差別用語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

差別用語(さべつようご)とは、「他者の人格を個人的にも集団的にも傷つけ、蔑み、社会的に排除し、侮蔑・抹殺する暴力性を持つ言葉」[1]のことをいう。差別語(さべつご)とも[1]

概要[編集]

具体的には、特定の属性(国籍、人種、少数民族、被差別階級、性別、宗教、同性愛者、障害者、特定疾患の罹患者、職業など)を持つ人々に対する否定的差別を意図して使用される俗語や表現を指し、侮蔑するための蔑称を含む。差別語と公的に認定されていなくても差別的に使用される表現は「差別語」または「避けられるべき言葉」とみなされることがあり、言葉によっては議論の結果、「差別語」とされないこともある(人によってとらえ方は違うので、正解はない)。また過度な侮蔑差別的とされる[1]

差別用語への対応[編集]

差別用語への対応としては、以下のようなものがある。

  • 一般に日常会話においては禁句、主要メディアにおいては放送禁止用語として扱われる。
  • 差別用語の使用自粛 - 「自主規制」と呼ばれる。
  • 差別用語の言い換え - 差別糾弾を表面的に回避する手段の一つとして商業メディアでは差別用語の言い換えが行われており、アメリカ合衆国においてポリティカル・コレクトネスと呼ばれ発展してきた。日本においては、差別用語の一部もしくは全部の言い換えに反対する人々から、この差別用語の言い換えを、言葉狩りや文化破壊として批判されている。また、差別に反対する側からも「単なる言い換えでは、現実を覆い隠すのみ」とした批判がある。
  • やむを得ず「差別用語(放送禁止用語)と同じ発音」の言葉を使用する場合、当該の差別用語を連想させないよう、別の言葉に言い換えられることもある[要出典]
  • 動植物の標準和名の成分として用いられている語の中にも、差別用語が含まれているとして、改名の動きがある(ザトウクジラメクラウナギシナモクズガニなど)。
  • 規制の違う時代に発表された文学・映像作品についても、再版や放映に際しては、現代的基準で差別用語を書き換える、発言部分の音声を消去するなどの対応が取られたが、近年では、表現の自由やオリジナリティなどの観点から「差別を助長する意図はない」「作品のオリジナリティを尊重する」旨の注釈を加えた上で、オリジナルのまま出版、放送するケースが多い[要出典]
  • 映画化やアニメ化の際、原作者が差別的発言をしていた事が発覚し、主要陣が全員降板し、のちに制作中止となった例がある。[3]

差別用語の種類[編集]

「差別用語」とされる言葉には、以下のようなものがあげられるが、もともと差別用語ではなかった言葉や、蔑称、差別と無関係な言葉もある。使用者本人が「差別」に当たらないと考えていたとしても相手の捉え方次第では「差別」とみなされることがある。

差別用語と対外情緒[編集]

対立した国やその国民に対し、差別的な語を用いて侮蔑を行うことは世界の歴史上無数に行われてきた。

日本語で各国人を差別・侮蔑するための用語[編集]

今日、「差別語」とされることがある言葉を挙げるが、「支那」などは、もともと差別的な意図なく使われてきた(あるいは今も使われている)歴史があり、公共の場で排除することが妥当であるか議論がある用語も多い。

なかでも「白人」「黒人」については、人種差別問題を特集として取り上げたり、それに関係する事件が発生した場合に報道する必要があるため、呼称することが多い。

特定の国家[編集]

特定の人種・民族[編集]

日本語以外の言語で各国人を差別・侮蔑するための用語[編集]

特定の国籍・人種[編集]

  • 日本人
    • ロシア語 - ヤポーシキ(япошки, 「Jap」の意)(ヤポーシカ、япошка - 単数)
    • 中国語 - 日本鬼子小日本 (下関市旧菊川町のことではない)、小日本鬼子、日本狗(日本犬)、日本猪東洋鬼、四腳仔 (畜牲、カエル)
    • 英語 - ジャップ (Jap) 、ニップ (Nip)
    • 韓国語 - チョッパリ(쪽발이、双蹄)、ウェノム(倭奴(わど)、 왜놈)、ジェブス(잽스、Japの意味)、ケダジャク(下駄、게다짝)、チャゲパル(割れた足、짜개발)、タルカッパリ(딸깍발이)、倭人(왜인)、倭敵(왜적)、倭女(왜녀)、ウェッチ(倭人、왜치)、ウェグァンデ(倭役者、日本人役者の事、왜광대)、倭寇(왜구)、島夷(도이)、ソムオランケ(島の野蛮人、섬오랑캐)
  • 中国人
    • 英語 - チンク(Chink)、チャイナマン(Chinaman)
    • 韓国語 - テノム (되놈)、チャンケ (짱깨)
  • 在日韓国・朝鮮人
    • 韓国語 - パンチョッパリ(반쪽발이、半双蹄)
    • 朝鮮語 - チェポ(째포、在胞)
  • インド人
  • ユダヤ人
    • 英語 ジュー(Jew)、カイク(Kike)、ユダ(jude
  • ドイツ人
    • 英語 - ジェリー(Jerry, Gerry)、クラウト(Kraut、キャベツ野郎という意味)、フリッツ(ドイツ人の名前Fritzから)、ナチ(Nazi)
  • オランダ人
    • ダッチ(Deuch)
  • イギリス人
    • 英語 - ポム(Pom、オーストラリア人が使用)、ライミー(Limey、ライムという意味)、ブリット(Brit、Britishの略)
  • フランス人
  • イタリア人
  • アメリカ人
    • 英語 - ヤンキー(Yankee)
    • スペイン語 - グリンゴ(gringo)

差別語の歴史[編集]

日本[編集]

1970年代
  • 1973年にはフジテレビの番組「3時のあなた」で玉置宏が「芸能界は特殊部落」と発言し、番組内で謝罪訂正したが、部落解放同盟から糾弾され、玉置は1973年12月25日の同番組で再度謝罪した[15]。この事件をきっかけにマスコミでは『言い換え集』が作成される[15]
  • 1974年にテレビドラマ「新・荒野の素浪人(第22話・くノ一情話)」で「きちがいに刃物」という表現が使われ、これが精神障害者への差別として抗議された[15]。翌年1975年以降差別用語に。
  • 1976年には小学館刊の『ピノキオ』のなかで「びっこ・めくら」という差別表現が使用されており、身体障害者への差別を助長すると名古屋の市民によって抗議をうけた[15]
1980年代

1980年代には夏目漱石などの過去の文学作品における穢多という表現などについて抗議がはじまる[15]。アメリカでは日本で出版されている「ちびくろサンボ」や黒人マネキン黒人差別であるとして絶版にいたる[15]

  • 1984年にはトルコ風呂という呼称についてトルコ人留学生から抗議され、社会問題となる[15]
  • 1988年7月24日、渡辺美智雄が「アメリカの黒人は破産してもアッケラカーのカーだ」と発言し、非難される[15]
  • 1989年には浅田彰が『文学界』2月号で昭和天皇の病気治癒を願って皇居で記帳している日本国民を「土人」と読んだ[16]
1990年代
2010年代

2018年7月19日、ネット掲示板にて「就労移行支援で面白かったのは利用者の若い男が皆同じ顔をしてた事」〔ママ〕という本文と共に、眼鏡をかけた表情の暗い青年が「すき屋」の定番メニューである「とろ〜り3種のチーズ牛丼」を大盛かつ、温玉のトッピングを追加注文するというイラストが添付された[17]。そこから派生して、「チーズ牛丼」または「チー牛」が、差別的な意味合いで使われることが散見されるようになった[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 小林健治『差別語・不快語』にんげん出版〈ウェブ連動式 管理職検定02〉、2011年、18頁。ISBN 978-4-931344-31-0。
  2. ^ もっとも、最近では「基地の外」という言葉が、逆に「きちがい」の隠語として差別的に使用された事例もある(例:ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動)
  3. ^ 原作者の差別発言で主演声優全員一挙降板、「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止で小説版は出荷停止に”. 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 『現代人のための 日本語の常識大百科』池田彌三郎講談社、東京都文京区、1982年2月15日、212頁。ISBN 4-06-123890-6。
  5. ^ 漢字表記は「生保」で、本来の読みは「セイホ」。生命保険の略称である「生保」と同音同字で混同することから区別のために「ナマポ」と呼称することもあるが、基本的には生活保護受給者に対する侮蔑用語として用いられている。
  6. ^ クレヨンの「肌色」は人種差別? 乾貴美子がブログで疑問呈す。” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月23日閲覧。
  7. ^ a b c 漢字表記は「生保」で、本来の読みは「セイホ」。本来は生命保険の略称である「生保(セイホ)」との区別のための呼称だが、その語感に差別的・侮蔑的なイメージが含まれるとされる。
  8. ^ フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか”. The HEADLINE (2020年7月21日). 2020年8月30日閲覧。
  9. ^ 名誉男性”. 2020年8月30日閲覧。
  10. ^ キズナアイやラノベ表紙を「女性差別」と言う人にモヤモヤします”. 2020年8月30日閲覧。
  11. ^ 女性政治家は、本当に"名誉男性"なのか”. 2020年8月30日閲覧。
  12. ^ ピカドンの毒が移る」と言われ、浴場で泣いた。被爆70年の増野幸子さん”. 2020年8月8日閲覧。
  13. ^ NHK職員の池田信夫は、「NHKのニュース解説で「片手落ち」という言葉を使ったのはけしからん、と部落解放同盟の地方支部の書記長がNHKに抗議にやってきた。協議の結果、この言葉は放送で使わないことに決まった」と証言している。池田信夫 blog(旧館)2006-11-16「同和のタブー」による。
  14. ^ 1988年5月15日付の朝日新聞大阪版投書欄における「許せぬNHK、片手落ち放送」との見出しが部落解放同盟関係者から抗議を受け、以後、同紙でもこの語は禁句となった(江上茂『差別用語を見直す』花伝社,2007,p.61による)。なお、同書のp.5 - 12では一章を割いてこの語に対する規制問題を扱っている。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m 加藤, 夏希 (2010-1). “差別語規制とメディア ちびくろサンボ問題を中心に”. リテラシー史研究 (早稲田大学) (3): 41-54. https://hdl.handle.net/2065/33066 2018年9月29日閲覧。. 
  16. ^ 文学界』1989年2月号
  17. ^ http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1531985788/301
  18. ^ “あの「チー牛」について、すき家に聞いてみた ネットでなぜか流行語化”. J-CASTニュース. (2020年6月18日). https://www.j-cast.com/2020/06/18388228.html?p=2 2020年11月10日閲覧。 

関連項目[編集]