差控

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

差控(さしひかえ)とは、江戸時代、武士や公家に科せられた制裁。勤仕より離れ、自家に引きこもって謹慎する。

門を閉ざすが、潜門(くぐりもん)から目だたないように出入りはできた。比較的軽い刑罰ないし懲戒処分として、職務上の失策をとがめたり、あるいは親族・家臣の犯罪に縁坐・連坐せしめる場合などに用いた。自発的にも行われ、親族中一定範囲の者または家臣が処罰を受けると、その刑種によっては差控伺(うかがい)を上司に提出し、慎んで指示を待った。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞社メディア戦略局データベース部 (2002.2-). 讀賣新聞.. 読売新聞社メディア戦略局データベース部. OCLC 1020699313. http://worldcat.org/oclc/1020699313.