工藤幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

工藤 幸雄(くどう ゆきお、1925年3月20日 - 2008年7月5日)は、詩人、ロシア・ポーランド文学者、元多摩美術大学教授。仲谷鴻介(なかや こうすけ)という筆名もある。

人物・生涯[編集]

大連にて、南満州鉄道社員の家庭に生まれる。旧制中学校卒業後、第一高等学校受験に3度失敗し、1944年善隣外事専門学校露西亜科に入学。その後城北補習学校を経て、1946年9月、第一高等学校文科甲類三組に入学し、52年頃東京大学仏文科卒。54年共同通信社外信部に入り13年勤め、その間ロシア、ポーランドの文学を翻訳する。67年ワルシャワ大学に日本語講師として赴任、7年間滞在し、75年帰国。76年多摩美術大学教授となるが、その前にはブレイクリー・セント・ジェイムズ『女友だち』(フランス書院、1978年)などのポルノ小説を篠 ひろ子という変名で訳して糊口を凌いだという(『ぼくの翻訳人生』p.3)。1981-1991年『ポーランド月報』刊行。1995年多摩美大を定年退職。

1999年、『ブルーノ・シュルツ全集』の翻訳で読売文学賞受賞。ゴンブロヴィッチアイザック・シンガーなどを中心にポーランド文学を数多く翻訳した。ほかにパステルナークミウォシュシンボルスカなどノーベル賞作家の翻訳が多い。肺がんにより死去。83歳。

家族[編集]

  • 妻は『ワルシャワ猫物語』で第10回日本ノンフィクション賞を受賞したエッセイストの工藤久代[1]

その他[編集]

  • 1951年、東大仏文在学中、フランス語購読の時間に渡辺一夫教授が夕陽を「ゆうよう」と発音すると、すかさず手を挙げて「それなら<せきよう>ないし<ゆうひ>と読みます」と指摘した。さらに、渡辺がフランス語のcône(円錐形)を円筒形と誤訳したので、それを直ちに指摘し、渡辺をたじろがせた(『ぼくとポーランドについて、など』)。渡辺もまたこの時の経験を「脛に傷持つこと」と題する随筆の中で苦々しく語っている。
  • 調布市入間町のマンションで、柳瀬尚紀と隣人同士だった。
  • 「女性性」という語はブルーノ・シュルツの翻訳の中で工藤が初めて使った造語であるという(『ぼくの翻訳人生』p.202)。
  • ロシア文学者の工藤精一郎、ロシア・ポーランド文学者で北海道大学名誉教授工藤正廣と血縁関係はない。

著作物[編集]

著書[編集]

  • ワルシャワの七年 新潮選書 1977
  • ワルシャワ物語 日本放送出版協会(NHKブックス) 1980
  • ポーランドの道 社会主義・虚偽から真実へ 筑紫哲也共著 サイマル出版会 1981
  • ぼくのポーランド文学 「連帯」の革命を生み出す精神について語る 現代企画室 1981
  • 共産国でたのしく暮らす方法 ヤツェク・フェドローヴィッチ共著 新潮選書 1983
  • 乳牛に鞍 ポーランド私見 共同通信社 1985
  • ぼくとポーランドについて、など 共同通信社 1997
  • 不良少年 思潮社 2004
  • ぼくの翻訳人生 中公新書 2004
  • 十一月 ぼくの生きた時代 思潮社 2007

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 死別した先夫、梅田良忠との子にポーランドの民主化に貢献した梅田芳穂がいる。

2.工藤幸雄の先妻(眞耶子)との間には 著書(「11月ぼくの生きた時代」・「不良少年」)にもあるように 実子長男堀切万比呂がいる。