左玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

左玉(ひだりぎょく)は将棋の戦法のひとつ。相振り飛車において用いられる。飛車を左に置く振り飛車でありながら、玉将もまた左に置くもの。英語名称はLeft King。

△持ち駒 歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 歩
左玉の例
△持ち駒 歩二
Shogi zhor 22.png
91 81 71 61 51 41 31 21 11
92 82 72 62 52 42 32 22 12
93 83 73 63 53 43 33 23 13
94 84 74 64 54 44 34 24 14
95 85 75 65 55 45 35 25 15
96 86 76 66 56 46 36 26 16
97 87 77 67 57 47 37 27 17
98 88 78 68 58 48 38 28 18
99 89 79 69 59 49 39 29 19
Shogi zver 22.png
▲持ち駒 なし
その他の左玉の例

概要[編集]

相振り飛車において、玉を右に囲うと相手の攻撃を正面から受けることとなる。しかし玉を左に囲うと相手の攻撃から遠のき、攻撃の効果を小さくすることができる。「玉飛接近すべからず」という格言に反してはいるものの、左玉はバランスが良く、相手からの打ち込みの隙を作ることなく攻めることができる。また玉の懐が広く、自玉の逃げ道が広いという利点もある。右辺が薄いことが欠点であるが、玉が遠いことを生かして飛車角銀桂や右辺での攻防で得た持ち駒で玉頭へのカウンター攻撃を狙える。

参考文献[編集]

関連項目[編集]