巨蛋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
巨蛋駅
KMRT Kaohsiung Arena Station, exit 2, 20080608.jpg
巨蛋駅出口2
巨蛋
ジュダン
Kaohsiung Arena
(三民家商 - Sanmin Household & Commercial High School)
所在地 台湾高雄市左営区博愛二路485号B1、B2
駅番号 R14
所属事業者 高雄捷運股份有限公司
(高雄捷運)
所属路線 紅線
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
13,574人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
27,573人/日
-2016年-
開業年月日 2008年3月9日
テンプレートを表示
巨蛋駅
各種表記
繁体字 巨蛋站
簡体字 巨蛋站
拼音 jù dàn Zhàn
注音符号 ㄐㄩˋ ㄉㄢˋ ㄓㄢˋ
発音: ジュダン ヂャン
台湾語白話字 kī-tàn Chām/kū-tàn Chām
日本語漢音読み きょたんえき
英文 Kaohsiung Arena Station
テンプレートを表示
巨蛋駅ホーム

巨蛋駅(きょたんえき)は台湾高雄市左営区鼓山区に跨り位置する高雄捷運紅線。博愛二路の地下で裕誠路との交差点に位置し、駅番号R14。計画時の名称は三民家商駅だったが、開業前に付近の高雄アリーナ(高雄巨蛋)にちなみ巨蛋駅と名付けられ、三民家商は副駅名となった。また、「巨蛋」は元々台湾語にはない新語(台湾語では「蛋」を用いず、古語である「卵」を用いる)であるため、車内放送において台湾語や客家語では「巨卵」と放送していた。しかし、後にいずれも国語の発音(ジュダン)に改められた[1]

駅構造[編集]

3層構造でホームドア付き島式ホーム1面2線の地下駅であり、5箇所の出入口がある。

駅階層[編集]

地面 出入口 出入口
地下2階 コンコース階 コンコース、案内所、自動券売機自動改札口
トイレ(改札口の外、出口2、4近く)
地下3階 1番ホーム 紅線 小港方面凹子底駅
島式ホーム、左側のドアが開く。
2番ホーム 紅線 橋頭方面生態園区駅

駅出口[編集]

出口1、2は駅南端、出口3、4、5は駅北端にあり、出口2にはバリアフリーエレベーターがある。

  • 出口1:三民家商(裕誠路北側、博愛二路交差点)
  • 出口2:明誠公園(博愛二路西側、裕誠路交差点)バリアフリーのエレベーター設置
  • 出口3:三民家商(博愛二路西側、裕誠路交差点)
  • 出口4:大八大飯店(博愛二路東側)
  • 出口5:高雄巨蛋、漢神巨蛋(博愛二路西側)

駅周辺[編集]

  • 三民家商
  • 瑞豊夜市
  • 高雄アリーナ(高雄巨蛋/高雄市現代化総合体育館) - 駅名の由来。
  • 漢神巨蛋
  • 明誠公園
  • 高雄巨蛋商圈

利用状況[編集]

2008年9月の1日平均利用者数は21,268人で、高雄捷運では3番目の多さである(上位2つは美麗島駅高雄駅[2]

年間利用人員 1日平均
出典 乗車 出典 降車 乗降計 乗車 乗降
2008 [3] 2,778,370 [3] 2,833,923 5,612,293 9,323 18,833
2009 3,532,614 3,621,637 7,154,251 9,678 19,601
2010 3,608,360 3,732,122 7,340,482 9,886 20,111
2011 3,954,792 4,102,842 8,057,634 10,835 22,076
2012 4,499,641 4,672,990 9,172,631 12,294 25,062
2013 4,719,879 4,882,962 9,602,841 12,931 26,309
2014 4,691,762 4,869,062 9,560,824 12,854 26,194
2015 4,757,466 4,924,561 9,682,027 13,034 26,526
2016 4,968,003 5,123,731 10,091,734 13,574 27,573
2017 5,205,631 5,366,932 10,572,563 14,262 28,966
2018 5,204,872 5,386,416 10,591,288 14,260 29,017

バス情報[編集]

高雄市公車

歴史[編集]

隣の駅[編集]

高雄捷運
紅線
生態園区駅 - 巨蛋駅 - 凹子底駅

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同様に、巨蛋を名乗る台北捷運台北小巨蛋駅の場合、当初は全て国語発音で放送していたのを、台湾語、客家語の発音に改めている。
  2. ^ 高雄市政府捷運局
  3. ^ a b (繁体字中国語)高雄市交通局 (2019年3月14日). “高雄都會區大眾捷運系統各站旅運量”. 高雄市政府 重要市政統計資料庫查詢. 2019年5月1日閲覧。
  4. ^ “高雄捷運(地下鉄)紅線が開業”. 台北駐日経済文化代表処. (2008年3月11日). https://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/13238.html