工藤かずや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

工藤 かずや(くどう かずや、1941年[1] - )は、日本漫画原作者北海道小樽市出身[1]

劇画村塾第1期生。『週刊漫画アクション』(双葉社)にて「恵子のチャンピオン」でデビュー。「マグナム」で第1回青年漫画大賞原作賞受賞。

ゴルゴ13』の脚本を手掛け、「アルヘンチーノ・ティグレ」・「死闘ダイヤ・カット・ダイヤ」など16話を執筆している[要出典]

その他の代表作に『極道ステーキ』・『望郷戦士』・『信長』・『パイナップルARMY』等がある。

作品一覧[編集]

漫画[編集]

  • サイボーイ(作画:内山まもる
  • サイラス(作画:秋月めぐる)
  • THE EDGE 新撰組(作画:SHINYA)
  • 刺客 怨み葵(作画:さいとう・たかを)
  • 新選組(作画:金井たつお
  • (作画:池上遼一)
  • MAKIKO(作画:寺岡道雄)
  • マグニチュード(作画:千葉潔和
  • MOTHER(作画:秋原龍彦)
  • 摩天楼(作画:廿里祥一郎)
  • 真夜中の刑事(作画:土山しげる)

小説[編集]

  • 異形者(いぎょうのもの)(挿絵:池上遼一)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『異形者』裏表紙のプロフィールより