工藤有生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
工藤 有生
くどう なおき
Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Naoki KUDO
愛称 工藤ちゃん
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 駒澤大学
生年月日 (1995-09-05) 1995年9月5日(22歳)
生誕地 日本の旗 広島県東広島市
身長 178cm
体重 55kg
自己ベスト
5000m 13分52秒97(2015年)
10000m 28分23秒85(2015年)
ハーフマラソン 1時間01分25秒 (2016年)
 
獲得メダル
男子 陸上競技
ユニバーシアード
2017 台北 ハーフマラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

工藤 有生(くどう なおき、1995年9月5日 - )は日本の陸上競技選手。専門は長距離走東広島市立高屋中学校広島県立世羅高等学校駒澤大学卒業。コニカミノルタ所属 [1]左利き

経歴[編集]

中学時代[編集]

  • 3年時に全日中3000mに出場したものの、結果は予選落ちだった。

全国中学駅伝の出場を懸けた中国中学校駅伝の2区(3km)で8分45秒の区間新記録をマークしたものの、西条中に20秒差及ばず全国大会出場を逃した。その西条中全国中学校駅伝で準優勝を果たした。

高校時代[編集]

  • 広島県の駅伝の名門・世羅高等学校に通っていた。世羅高校は工藤が高校1年生の時に全国高校駅伝で優勝を果たし、2・3年時もそれぞれ入賞していたが、工藤本人は3年間で1度も同駅伝に出走することはなかった。(2・3年時には補欠選手としてはエントリーされていた) また全国高校総体出場経験もなく、強豪世羅高校の選手でありながらまったく無名の存在であったものの、3年時の中国高校駅伝4区で区間賞を獲得している。

大学1年生[編集]

  • 高校卒業後、大学駅伝の強豪・駒澤大学に進学。「4年間で1回箱根駅伝に出れればよい。」という思いを持っての進学であり、走りも指揮官の大八木弘明に最悪の印象を与えるものであった。 しかし、夏合宿を経て一気に才能が開花。11月の全日本大学駅伝では1年生ながら5区に出走し、区間2位の快走で駒澤大学の4連覇に貢献した。その後、上尾シティハーフマラソンで1時間02分18秒という日本ジュニア歴代3位の好記録をマーク。大八木監督に駒澤大学の箱根駅伝優勝のカギを握るキーマンとして指名された。[2] そして、迎えた第91回箱根駅伝では4区を担当し、3区中谷圭佑から先頭でタスキを受け取ると従来の区間記録を更新する好走で先頭を死守した。(記録:54分31秒) しかし、工藤が区間記録を樹立した後に全体の2位でタスキを中継した青山学院大学の工藤と同じく1年生・田村和希が工藤の記録を3秒上回る54分28秒というタイムを記録したため、工藤の区間記録は樹立のわずか46秒後に塗り替えられることになった。また、駒澤大学は往路4位、総合でも青山学院大学に敗れ準優勝と悔しい結果になった。
  • 2015年日本学生ハーフマラソンでは1時間02分12秒のタイムで自己記録を更新し2位入賞を果たし、2015年夏季ユニバーシアードハーフマラソン日本代表に内定した。

大学2年生[編集]

  • 前年はケガの影響で出場できなかった関東インカレでは2部10000mに出場し、29分14秒66の記録で2位入賞を果たし、トラックでも好成績を収める[3]
  • 日本学生ハーフマラソンの好成績から代表に内定したユニバーシアード光州大会ハーフマラソンでは5位入賞を果たす。小椋裕介(青山学院大学)が金メダル、一色恭志(青山学院大学)が銀メダル、高橋裕太が銅メダルと表彰台を独占した日本勢は団体で金メダルを獲得したが、日本勢4番手だった工藤は団体優勝に貢献できなかった。[4][5]
  • 第27回出雲駅伝では主要区間の1つである3区を担当。先頭でタスキを受け取ったが、24秒後に出発した青山学院大学の久保田和真に中継所の手前で捉えられ、順位を落としてしまった。青山学院大学に並ばれた駒澤大学は最終6区まで青山学院大学と優勝争いを演じたが、最後は大きく離され優勝を逃した。[6]
  • 前人未到の5連覇を目指して挑んだ第47回全日本大学駅伝ではエース区間2区を担当し、区間2位の好走で順位を4位から2位に押し上げた。しかし、駒澤大学は出雲駅伝に続き総合3位となり、5連覇を逃してしまった[7]

大学3年生[編集]

大学4年生[編集]

[8]

自己記録・成績[編集]

自己ベスト記録[編集]

大学駅伝成績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2014年度)
第26回
― - ―
大会中止
第46回
5区-区間2位
34分09秒
第91回
4区-区間2位
54分31秒(区間新)
2年生
(2015年度)
第27回
3区-区間4位
24分40秒
第47回
2区-区間2位
37分52秒
第92回
2区-区間4位
1時間8分04秒
3年生
(2016年度)
第28回
3区-区間4位
25分16秒
第48回
1区-区間3位
43分47秒
第93回
2区-区間6位
1時間8分09秒
4年生
(2017年度)
第29回
3区-区間7位
25分35秒
第49回
2区-区間4位
38分41秒
第94回
7区-区間14位
1時間07分07秒

出典・脚注[編集]