工藤章 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

工藤 章(くどう あきら、1946年10月 - )は、日本の経済学者歴史学者東京大学名誉教授。専門はドイツ経済史、国際企業関係史。

略歴[編集]

東京都出身。1969年6月東京大学経済学部卒業。1975年3月東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。

東京大学社会科学研究所助手信州大学経済学部助教授、東京大学教養学部助教授、東京大学社会科学研究所助教授を経て、1992年4月東京大学社会科学研究所教授。 2010年3月同大学定年退職、名誉教授となる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日独企業関係史』(有斐閣、1992年)
  • イー・ゲー・ファルベンの対日戦略 戦間期日独企業関係史』(東京大学出版会、1992年)
  • 『現代ドイツ化学企業史 IGファルベンの成立・展開・解体』(ミネルヴァ書房、1999年)
  • 『20世紀ドイツ資本主義 国際定位と大企業体制』(東京大学出版会、1999年)
  • 『日独経済関係史序説』(桜井書店、2011年)

編集[編集]

  • 『20世紀資本主義2 覇権の変容と福祉国家』(東京大学出版会、1995年)

共編[編集]

  • 戸原四郎・戸原つね子)玉田美治『フランス資本主義 戦間期の研究』(桜井書店、2006年)
  • (藤澤利治)戸原四郎『ドイツ資本主義  戦間期の研究』(桜井書店、2006年)

共編著[編集]

  • 原輝史)『現代ヨーロッパ経済史』(有斐閣、1996年)
  • (戸原四郎・加藤榮一)『ドイツ経済 統一後の10年』(有斐閣、2003年)
  • 橘川武郎グレン・D・フック)『現代日本企業』全3巻(有斐閣、2005年-2006年)
  • 田嶋信雄)『日独関係史 一八九〇-一九四五』全3巻(東京大学出版会、2008年)
  • (井原基)『企業分析と現代資本主義』(ミネルヴァ書房、2008年)
  • 馬場宏二)『現代世界経済の構図』(ミネルヴァ書房、2009年)

訳書[編集]

  • アンドレ・G.フランク『世界経済危機の構造』(TBSブリタニカ、1982年)