工藤良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
工藤 良一
生誕 1896年10月2日
日本の旗 日本 北海道
死没 (1959-01-26) 1959年1月26日(62歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1918 - 1945
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

工藤 良一( くどう りょういち、1896年10月2日 - 1959年1月26日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

北海道出身。札幌中学を経て、1918年大正7年)、陸軍士官学校(30期)を卒業。同期に今井武夫小畑信良桜井徳太郎らがいる。同年、騎兵少尉に任官。1928年昭和3年)12月、陸軍大学校(40期)を優等で卒業。今井武夫、片倉衷長勇額田坦らが同期にあたる。

1938年(昭和13年)11月、第12軍高級参謀となり支那事変に出征。翌年3月、騎兵大佐に進級。1940年(昭和15年)3月、兵務局馬政課長に就任。1941年(昭和16年)4月、機甲本部第二課長となる。同年11月、関東軍第1戦車団隷下の戦車第3連隊長となり、満州の綏南に駐屯。1943年(昭和18年)1月、少将に進級。同年11月、第1戦車団から改編された戦車第1師団機甲軍)隷下の戦車第2旅団長に昇進。

1944年(昭和19年)2月、関東軍第六軍参謀長となり、満州海拉爾十川次郎司令官の補佐に当たる。翌年1月、支那派遣軍に編入されて華中に移り、杭州で終戦を迎えた

参考文献[編集]

  • 福川秀樹編『日本陸軍将官辞典』、芙蓉書房、2001年。