工藤行光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
工藤 行光
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代
生誕 不明
死没 不明
官位 中務丞
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 奥州工藤氏厨川工藤氏
父母 父:工藤庄司景光
兄弟 行光、資光(助光)、朝光、重光
長光、吉隆

工藤 行光(くどう ゆきみつ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将御家人厨川工藤氏の祖。

治承4年(1180年)、源頼朝に呼応して一家を挙げて挙兵し、頼朝に仕える。

文治5年(1189年)の奥州合戦では親子で従軍し軍功をたて、同年9月12日に岩手郡厨川に頼朝が進軍した際に岩手郡に領地を与えられ[1]、中務丞に改めた。

参考文献[ソースを編集]

  • 『岩手県史 第2巻 中世篇 上』 岩手県、1961年3月25日
  • 『岩手県史 第3巻 中世篇 下』 岩手県、1961年10月20日
  • 岩手放送 『新版 岩手百科事典』 岩手放送株式会社1988年10月15日

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吾妻鏡』文治5年9月12日条。
  2. ^ 今野慶信「藤原南家武智麿四男乙麻呂流鎌倉御家人の系図」(峰岸純夫・入間田宣夫・白根靖大 編『中世武家系図の史料論』上巻 高志書院、2007年 ISBN 978-4-86215-029-5)。