巨大編成の作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

巨大編成の作品とは、主に管弦楽で、通常の一管、二管、三管、または四管編成を大きく越えた楽曲を指す。

巨大化の歴史[編集]

俗にこれらは「マンモスオーケストラ」とも言われ、20世紀初頭にオーケストラの楽器が肥大化する過程で問題になった現象でもある。多くは経済的な理由で当然のごとく初演さえもされないものもあり、後日改めて初演されることの多い典型的な芸術音楽の特徴ともなっている。

主に小編成の室内楽か、または数十人の演奏家によるオペラが中心となっているバロック音楽に慣れ親しんだ者から見れば、古典派の作曲家ハイドンモーツァルトらがオペラ並の規模の二管編成管弦楽のために作曲した交響曲は、かなり大編成に見えたに違いない。当時のマンハイムの宮廷管弦楽団は世界初の完全な二管編成を誇り、かつ世界トップの実力を貯え、モーツァルトを絶賛させた。

ベートーヴェン交響曲第9番や、ベルリオーズ幻想交響曲は、ここからさらに拡大し、この時代における最大の編成を示した。ベルリオーズはオクトバスのように未来の演奏家を想定した楽器も考案した。

一般には四管編成以上になれば十分大編成だと見なされるが、それ以上の編成の楽曲は実は多数存在する。ソラブジのように演奏に多額の費用がかかり、傑作といえどもコンサートにかからないものが大半である。

需要[編集]

現在では、五管編成以上になれば間違いなく巨大編成として扱われうる。現代曲ではたいてい編成が変則的だが、このような場合は、パートの総数を楽器の大まかな種類で割った平均値によって分類することにする。五管編成でスタンダードになった管弦楽曲はストラヴィンスキー春の祭典しかない。その他は演奏会ではほとんど定着していないといって過言ではなく、オーケストラの存続すら危うい現代では五管編成以上で定着する傑作が今後書かれるのかどうかは不明である。水野修孝交響的変容はおそらく日本人による初のマンモスオーケストラのための作品と思われるものの、全曲演奏は1回しか行っていない。

五管編成[編集]

五管編成の曲は数が多い。多くは曲名だけを記す。

六管編成[編集]

  • リヒャルト・シュトラウス
    • 「タイユフェ」作品52
      2 Picc.・4・4・2 Engl.Hr.・6・Bassklar.・4・Kfg. - 8・6・4・2 - 4 P.S. (Trgl.・Beck.・2.kl. Mil.-Tr.・2 gr. Rührtr.・gr.Tr.・Glspl.) - Str. (24・24・16・14・12) ルートヴィッヒ・ウーラントの詩による
  • ブライアン
    • 交響曲第4番「勝利の歌」
      Soprano solo, double SATB chorus,6 flutes (2 also picc, 1 also alto fl), 2 oboes, 2 oboi d’amore, 2 cors anglais, bass oboe, Eb clarinet, 4 Bb clarinets, 2 basset horns, 2 bass clarinet, pedal clarinet, 4 bassoons, 2 contra bassoons, 8 horns, 4 trumpets, 5 trombones, 2 tubas, 2 sets timpani, gong, cymbals, bass drum, 3 side drums, tambourine, triangle, bell, 2 harps, glockenspiel, xylophone, organ, celeste, strings to match(国際ブライアン協会からの情報による)
  • ソラブジ
    • 古い交響的ミサ(Messa Alta Sinfonica)KSS84 (1961)
      6 6 6 6/8 6 4 2/bls 2hrp org/SSAATTBB (soli) SSATB
    • ピアノ協奏曲第8番 KSS45 (1928)
      piano/6 6 6 6/8 6 4 4/4timp. prc. 2hrp/strs
    • オプス・クラヴィシンフォニクム(Opus clavisymphonicum)KSS80 (1959)
      piano/6 6 6 6/8 6 4 2/timp. prc. 2hrp/strs
    • ピアノと管弦楽のための交響的変奏曲(Symphonic variations for piano and orchestra)KSS78
      piano/6 6 6 6/8 5 4 2/4timp. prc. 2hrp/strs
  • メシアン
  • ベルリオーズ
    • カンタータ「帝国」(L'Impérial) 作品26
      6668-8、6、コルネット6、8、5-3Timp(3対)、5Tbr。2組の混声合唱、弦は36・34・28・25・25、合唱は一組に付き最低10,10,10,10、から40,40,40,40まで。
      作曲者が要求した人数。カーマス社の全集版による。総譜は各楽器2声部ユニゾンで書かれ、2管編成でも演奏可能な総譜がブライトコプフ社から出版されている。しかしここではあくまで作曲家の意志を尊重して記す。

七管編成[編集]

  • シェーンベルク
  • ソラブジ
    • 交響曲第3番「ジャーミー」(1951)
      2+4+alt flt, 4+1+bss obo, 2Eflat clt+4+1+cbs clt, 4+1+cbs sar/8 6 4 2/4timp. prc. 4hrp pno org/bar SSAATTB and 92 strings [24,24,16,16,12](イギリスの音楽学者アルヤン・オミドの情報による)
  • ヴァレーズ
  • メシアン
  • ザッパ
    • Sinister Footwear(1984)
      5(3.pic 4,5.afl).2bfl. 4(3,4.ca). 4(Ebcl).3bcl(3.cbcl). 2ssax.2asax.2tsax.barsax. 5(5.cbsn)-8.4(1.tpt in d).4.btbn.1- timp.6perc(2xyl, vib, 2mar, 3tri, large tri, bells, 2sets of sleigh bells, 3bell tree, 3cow bell, tamb, low gong, chinese opera gong, 2tam-t, s.d, 2pic s.d, 2r. tom, field drum, 3cong, 4bng, huge b.d, bamboo chimes, chimes, wind chimes, 2marac, 2 small marac, casts, 2casts(on stand), 7wdbl, 11tempbl, sandbl, 3clav, mark tree, 4cyms, chinese cyms, windmachine, cricket, slap stick, mark tree, guiro, large rattle, whistle, car hn, 2thunder sheet)-hp.pno-elec vn.fender rhodes.egtr.ebgtr.drum set-str

八管編成[編集]

  • ブライアン
  • ジークフリート・マトゥス
    • ゲヴァントハウス交響曲(1993) - 当時世界でも最大級の楽員数を誇ったライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の全楽員の同時出演を考慮したもの。1989年頃のドイツ統一前は200名を遥かに超えていたが、現在の楽員数は後の財政難のため少し減らされて185名となっている。
      woodwinds: 8.8.8.8, brass: 12,8,8,2, 2timpani,6percussion,2hp, git, cemb, org, and strings to match: 32,28,24,20,16, N.B.弦は四管編成の倍を充てた。Soprano, 女声合唱、少年合唱、(ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社とアルヤン・オミドの情報による)

九管編成[編集]

  • ベルリオーズ
    • 葬送と勝利の大交響曲 作品15 - 吹奏楽に使用任意の弦を付け足しただけの編成であるが、管楽器のパートの多くはユニゾンで書かれ、編成を縮小しても演奏は充分可能である。

そのほか[編集]

余りにも変則的なので一概に何管編成と言えないものや、未完成作品など。

  • オルフ
  • ヘンデル
    • 王宮の花火の音楽 - 初演に使われたとする楽器の数はオーボエ24(3パート)、ファゴット12(2パート)、トランペット9(3パート)ホルン9(3パート)テインパニ3(各2台の1パート)、通奏低音、それに匹敵する弦だが、現在実演で聴くことの出来るエルヴェ・ニケ指揮、ル・コンセール・スピリチュエルでは10-8-6-6-4程度を充てている。

シェーンベルクの「ヤコブの梯子」の元の構想は木管が各20人と金管が各10人の「二十管編成」相当であったが、経済的に実現不可能なため四管編成に改められ、更に未完成のまま残された。

スケッチのままで未完成に終ったアイヴズの「宇宙交響曲」はもし完成していたならば合唱付きで4500人の演奏者が必要とされる。現在は打楽器の部分だけが時折演奏されるのみである。これを19年かけて完成させたラリー・オースチンによる補筆版があるが、これは4500人を必要とする版ではなく現実的な演奏家に削っている。

ソラブジのピアノと大管弦楽、オルガン、コーラスのための交響曲第II番KSS51[1]は、おそらくピアノ譜のスケッチのみに終わった楽曲である。第I番が5管編成、ジャーミーが7管編成なので、おそらく6管編成で完成したと思われる。ソラブジは第一ヴァイオリンに最低20人以上を要求しているが、この人数で同時にあの複雑なスコアをシンクロさせることができるのかどうかについては、本人の回答はなかった。のちにソラブジは20世紀の展開に合わせた小編成の協奏曲も作曲した。

水野修孝の交響的変容はチューブラーベルを10本要求した初めてのオーケストラ作品である。その10本が同時に鳴り響く瞬間はCDにしっかりと収録された。

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイトでは第2番の表示が省かれている。

参考文献[編集]

  • エクトル・ベルリオーズ - 管弦楽法 (もっとも初期にマンモスオーケストラについて述べた文献の一つ)
  • ウォルター・ピストン - 管弦楽法
  • 伊福部昭 - 完本管絃楽法
  • サミュエル・アドラー - 管弦楽法第四版
  • Ertuğrul Sevsay - The Cambridge Guide to Orchestration
  • RJ Miller - Contemporary Orchestration: A Practical Guide to Instruments, Ensembles, and Musicians