工藤詠世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

工藤 詠世(くどう えいせい、 1994年10月6日 - ) は、宮城県出身の日本ドラマーギタリスト、ベーシスト、作曲家サウンドデザイナーである。

現在は、ゲームサウンドを中心に制作を行う株式会社ノイジークロークの第1制作部に所属している。サムスンシンバル エンドーサー。

ドラマーの工藤世丞は弟。

経歴[編集]

宮城県仙台市出身。1歳の頃、父親のバンドが練習していた折に、暇つぶしとしてスティックを与えられたのが、ドラムを始めたきっかけとされている[1]。2001年5月19日に日本テレビの「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」に当時6歳で出演[2]。当時のコーナー「日本列島幼稚園の旅」に「天才園児ドラマー」として特集された[2]。その際も父親のバンドで、ドラムを叩いている様子が放送された[2]

小学校6年生の2006年に、8歳年下の弟・世丞とのツインドラムユニット「EISEI+SEISYO」を結成[2][1]。最初のライブは、亘理町の「わたりトコトン商人まつり」であった。同年、宮城県の定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台に初出演[1]。以降、毎年出演するようになった[要出典]

2008年、中学2年生でゲーム会社SEGA光吉猛修がボーカル&ベースを担当するSEGA Sound Unit H.に参加し、後に公式ドラマーとなる。当時、仙台市立山田中学校に在学していた[1]

2011年10月21日NHKの「ぶらバン2011〜定禅寺ストリートジャズフェスティバル〜」に出演し、住吉美紀小曽根真と共演。この番組で、小曽根真のバンド[3]でジャズドラムを披露した[4]

同年、SEGA Sound Unit H.の10周年を記念したファーストアルバム「SEGA Sound Unit [H.] 1st Album」のレコーディングに参加し、CDも発売。2012年、EISEI+SEISYOの「BonJovi Medley」にて初のギターを披露した。この年の時点でH.の「公式ドラマー」とアナウンスされている[5]

2013年、「せがた三四郎劇場feat.藤岡弘、&セガサウンドユニット[H.] 〜真面目に遊ばぬ奴らに喝!〜」にて、藤岡弘、能登有沙と共演。「セガサターン、シロ!」などの「セガサターンヒット曲メドレー」や、「猫日和。」などをH.のドラムで演奏した。同年ZeepTokyoの「Japan Game Music Festival 2013」にH.のドラマーとして出演。この時のH.の曲「未来へと続く空」にてプロギタリストである瀬上純とも共演した。 2014年、8月の瀬上純の渋谷GUILTYでのバースデーライブ「 J-ROXX NiGHT Vol.3」にて「EISEI+SEISYO」として出演。

大学3年生時にサムスンシンバルのエンドーサーとなる[6]

同年4月3日に株式会社ノイジークロークに入社。2017年現在は、第1制作部サウンドデザイナーに所属し、ゲームの効果音などを制作している[7]。同社で結成される新たなバンドユニットに加入する予定で、このユニットが2018年1月の「JAPAN Game Music Festival II:Re」に出演することが2017年9月に発表された[8]。新たなバンドユニットの名前は「騒然のカワズ」である。[9]

所属バンド[編集]

  • EISEI+SEISYO (左側のドラム、ギター)
  • SEGA Sound Unit [H.] (ドラム)
  • スーパーシューズ (ベース)
  • 騒然のカワズ

代表作・担当作品[編集]

※出典はノイジークロークウェブサイト[7]による。

  • VR転スラ~ヴェルドラとの出会い~ (効果音・サウンド実装)
  • ARTILIFE (効果音)
  • LITTLE ERIEND -DOGS & CATS- (効果音)
  • 明日とメモリア-Ast Memoria- (効果音)
  • テクテクテクテク(効果音/ジングル)
  • 冒険川下りVR ラピッドリバー (ボイス調整)
  • ブラッククローバー カルテットナイツ (効果音)
  • NARUTO TO BORUTO シノビストライカー (ボイス編集)
  • デジモンリアライズ (効果音)
  • WonderBlocks (効果音)
  • メガスマッシュ (効果音 ※一部)
  • 二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダム (効果音 ※一部)
  • 雀シティ (効果音)
  • LibraryCross∞ (効果音)
  • きららファンタジア (効果音)
  • Bloodstained: Ritual of the Night (ボイス編集)
  • めしクエ (ボイス収録・編集)
  • ミトラスフィア -MITRASPHERE-(ボイス編集)
  • VALHALLA FRONT ~Punishment Dayz~ (効果音)
  • 釣りVR GIJIESTA (ボイス編集)
  • 消滅都市2 (ボイス編集)
  • ぼくとドラゴン (効果音)
  • 刻のイシュタリア (効果音)

CD・配信[編集]

  • 「SEGA Sound Unit [H.] 1st Album」(2011)
  • Burning Hearts 〜炎のANGEL〜 (maimai)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d RADIO CAR グッドモーニング仙台(2008年9月) - 東北放送(「9月12日(金)放送」の箇所を参照。定禅寺ジャズフェスは2008年が「2回目の出演」とある)
  2. ^ a b c d “「笑ってコラえて」に16年前に出演 スーパー園児の現在”. ライブドアニュース. (2017年2月23日). http://news.livedoor.com/article/detail/12709873/ 2017年10月1日閲覧。 
  3. ^ 番組内で住吉美紀がジャズフェスの会場を回り、その場でアーティストに声をかけ、急遽作られた即席バンド。
  4. ^ ろーかる直送便 ぶらバン2011 定禅寺ストリートジャズフェスティバル 2011年10月21日放送 - TVでた蔵
  5. ^ セガサウンドユニット[H.]レコ発ライブを新大久保のCLUB VOICEで開催 - Gamer(2012年1月24日)
  6. ^ Samsun Cymbals Endorser - サムスンシンバル
  7. ^ a b 工藤 詠世 - ノイジークローク(スタッフ紹介)
  8. ^ “伊藤賢治スペシャルバンドなど出演! ゲームミュージックの祭典「JAPAN Game Music Festival II:Re」 第1弾出演アーティストが明らかに”. Game Watch. (2017年9月17日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1081291.html 2017年10月1日閲覧。 
  9. ^ JAPAN GAME MUSIC FESTIVALⅡ ARTIST