半保護されたページ

工藤美桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

くどう みお
工藤 美桜
別名義 藤谷 まな(旧芸名)
生年月日 (1999-10-08) 1999年10月8日(21歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
身長 165 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -
事務所 プラチナムプロダクション
公式サイト 工藤美桜プロフィール
主な作品
テレビドラマ
魔進戦隊キラメイジャー
テンプレートを表示

工藤 美桜(くどう みお、1999年10月8日 - )は、日本女優[2]モデル[2]グラビアアイドル

東京都出身[1]プラチナムプロダクション所属。

略歴

小学校4年の頃からモデルの仕事を開始[3]。最初は人前で表現などをするのが苦手で「演技を通じて自分なりに表現をすることが出来たら」と思ったことで、中学生時代は演劇部に入っていた[4]

2012年8月1日までは藤谷 まな名義でチャームキッズに所属していた。同年9月16日工藤 美桜名義で活動することを発表した[5]。現在はプラチナムプロダクションに在籍。

2015年10月4日から放送の仮面ライダーシリーズ仮面ライダーゴースト』に深海カノン役でテレビドラマ初出演。

2020年3月8日から放送のスーパー戦隊シリーズ魔進戦隊キラメイジャー』に大治小夜 / キラメイピンク役で東映特撮作品に再びレギュラー出演し、今回は変身する役となった。同年4月2日発売の『週刊ヤングジャンプ』No.18で初めて水着グラビアを担当[6]。同年12月14日、集英社のデジタルコンテンツ表彰、「グラジャパ!アワード2020」で最優秀新人賞[7]

2021年4月28日発売の『with』6月号(講談社)よりレギュラーモデルになったことを自身のTwitterで報告した[8][9]

人物

好きなスポーツはバドミントンダンス。特技は日本舞踊フラフープ[10]

同じJSガールのモデルでPISCAにも在籍している盛永聖香と仲良しで、撮影会などのイベントでも「もりくどコンビ」として一緒になる程である[11]

『ゴースト』、『キラメイジャー』の両作品に参加した監督の山口恭平は、後者の時点で大人っぽい演技ができるほど成長していたことに驚いたといい、引き出しの多い役者として重宝していることを語っている[12]

作品

映像作品

  • ジュニアアイドルリング 藤谷まな編(2011年5月22日、アイマックス)[13]

デジタル写真集

  • キラメイキス(2020年6月22日、小学館
  • そらしちゃダメっ!!(2020年9月17日、集英社、YJ PHOTO BOOK)
  • PINK&GAP(2020年10月2日、集英社、週プレ PHOTO BOOK)[14]
  • はじめて魅せる大人SEXY(2021年3月10日、講談社、FRIDAYデジタル写真集)
  • このままじゃいられない!(2021年4月8日、集英社、YJ PHOTO BOOK)[15]
  • 高嶺の花(2021年5月11日、光文社FLASHデジタル写真集)[16]

出演

テレビドラマ

テレビ番組

ウェブドラマ

映画

オリジナルビデオ

CM

ミュージックビデオ

  • SILENT SIREN
    • 「セピア」(2017年)
    • 「HERO」(2019年)
  • Super Break Dawn
    • 「Silent Snow」(2018年)
    • 「桜の樹の下で」(2021年)
  • Aimer「花びらたちのマーチ」(2019年)
  • THIS VERY DAY「ヒカリへ」(2019年)

ラジオ

舞台

  • スティングガールズ(2020年1月10日 - 19日) - 主演・桜木舞子 役
  • 劇団0話「あなたのばん」 - 主演

雑誌

その他

  • 仮面ライダーゴースト 眼魔アイコン 深海カノン(2017年1月、玩具) - 深海カノン 役

脚注

  1. ^ a b 工藤美桜”. PLATINUM PRODUCTION INC.. 2020年3月8日閲覧。
  2. ^ a b 女優・モデル/工藤美桜さんインタビュー 「感謝の気持ちを忘れないこと。夢を諦めずに、行動を起こすことが大事」”. タウンワークマガジン. リクルート (2021年2月19日). 2021年4月19日閲覧。
  3. ^ 質問に答えます! No.7〜JSガール編”. 工藤美桜オフィシャルブログ (2012年8月29日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月2日閲覧。
  4. ^ HYPER HOBBY徳間書店)Vol.15(2020年4月刊)p.12
  5. ^ *JSGF終了&お知らせ*”. 工藤美桜オフィシャルブログ (2012年9月16日). 2015年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月17日閲覧。
  6. ^ 「キラメイジャー」工藤美桜、初水着!美しいスタイル披露” (日本語). シネマトゥデイ (2020年4月2日). 2020年4月4日閲覧。
  7. ^ 「グラジャパ!アワード2020 各部門賞」発表!”. 週プレグラジャパ! (2020年12月14日). 2020年12月15日閲覧。
  8. ^ 工藤 美桜 [@p_miokudo] (28 April 2021). "本日発売の #with6月号 に掲載していただいています!報告が遅くなってしまったのですが、withのレギュラーモデルになりました" (ツイート). Twitterより2021年4月29日閲覧
  9. ^ a b ORICON NEWS (2021年4月29日). “工藤美桜『with』レギュラーモデルに 山本涼介に祝福され「おにーーちゃん!」 ファン「美しい兄妹愛」”. oricon.co.jp. oricon ME. 2021年4月29日閲覧。
  10. ^ 藤谷まな公式プロフィール”. チャーム. 2016年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月9日閲覧。 - 2012年8月1日まで所属していた事務所のプロフィール
  11. ^ 工藤さーーーん!!”. JSガール 盛永聖香ブログ (2013年6月30日). 2013年7月2日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ 「[インタビュー]山口恭平」『宇宙船』vol.169(SUMMER 2020.夏)、ホビージャパン、2020年8月3日、 52-53頁、 ISBN 978-4-7986-2243-9。
  13. ^ ジュニアアイドルリング 藤谷まな編”. 2012年8月9日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ “『キラメイジャー』ヒロイン・工藤美桜、超絶スレンダーボディで魅了 デジタル写真集発売”. ORICON NEWS. (2020年10月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2173487/full/ 2021年5月16日閲覧。 
  15. ^ “工藤美桜、絶対的ヒロインのグラビアがカッコいい!『キラメイジャー』を経て増したオーラに注目”. Real Sound|リアルサウンド ブック. (2021年4月12日). https://realsound.jp/book/2021/04/post-740035.html 2021年5月16日閲覧。 
  16. ^ “キラメイジャー・工藤美桜が『FLASH』表紙に、至高のスレンダー美ボディを披露【写真13点】”. マイナビニュース. (2021年5月11日). https://news.mynavi.jp/article/20210511-1886514/ 2021年5月16日閲覧。 
  17. ^ “「キラメイジャー」主演は小宮璃央!ブルーに水石亜飛夢、ピンクに工藤美桜”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月16日). https://natalie.mu/eiga/news/363329 2020年1月16日閲覧。 
  18. ^ “工藤美桜:話題の戦隊美女が「世にも奇妙な物語」初出演 将棋対局の実況役「くすっと笑って」”. MANTAN WEB. (2021年6月15日). https://mantan-web.jp/article/20210615dog00m200017000c.html 2021年6月18日閲覧。 
  19. ^ セイバー 第34章:「目を覚ます、不死の剣士。」|仮面ライダーWEB【公式】”. 東映. 2021年5月2日閲覧。
  20. ^ 魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO : 作品情報”. 映画.com. 2020年8月30日閲覧。
  21. ^ 魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE ビー・バップ・ドリーム: 作品情報”. 映画.com. 2021年1月24日閲覧。
  22. ^ 魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー: 作品情報”. 映画.com. 2021年2月28日閲覧。
  23. ^ p_miokudo (2019年4月20日). “ご報告です…”. Twitter. 2019年4月28日閲覧。

関連項目