁」で監督デビューを果たした。[3]晩年は、テレビドラマの演出にも携わった。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

  • お勝手の花嫁(1955)
  • 子供の眼(1955) ※ゴールデングローブ賞 外国語映画賞
  • 愛と智恵の輪(1956)
  • 涙(1956)
  • 体の中を風が吹く(1957)
  • 恋して愛して喧嘩して(1957) ※川頭義郎と松山善三の共同シナリオ。
  • 青空よいつまでも(1958)
  • 有楽町0番地(1958)
  • 東京1958(1958)[4]
  • 風の中の瞳(1959)
  • 手さぐりの青春(1959)
  • 伊豆の踊子(1960)
  • かあちゃんしぐのいやだ(1961)
  • 母と娘(1961)
  • ママおうちが燃えてるの(1961)
  • 小さな花の物語(1961)
  • 霧子の運命(1962)
  • かあさん長生きしてね(1962)
  • 風の視線(1963)
  • ローマに咲いた恋(1963)
  • 青い目の嫁はん(1964)
  • 海抜0米(1964)
  • あねといもうと(1965)
  • おしゃべりな真珠(1965)
  • いつか来るさよなら(1969)

テレビドラマ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川頭義郎 | CD人物レファレンス事典 日本編 > 昭和期 - JLogos
  2. ^ 「闘うワイン商」川頭 義之氏を講師に迎えてピエモンテワインセミナー - e-shop WINE MARKET PARTY
  3. ^ 『日本の映画人』 『映像メディア作家人名事典』 (日外アソシエーツ
  4. ^ 勅使河原宏松山善三羽仁進、草壁久四郎、丸尾定、武者小路侃三郎、向坂隆一郎、荻昌弘と結成した「シネマ57」による集団製作。