巻波 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
艦歴
計画 1939年度(マル4計画
起工 1941年4月11日
進水 1941年12月27日[1]
就役 1942年8月18日竣工
その後 1943年11月25日戦没
除籍 1944年2月10日
性能諸元
排水量 基準:2,077t
公試:2,520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
吃水 3.76m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 52,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,000浬
燃料 重油:600トン
乗員 225名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 II×2
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
九三式魚雷16本)
爆雷×18乃至36

巻波(まきなみ)は[2]日本海軍駆逐艦[3]夕雲型駆逐艦(一等駆逐艦)の5番艦である[4]。艦名は砕波の一種に由来し、海上自衛隊護衛艦2隻(初代まきなみ2代まきなみ)に引き継がれた。

概要[編集]

一等駆逐艦巻波(まきなみ)は[5]、日本海軍が舞鶴海軍工廠1941年(昭和16年)4月から1942年(昭和17年)8月にかけて建造した夕雲型駆逐艦[6]。8月31日、姉妹艦「長波[7]と共に新編の第31駆逐隊に所属した[8]。31駆は第三戦隊(金剛、榛名)を護衛して最前線に進出する[9][10]。 10月1日に姉妹艦「高波[11]が第31駆逐隊に編入されると[12]、司令駆逐艦も「高波」に変更された[13]。 第31駆逐隊は第二水雷戦隊に所属して、10月中旬のヘンダーソン基地艦砲射撃に従事[14][15]。 続いて10月26日の南太平洋海戦に参加[16]。 11月上旬よりガダルカナル島への輸送作戦(鼠輸送)に従事した[17]。11月中旬の第三次ソロモン海戦では輸送船団を護衛、将兵多数を救助した[18][19]。11月30日、第31駆逐隊はルンガ沖夜戦に参加[11]、戦果を挙げるも同夜戦で「高波」を喪失した[20](駆逐隊司令清水利夫大佐戦死)[21][22]。その後も「巻波」はソロモン諸島での輸送作戦に従事した。

1943年(昭和18年)2月1日、「巻波」は外南洋部隊・増援部隊(第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将)旗艦としてガダルカナル島撤収作戦に参加するが[23]、空襲で損傷する[24]。第三水雷戦隊旗艦を駆逐艦「白雪」に引き継ぎ、駆逐艦「文月」に曳航されて避退した[25][26]ラバウルで応急修理後、3月はトラック泊地で応急修理をおこなう[27]。4月下旬、給糧艦「間宮」他を護衛して内地に帰投した[28]。駆逐艦複数隻と共に、舞鶴海軍工廠で修理を実施した[29]。同時期の巻波駆逐艦長人見豊治中佐は不知火駆逐艦長および初春駆逐艦長を兼務した[30][31]

同年9月15日、「巻波」の修理完成[6][32]。上海~トラック泊地~ラバウル間の輸送船団を護衛し[33]、10月中旬トラック泊地に戻った[34]。 以後、第二水雷戦隊各隊・各艦と行動を共にする[35]。 11月上旬、ブーゲンビル島の戦いにともない「巻波」はラバウルに進出、ブーゲンビル島周辺の輸送作戦に従事した[36]。11月11日、ラバウル空襲により僚艦「長波」が大破したので[7]、「巻波」が救援を行った[37]ブカ島への輸送作戦従事中の11月25日、日本軍の駆逐艦5隻[注 1]は輸送任務を帯びてブカ島へむかうが、ニューブリテン島南端沖でアーレイ・バーク大佐指揮下の米軍駆逐艦5隻に襲撃される[38]。日本側3隻(大波、巻波、夕霧)は一方的に撃沈された[39]セント・ジョージ岬沖海戦[6][40][41]

艦歴[編集]

竣工まで[編集]

1939年度(マル4計画)仮称第120号艦として、舞鶴海軍工廠で建造[42]1941年(昭和16年)10月25日、三菱重工長崎造船所で建造の秋月型駆逐艦に「照月」、舞鶴海軍工廠の夕雲型駆逐艦に「巻波」の艦名が与えられる[2]。同日附で2隻は秋月型・夕雲型に類別された[43]。舞鶴海軍工廠が建造した夕雲型駆逐艦は6隻(夕雲、巻波、早波、浜波、沖波、早霜)である[44]。 12月27日、「巻波」は進水した[1][45]。同日附で舞鶴鎮守府籍となる[46]

1942年(昭和17年)6月11日、舞鶴海軍工廠で秋月型駆逐艦「秋月」が竣工[47]。 同年6月から8月にかけての舞鶴工廠は、「秋月」以外にも秋月型「初月〈125号艦〉[48]、夕雲型駆逐艦複数隻(巻波、第340号艦〈早波〉第341号艦〈浜波〉第342号艦〈沖波〉[49]、島風型駆逐艦「島風」(7月18日進水)[50]の建造・艤装工事を実施。 また入渠艦・損傷艦(那珂大潮薄雲[51]天龍龍田名取利根〈ミッドウエー作戦前後整備〉、筑摩〈ミッドウェー作戦前後整備〉)等の修理と整備を行っていた[52]。 6月30日、日本海軍は駆逐艦「水無月」水雷長[53][54]、軽巡「大井」水雷長[54]、駆逐艦「村雨」艦長[55][56]、駆逐艦「白雲」艦長[56]等を歴任した人見豊治中佐(海軍兵学校50期[57]を巻波艤装員長に任命する[58]。同日附で巻波艤装員事務所を設置した[59]

7月15日、「巻波」は予行運転中に機関故障を起こし、竣工予定を延期した[50]8月18日、竣工する[49][60]。艤装員事務所を撤去した[61]。 同日附で人見艤装員長は巻波駆逐艦長(初代)となる[62]。「巻波」は警備駆逐艦に指定された[63][64]。 8月20日、「巻波」は舞鶴を出撃した[65][66]。呉に立ち寄り[67][68]、つづいて横須賀へ移動する[69]。 だが第二航空戦隊飛鷹隼鷹)の指揮を受けるように連合艦隊から下令があり[70]、8月31日に呉へ到着した[71]。同日、横須賀では姉妹艦「高波」が竣工した[72][73]

昭和17年の行動[編集]

1942年(昭和17年)8月31日、日本海軍は「長波」(同年6月30日竣工、藤永田造船所)[74]と「巻波」により第31駆逐隊を編制した[8]。 初代駆逐隊司令に清水利夫大佐(当時、第21駆逐隊司令。海軍兵学校46期[75][76]を任命する[77][78]。司令駆逐艦は「巻波」となった[79]。 第31駆逐隊は第二水雷戦隊[注 2]に編入された[82]。 さらに金剛型戦艦(金剛、榛名)と第31駆逐隊(巻波、長波)で前進部隊待機部隊を編成[83]、内海西部で訓練を実施した[84][85]

9月6日[86][10]、第三戦隊司令官栗田健男中将海軍兵学校38期[87]指揮のもと戦艦金剛(第三戦隊旗艦)[88]榛名[89]、第31駆逐隊は豊後水道を出撃した[83][90]。 9月10日にトラック諸島に到着した[88][89][91]。連合艦隊司令部(旗艦「大和」)で打ち合わせを行い、並行して補給を受ける[92]。 前進部隊本隊に編入後[注 3][83]9月11日にトラック泊地を出撃する[94][95]。 前進部隊(指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官[注 4])に合流した[97][98][99]。 9月中旬の日本陸軍ガ島総攻撃は失敗、日本海軍各艦隊はトラック泊地にもどった[100][101]。 第31駆逐隊はトラック泊地での警戒任務につく[102]。 9月29日、第五戦隊の重巡洋艦「羽黒」が修理のため佐世保に戻ることになり[103][104]、「巻波」は同艦をトラック泊地近海まで護衛した[105]

10月1日、第31駆逐隊に夕雲型駆逐艦6番艦「高波」(同年8月31日竣工、浦賀船渠)[20]が編入され、同隊は3隻編制(長波、巻波、高波)となる[75][12]。清水司令は司令駆逐艦を「高波」に指定した[13]

10月11日、前進部隊(第二艦隊)はトラックを出撃する[106]。第二水雷戦隊司令官田中頼三少将(海軍兵学校41期[107]が指揮する第二水雷戦隊(軽巡五十鈴〈二水戦旗艦〉[81]、第15駆逐隊〈親潮黒潮早潮[注 5]、第24駆逐隊〈海風江風涼風〉、第31駆逐隊〈高波、巻波、長波〉)は、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対し艦砲射撃を実施予定の戦艦金剛榛名を護衛する[108]。 挺身攻撃隊(指揮官栗田健男第三戦隊司令官)としてトラック泊地を出撃した[109]。 応援の第19駆逐隊(哨戒任務)と共に、10月14日飛行場砲撃(ヘンダーソン基地艦砲射撃[110]を援護した後、前進部隊(第二艦隊)に合流する[111]。 ヘンダーソン飛行場は損害を受けたが、日本軍が知らなかった新規飛行場は離着陸可能であり、ガ島揚陸中の輸送船団に空襲を加えた[112]。 輸送船団の苦戦を知った連合艦隊は、前進部隊の重巡「妙高[113]と「摩耶[114]に飛行場砲撃を命じ、これを二水戦(五十鈴、高波、巻波、長波)が護衛する[115][116]。10月15日夜、5隻は艦砲射撃を敢行した[117][118]。発射弾数は妙高476発、摩耶450発、第31駆逐隊253発と記録されている[119]

戦場を離脱後、10月17日夜に第二艦隊近藤信竹中将・海兵35期、旗艦「愛宕」)および第三艦隊南雲忠一中将・海兵36期、旗艦「翔鶴」)主力と合流し[120]、補給を行いつつ敵を求めて進撃を続けた[121]。 10月26日の南太平洋海戦における第二水雷戦隊は、前進部隊(指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官)に所属し、第四戦隊(愛宕、高雄)、第三戦隊(金剛、榛名)、第五戦隊(妙高、摩耶)、第二航空戦隊(司令官角田覚治少将:空母隼鷹)と共にアメリカ軍機動部隊と交戦した[122][16]。二水戦は10月30日にトラックへ帰投した[123]

11月3日、巻波を含め支援部隊の一部部隊[注 6]は外南洋部隊(指揮官三川軍一第八艦隊司令長官)に編入され[124]、トラックを出撃してショートランドに向かう。11月5日、ショートランド泊地において外南洋部隊増援部隊指揮官の職務は、第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将から第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に引き継がれた[125]。ガダルカナル島への鼠輸送に従事していた第三水雷戦隊は、トラック泊地へ戻る[125]。これ以降、ガ島への駆逐艦輸送作戦は田中頼三少将が指揮することになった[17]

11月6日深夜、第15駆逐隊司令佐藤寅治郎大佐指揮下の甲増援隊はショートランド泊地を出撃する[126]。甲増援隊の編成は、第15駆逐隊(親潮、早潮、陽炎)、第24駆逐隊(海風、江風、涼風)、第31駆逐隊(高波、巻波、長波)、第10駆逐隊(夕雲、風雲)であった[127]。 途中で米軍爆撃機と小型機20数機の空襲を受け、長波と高波が損傷した[127][128]。 甲増援隊は深夜にタサファロング沖に到着して糧食を降ろし、傷病兵と便乗者を乗せて帰投した[127]

11月10日朝、第10駆逐隊司令阿部俊雄大佐が指揮する第10駆逐隊(夕雲、巻雲、風雲)、第31駆逐隊(巻波)、第24駆逐隊(涼風)は第十一戦隊弾着観測員と陸軍兵・物資を載せてショートランド泊地を出撃した[129]。魚雷艇を撃退し、輸送任務も成功する[130]。11日午前中に帰投した[130]

この頃、ガダルカナル島の戦いは一つの山を迎えつつあり、日本軍は第三十八師団の一部が乗った輸送船団をガダルカナル島へ送ることとなった[131]。 11月13日以降、増援部隊(第15駆逐隊〈早潮〔二水戦旗艦、田中司令官座乗〕、親潮、陽炎〉、第24駆逐隊〈海風、江風、涼風〉、第31駆逐隊〈高波、巻波、長波〉、吹雪型天霧、睦月型望月)は輸送船11隻を護衛し、ガダルカナル島に向かった(第三次ソロモン海戦[132][133]。だがアメリカ軍機の波状攻撃を受け輸送船6隻が沈没、「佐渡丸」が大破して駆逐艦「天霧」と「望月」に護衛されてショートランド泊地へ退避する[19]。「巻波」も陸軍将兵多数を艦内に収容[134]、記録では1020名となっている[19]

田中司令官は残存輸送船4隻と駆逐艦9隻を指揮してガ島への進撃を続行した[135]。 11月15日未明に輸送船4隻(廣川丸、山浦丸、鬼怒川丸、山東丸)はガダルカナル島タサファンログ泊地に座礁揚陸を強行するが、アメリカ軍機と米艦艇の攻撃で全滅した[136]。揚陸できたのは人員だけで、重機材や弾薬はほとんど失われた[137]。増援部隊各艦は15日22時になりショートランド泊地へ戻った[137]

ショートランドに帰投後、息つく暇も無く、日本軍側は鼠輸送、連合軍側は東京急行と呼称するドラム缶輸送従事した[138][139]。外南洋部隊増援部隊の大部分はニューギニア方面への作戦に従事しており、ショートランド泊地に残っていたのは駆逐艦5隻(高波、巻波、長波、黒潮、満潮〈損傷修理中〉)だけだった[140]。 11月22日(途中引返し)と24日午前3時、「巻波」と峯風型駆逐艦「羽風」は輸送船3隻(千早丸、神威丸、寶運丸)を護衛し、ショートランド泊地を出撃する[141][142]。同日19時ニュージョージア島ムンダに到着した[141]。25日午前2時30分出発、夕刻ショートランド泊地に帰投した[141]。米潜水艦襲撃時には、「羽風」と共に応戦している[141]

11月30日、外南洋部隊増援部隊指揮官田中頼三少将(第二水雷戦隊司令官、旗艦「長波」)の指揮下、駆逐艦8隻はドラム缶輸送任務のためショートランド泊地を出撃、ガダルカナル島へむかう[143]。部隊編成は。警戒隊(長波高波)、第一輸送隊(黒潮親潮陽炎、巻波)、第二輸送隊(江風涼風)である[144]。 これをカールトン・H・ライト少将率いる第67任務部隊英語版が迎撃、アイアンボトム・サウンドにおいて夜間水上戦闘となった[145]ルンガ沖夜戦[146][147]。 「巻波」は魚雷を発射しなかった[148]。日本側は駆逐艦1隻(高波)が沈没し[149]、アメリカ側は重巡ノーザンプトン (USS Northampton, CA-26)を喪失、重巡3隻(ミネアポリスペンサコラニューオーリンズ)も大破という損害だった[150]。 一方でドラム缶輸送作戦自体は失敗し、外南洋部隊は第二次ドラム缶輸送作戦を行うよう指導する[151]。本戦闘で「高波」(第31駆逐隊司令駆逐艦)が沈没する[152]。清水大佐(31駆司令)が戦死[153][154]。第31駆逐隊は長波と巻波に減少した[155]

12月3日、田中二水戦司令官(長波)指揮下、第二次輸送作戦が実施される[156]。第15駆逐隊(親潮、黒潮、陽炎)、第31駆逐隊(巻波、長波)、第24駆逐隊(江風、涼風)、第4駆逐隊(野分[157]、第27駆逐隊(夕暮)という編成だった[158]。 航行中、「巻波」は米軍機の空襲により損傷した[159][160]。戦死者7名[3]。投下ドラム罐1500個のうち、回収されたのは310個だった[161]。 作戦終了後、「巻波」は修理のためラバウルに回航されている[162][163]

12月16日、第一次第一回ムンダ輸送のため[162][164]、駆逐艦6隻(長波、巻波、親潮、黒潮、陽炎、谷風)はニュージョージア島ムンダ輸送を実施した[165][166]。揚陸作業中に夜間空襲を受け「陽炎」が小破した[166][167]。 12月21-22日[168]、第17駆逐隊司令指揮下の駆逐艦4隻(谷風浦風、巻波、陽炎)はムンダ輸送を実施した[169][170]。 つづいて駆逐艦4隻(江風、涼風、巻波、陽炎)をもって第二号哨戒艇旧駆逐艦〈灘風〉)を護衛、同艦をガ島に擱座させようという12月27日のラバウル出撃は、ガ島に向け航行中に中止となる[171][172]。各艦はショートランドを経てラバウルに戻った[173]

12月29日附で第二水雷戦隊司令官は田中頼三少将から小柳冨次少将(海軍兵学校42期)に交代した[174][175]。30日、小柳の着任にともない田中は退隊した[176][177]。この人事にともない、外南洋部隊増援部隊指揮官も田中少将から小柳少将に交代した[178]

昭和18年前半の行動[編集]

新任の第二水雷戦隊司令官小柳冨次少将(外南洋部隊増援部隊指揮官)は、旗艦を「長波」に指定した[179]。増援部隊各艦はラバウルからショートランド泊地へ進出する[179]1943年(昭和18年)1月2日午前11時、駆逐艦10隻はショートランド泊地を出撃する[180]。編成は、警戒隊(長波、江風、涼風、巻波、荒潮)、輸送隊(親潮、黒潮、陽炎、磯波)であった[179][181]。 途中の空襲で「涼風」が損傷、「電」に護衛されて避退した[179][182]。水上偵察機の協力を得て魚雷艇の襲撃を撃退、他に被害を出さず輸送作戦は成功した[179]

1月4日から7日にかけて、駆逐艦4隻(長波、巻波、江風、荒潮)はショートランド泊地とラバウルを往復、ラバウルでドラム缶を積み込むとショートランド泊地に戻った[183]。また駆逐艦「大潮」(第8駆逐隊司令山代勝守大佐座乗)[184]もドラム缶を搭載してショートランドに到着、増援部隊に編入される[185][186]。一方、二水戦の長波、陽炎、親潮は艦の疲弊により作戦行動が難しくなり、トラック泊地に後退することになった[185]

1月10-11日、第二水雷戦隊司令官小柳冨次少将(外南洋部隊増援部隊指揮官、旗艦「黒潮」)は駆逐艦8隻でガ島第六次輸送作戦を実施する[187]。警戒隊(黒潮江風初風時津風)、輸送隊(、巻波、大潮、荒潮)という編成だった[188]。輸送作戦は、概ね成功した[187]。 揚陸中、米軍魚雷艇の攻撃で駆逐艦「初風」が大破する[189]有賀幸作第4駆逐隊司令(嵐座乗)の指揮下、駆逐艦3隻(嵐、江風、時津風)はガダルカナル島からショートランド泊地まで「初風」を護衛した[190]。小柳少将は有賀司令と各艦を賞賛した[191]

本作戦をもって小柳二水戦司令官は増援部隊指揮官の職務を第十戦隊司令官木村進少将(旗艦「秋月」)に引き継ぎ[187]、「長波」に乗艦してトラック泊地に戻った[192][193]。 1月11日、第六次ガダルカナル島輸送作戦を終えた駆逐艦4隻(江風、巻波、大潮、荒潮)はニューギニア方面護衛部隊に編入され、ショートランド泊地を出発してラバウルへ向かった[193]

1月中旬、ガダルカナル島撤退を内定していた日本海軍は、それまで手がまわらなかった北部ソロモン(ブーゲンビル島ブカ島など)と中部ソロモン(ニュージョージア諸島サンタイサベル島など)の防備強化に乗り出した[194][195]。外南洋部隊各艦はソロモン諸島の防備強化に協力、輸送船護衛や駆逐艦輸送に従事する[195]

1月16日、それまで第二水雷戦隊旗艦だった軽巡洋艦「五十鈴」は第十六戦隊へ転出[196]、損傷修理を終えた軽巡「神通」が第二水雷戦隊に復帰する[80][197]。 1月12日から24日まで、「巻波」はニューギニア島ウェワク輸送作戦に参加した。 1月20日、第31駆逐隊に夕雲型駆逐艦7番艦「大波[40](同年12月29日竣工、藤永田造船所)[198]が編入され、同隊は3隻(長波、巻波、大波)となった(大波は1月25日、トラック泊地着)[199][200]。 大波駆逐艦長吉川潔中佐は[39][201]、人見(巻波艦長)とは海軍兵学校第50期の同期である[57]

1月21日、輸送船団救援中の秋月型駆逐艦「秋月」(第十戦隊旗艦)が米潜水艦(ノーチラス)に雷撃されて損傷した[202][203]。 その際に木村少将(第十戦隊司令官)が負傷したため、第二水雷戦隊司令官小柳冨次少将は21日附で第十戦隊司令官に任命された[204]。後任の二水戦司令官は伊崎俊二少将(海軍兵学校42期[204][175]。小柳少将は1月23日に退隊してラバウルへ移動する[202]。伊崎司令官は1月30日に着任し、「神通」に将旗を掲げた[205]

ガダルカナル島撤退作戦のため、連合艦隊は南東方面部隊(指揮官草鹿任一南東方面艦隊司令長官)の駆逐艦を増強[注 7]、また撤退作戦における予備指揮官として第三水雷戦隊(三水戦司令部、川内白雪)を編入した[206]。これらの増強戦力は、ただちに南東方面部隊麾下の外南洋部隊に編入された[207]。1月25日、第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将(海軍兵学校41期[107]は「白雪」に乗艦してラバウルからショートランド泊地に移動(川内はニューアイルランド島のカビエン回航)[208]、27日ショートランドに到着すると「巻波」に三水戦司令官の将旗を掲げた[23][注 8]

1月29日のレンネル島沖海戦やガ島航空撃滅戦を経て、日本軍はガ島撤収作戦を発動する[211][212]。 第一次撤収部隊の兵力部署は、ガダルカナル島エスペランス岬へ向かう第三水雷戦隊と、ガ島カミンボに向かう別働隊にわかれていた[213]。 三水戦司令官指揮下のエスペランス隊は、警戒隊(三水戦旗艦〈巻波〉、一番隊〈第4駆逐隊司令有賀幸作大佐[214]舞風江風黒潮〉、二番隊〈白雪文月〉)、輸送隊(第十戦隊司令官、第10駆逐隊〈風雲巻雲夕雲秋雲〉、第17駆逐隊〈谷風浦風浜風磯風[215])であった[216]。 第16駆逐隊司令荘司喜一郎大佐指揮下のカミンボ隊は[217]、第16駆逐隊(時津風雪風)、第8駆逐隊(大潮荒潮)、三番隊(皐月長月)であった[216]。 この他にカビエンに待機する重巡「鳥海」と「熊野」、軽巡「川内」がいた[23][216]。31日、撤収部隊はショートランド泊地を出撃するが、南東方面部隊の命令により作戦は中止された[218]。ガダルカナル島やサボ島周辺に米水上部隊が確認されたため、日本軍基地航空隊は空襲を敢行し、駆逐艦1隻を撃沈している[219]。ショートランド泊地も空襲されたが、撤収部隊に被害はなかった[220]

2月1日午前9時30分、第一次撤収部隊の駆逐艦20隻は再度ショートランド泊地を出撃した[220][221]。「巻波」は第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将の旗艦としてガダルカナル島に向かった[220]。同日夕刻、撤収部隊は零戦18機の掩護下で[222]、ヘンダーソン基地から飛来した米軍機(ワイルドキャット戦闘機 17、ドーントレス艦爆 17、アヴェンジャー艦攻 7 )と交戦する[223]。 対空戦闘中、「巻波」の艦右舷に爆弾1発が命中して機関部損傷、他に至近弾による損傷もうけ、航行不能となる[24][224]。36名が戦死[3]。戦傷者多数[225]。 十戦隊司令官小柳冨次少将は「我今ヨリ指揮ヲ執ル」を打電、損傷した「巻波」と護衛の駆逐艦「文月」と「白雪」を残して進撃した[220]。橋本少将は旗艦を「巻波」から「白雪」に変更し、先行部隊を追いかけてガ島へ向かった[221][226]。「巻波」は「文月」に曳航されて退避することになった[222][227]。 また橋本司令官は「夕雲」と「巻雲」を輸送隊から警戒隊に編入したが[222]、「巻雲」は米軍が敷設した機雷により大破[228]、「夕雲」により自沈処分となった[229][230]。その他に被害はなく、第一次撤収作戦は成功した[231]山本五十六連合艦隊司令長官は小柳少将(第十戦隊司令官)に「巻波がやられ、『我今より指揮を執る』の電報に接したときは、この先どうなるかと心配した」と語ったという[232]。「文月」に曳航された「巻波」は2月2日10時30分、ショートランドに到着した[231]。同地で応急修理工事を実施する[210]。ショートランド泊地からラバウルまでは、自力で撤退した[27]。なお「巻波」の損傷と「巻雲」の沈没により、牽制部隊として行動していた駆逐艦「朝雲」(第9駆逐隊)と「五月雨」(第2駆逐隊)[233]は急遽最前線に進出、第二次作戦から撤収部隊に加わった[234]

2月12日、「高波」沈没時に戦死した清水第31駆逐隊司令の後任として、香川清登大佐(海軍兵学校46期)が補職される[235][76]。香川司令は、31駆司令駆逐艦を「大波」に指定する[236]。 2月25日、夕雲型駆逐艦8番艦「清波[237](駆逐艦長有馬時吉中佐。同年1月25日竣工、浦賀船渠)[238]が第31駆逐隊に編入され[210]、31駆は夕雲型定数4隻(第1小隊〈大波、清波〉、第2小隊〈巻波、長波〉)を揃えた[239][240]。 巻波艦長の人見中佐、大波艦長の吉川中佐、清波艦長の有馬中佐、長波艦長の隈部伝中佐(11月25日免職)は[241]、4人とも海軍兵学校50期の同期生である[57]

2月27日、「巻波」は輸送船を護衛してラバウルを出発した[210][242]。3月2日以降はトラックで応急修理を行った[243][244]。「長波」は先に舞鶴に戻った[245]。 3月29日、「巻波」の修理を舞鶴で行う事が決まる[246]。 4月15日、「巻波」は給糧艦「間宮」と輸送船「総洋丸」を護衛してトラック泊地を出発した[247][28]。 2隻(間宮、総洋丸)[248]と分離後、4月24日舞鶴に到着した[249][250]。同日から9月中旬まで、「巻波」は舞鶴海軍工廠で本格的な復旧工事を実施した(後述)。

舞鶴での修理[編集]

1943年(昭和18年)4月24日、「巻波」は舞鶴に到着した[27][251]。損傷各艦(不知火[252]初春太刀風〈5月15日到着〉、阿武隈〈4月17日着、5月17日完成〉、多摩〈5月4日着、20日発〉、名取〈6月1日着〉)等と共に修理に従事する[29][253][254]。 機関部の損傷は深刻で、人見(巻波艦長)は舞鶴海軍工廠で修理中の「不知火」用機関を流用するよう提案している[255]。各方面は対応に苦慮することになった[256]

4月・5月・6月当時の舞鶴工廠は、島風型「島風」が竣工(5月10日)[257]夕雲型駆逐艦複数隻(早波浜波沖波早霜)や[258]冬月〈第361号艦、5月8日起工〉の建造が進んでいた[259][260][261]

5月20日、駆逐艦「霞」(第四予備駆逐艦)の修理がおおむね完了[252](燃料加熱装置搭載と試験のため6月30日完成、7月18日出撃)[254][262]、同日附で巻波駆逐艦長人見豊治中佐は、巻波艦長(本職)に加えて不知火・初春艦長の兼務を命じられ、山名寛雄少佐(霞駆逐艦長)は(霞、不知火、初春)艦長兼務を解かれた[30]

「巻波」では、機関部修理と並行して電波探信儀レーダー)搭載の工事を実施した[263]。本艦修理中の7月12日、コロンバンガラ島沖海戦に参加した軽巡「神通[80](第二水雷戦隊旗艦)が沈没する[264][265]。第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将以下[266]、二水戦司令部は全滅した[267]。 日本海軍は7月20日附で第四水雷戦隊を解隊し、第四水雷戦隊司令官高間完少将(海軍兵学校41期[107]を第二水雷戦隊司令官に任命する[268][269]。 四水戦と二水戦の残存兵力を統合し、第二水雷戦隊を再編した[注 9]。 統合直後の7月20日、夜戦部隊に所属してニュージョージア島の戦いに従事していた駆逐艦「清波」(第31駆逐隊)[237]と「夕暮」(第27駆逐隊)[272]は夜間空襲を受けて沈没する[273]。 第31駆逐隊は3隻(長波、巻波、大波)となった[274]

8月になると、軽巡「長良[271]と「名取[275]、駆逐艦「長波」[注 10]、「大波」(8月12日に舞鶴到着)等も、舞鶴海軍工廠で「巻波」と共に修理に従事する[277][276]。 9月10日、人見(巻波艦長)は不知火・初春艦長兼務を解かれ、巻波艦長のみとなる[31]。 「巻波」の修理は9月15日に完了した[278][279]。 第31駆逐隊の夕雲型3隻(長波、巻波、大波)は順次舞鶴を離れた[278][280]

戦線復帰[編集]

1943年(昭和18年)9月15日の修理完成後[27]、「巻波」は舞鶴から上海に移動した(途中から特設巡洋艦清澄丸を護衛、19日着)[281][282]。 日本陸軍の第十七師団[283](師団長酒井康陸軍中将、人員5940名、車両650輌、諸物件6,800立米)[284]を輸送する「丁二号輸送」に参加する[285][286]。 第一潜水戦隊司令官古宇田武郎少将(旗艦、平安丸)[287]を指揮官とする丁二号輸送船団が編成された[34]。輸送船団は、駆逐艦3隻(巻波、山雲)、水上機母艦秋津洲(旅団長乗艦)[288]、特設巡洋艦3隻(平安丸護国丸、清澄丸)であった[289][290]9月24日、丁二号輸送船団は上海を出発した[280][291]10月2日、丁二号輸送船団はトラック着、即日出発する[292][293]10月5日、輸送船団は損害なくラバウルに進出し、陸軍将兵や輸送物件を揚陸する[294][295]。翌日、ラバウルを出発した[288][293]。航行中に空襲をうけ「清澄丸」が至近弾で戦死1名を出したが、他艦に異状はなかった[288]。 輸送船団は10月9日にトラックに帰投後して任務を終了[288]、解散した[296][297]。ラバウルに上陸した第十七師団は、ニューブリテン島各地に配備された[284]

10日、第二水雷戦隊(能代〈二水戦旗艦〉[298]、第31駆逐隊〈大波、長波、巻波〉、第24駆逐隊〈海風涼風〉、〈島風白露〉)は戦技訓練を行う[299]。 翌日、長波と涼風は第五戦隊(妙高羽黒)を護衛してトラックを出発、ラバウルに向かった[300][301]。 10月中旬以降[293][302]、トラック泊地に残った巻波・島風以下二水戦各艦は、第三艦隊(司令長官小沢治三郎中将)と行動をともにしてエニウェトク環礁に進出した[35][303]

10月28日、ブーゲンビル諸島の情勢緊迫にともない連合艦隊は「ろ号作戦」を発動した[304]。 11月1日、連合軍はラバウルに対する攻勢を強化するべく、ブーゲンビル島に新規飛行場を建設するため上陸作戦を敢行した[305]ブーゲンビル島の戦い[306]。この脅威に対処するため、連合艦隊はトラック泊地に待機している第二艦隊や第三艦隊(機動部隊)の艦艇をラバウル方面に派遣する[307]。 また第二艦隊・第三艦隊の一部艦艇・部隊をもって、第一航空戦隊の基地員や物件を輸送することになった[36]。輸送任務終了後、これらの艦艇は南東方面部隊(南東方面艦隊)に編入されることになった[308]。 11月3日、「巻波」は輸送任務のためトラック泊地を出撃、11月5日カビエン着後はラバウルに回航された[309][310]。 この時、ラバウルでは空母サラトガとプリンストンより発進した艦載機により[311]、第二艦隊司令長官栗田健男中将指揮下の重巡洋艦部隊(遊撃部隊)が大損害を受けていた[312][313]

ラバウル到着後の「巻波」は第十戦隊(司令官大杉守一少将)の指揮下に入り、ブーゲンビル島タロキナ輸送に[314]、支援隊(第一支援隊〈阿賀野[315]、若月、風雲、浦風〉、第二支援隊〈能代[298]、早波、長波〉)、挺身輸送隊(警戒隊〈大波、巻波〉、輸送隊〈天霧、文月、卯月、夕凪〉)として参加した[316][317]。 11月7日にラバウルへ帰投、他方面の輸送任務についていた各艦(夕張、水無月、時雨)も同港に帰投した[318][319]

11月11日、ラバウルは再び大規模空襲を受ける[312][320]。第二水雷戦隊は夕雲型駆逐艦「涼波[321](第32駆逐隊)を喪失する[322]。 姉妹艦「長波」が大破・航行不能という損害を出した[323][324]。 航行不能となった「長波」を「大波」が曳航しようとしたが、ワイヤーが同艦のスクリューに絡まったため、「長波」の曳航は「巻波」が担当する[37]。 他の第二水雷戦隊各艦に被害はなかったが[324]、軽巡「阿賀野」(第十戦隊旗艦)が艦尾に被雷した[325][326]。他に「浦風」と「若月」が軽微の被害を受けた[325]

同日夕刻、第二水雷戦隊・第十戦隊各艦[注 11]はラバウルを出発、トラック泊地へむかった[328]。 二水戦の「時雨」と「白露」も既にトラック泊地へ帰投しており[329]、ラバウルに残る第二水雷戦隊は第31駆逐隊(大波、巻波、長波〈航行不能状態〉)となった[325][330]

南東方面部隊(南東方面艦隊)は麾下の外南洋部隊(第八艦隊)連合襲撃部隊を解消し、第二襲撃部隊を「襲撃部隊」と改称した[325]。襲撃部隊の指揮官は第三水雷戦隊司令官伊集院松治少将が務める[331]。11月20日時点の襲撃部隊は、軽巡「夕張[332]、駆逐艦(大波、巻波、天霧、文月皐月[注 12]水無月卯月夕凪秋風夕霧)という兵力であったが[325]、護衛任務や修理のためラバウル不在の艦もあった[334][335]。 11月19日、夕張艦長舟木守衛大佐の指揮下[309][334]、「夕張」と「巻波」はニューブリテン島北方のガロベ島英語版輸送作戦を実施した[336][337][338]

セント・ジョージ岬沖海戦[編集]

日本軍はアメリカ軍の次の目標をブーゲンビル島北西のブカ島とにらみ[339]、戦力強化のため第十七師団の一部をラバウルより輸送することとなった[340]1943年(昭和18年)11月21日、第31駆逐隊司令を指揮官とする第一回輸送部隊はラバウルを出撃する[341]。輸送部隊は警戒隊(大波、巻波)と、第11駆逐隊司令山代勝守大佐指揮下の輸送部隊(天霧、夕霧、卯月)という編成だった[342]。22日ブカ島に到着した[342][343]。 第一次輸送は、妨害を受けることなく成功した[344][345]

11月24日、第三水雷戦隊司令官伊集院松治少将の指揮下、第31駆逐隊司令香川清登大佐(司令駆逐艦「大波」)ひきいる日本軍駆逐艦部隊5隻は、ふたたびブカ島への第二次輸送作戦を実施する[346]。前回と同様、輸送隊(指揮官第11駆逐隊司令:天霧夕霧卯月)、警戒隊(指揮官第31駆逐隊司令:大波、巻波)という編成であった[347][334]。 13時30分、ラバウルを出撃した[344][345]。魚雷艇9隻と交戦して撃退(米軍側に被害なし)[347]。輸送隊はブカ島に兵員と物資を陸揚げし、代わりにラバウルに引き上げる海軍の航空要員600名を乗せて、22時45分にブカ島を離れた[348][349]

ラバウルに向けて航行中の11月25日午前0時[347]、日本軍輸送部隊はニューアイルランド島セント・ジョージ岬東方海上でアーレイ・バーク大佐率いる第23駆逐部隊英語版フレッチャー級駆逐艦5隻)にレーダー(SG一型水上レーダー)で捕捉される[350]。輸送隊に先行していた第31駆逐隊(二二号水上見張用レーダー装備)は先制魚雷攻撃を受けた(セント・ジョージ岬沖海戦[351]。駆逐艦オズボーン士官は「駆逐艦士官の夢が実現したような理想的な奇襲作戦だった」と記録している[346]。日本側は巡洋艦戦隊・駆逐艦戦隊・魚雷艇に襲撃されたと判断している[345][352]。 被雷した「大波」は轟沈[353]香川清登大佐(第31駆逐隊指令)と大波駆逐艦長吉川潔中佐は戦死した[39][75](2人とも少将に進級)[354][355][356]。 「巻波」は魚雷の命中により左側に20度傾斜する[347]。やがて接近してきたアメリカ軍の駆逐艦コンヴァース (USS Converse, DD-509) およびスペンス (USS Spence, DD-512) からの砲雷撃を受けた。「巻波」が何とか発射した反撃の魚雷1本はコンバースに命中したが、爆発しなかった[357]。コンバースからの魚雷5本を含めて乱打された「巻波」は未明1時ごろに沈没していった[347]。駆逐艦長人見豊治中佐を含め幹部と殆どの乗組員が戦死(約220名)[358]。 巻波の生存者29名[要出典](戦史叢書では28名)はカッターに乗り移り、ラバウル南西45浬地点に漂着、帰還する事ができた[359]。他に、米軍駆逐隊に追撃・捕捉された「夕霧」も沈没する[360][361]。輸送隊の「天霧」と「卯月」のみ生還した[347]


内地に帰投した「長波」が呉海軍工廠で修理中の1944年(昭和19年)2月10日[362]、 「巻波」と「大波」は帝国駆逐艦籍[363]、 夕雲型駆逐艦[364]のそれぞれから除籍された。また長波1隻のみとなっていた第31駆逐隊には、夕雲型駆逐艦3隻(沖波岸波朝霜)が編入され、同隊は定数4隻を回復した[365][366]

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 人見豊治 中佐:1942年6月30日[58] - 1942年8月18日[62]
駆逐艦長
  1. 人見豊治 中佐:1942年8月18日[62] - 1943年11月24日 戦死認定、同日付任海軍大佐[354]

参考文献[編集]

  • 池田清 『重巡摩耶 元乗組員が綴る栄光の軌跡』 学習研究社〈学研M文庫〉、2002年1月(原著1986年)。ISBN 4-05-901110-X。
  • 石渡幸二 「不滅の駆逐艦長吉川潔」『太平洋戦争の提督たち』 中央公論社〈中公文庫〉、1997年12月。ISBN 4-12-203014-5。
  • 伊藤正徳 「第五章 タサファロンガ海戦の勝利」『連合艦隊の栄光』 角川書店〈角川文庫〉、1974年7月。
  • 井上理二 『波濤の中の青春 駆逐艦磯風と三人の特年兵』 光人社〈光人社NF文庫〉、2011年10月(原著1999年)。ISBN 978-4-7698-2709-2。
  • 生出寿 『戦艦「大和」最後の艦長 海上修羅の指揮官新装版』 光人社〈光人社NF文庫〉、2011年11月。ISBN 9784-7698-2143-4。
  • 岡本孝太郎 『舞廠造機部の昭和史』 文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 亀井宏 『ガダルカナル戦記』第2巻、光人社〈光人社NF文庫〉、1994年4月。ISBN 4-7698-2043-7。
  • 亀井宏 『ガダルカナル戦記』第3巻、光人社〈光人社NF文庫〉、1994年6月。ISBN 4-7698-2049-6。
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年3月。
  • 木俣滋郎 『駆逐艦入門 水雷戦の花形徹底研究』 光人社〈光人社NF文庫〉、2006年7月。ISBN 4-7698-2217-0。
  • 木俣滋郎 「アメリカ重巡洋艦「ノーザンプトン」」『連合軍艦艇撃沈す 日本海軍が沈めた艦船21隻の航跡』 光人社〈光人社NF文庫〉、2013年8月。ISBN 978-4-7698-2794-8。
  • 木俣滋郎 『潜水艦攻撃 日本軍が撃沈破した連合軍潜水艦』 潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2016年5月(原著1989年)。ISBN 978-4-7698-2949-2。
  • 小林昌信ほか 『戦艦十二隻 国威の象徴"鋼鉄の浮城"の生々流転と戦場の咆哮』 光人社、2014年8月。ISBN 978-4-7698-1572-3。
    • 当時「金剛」砲術長・海軍中佐浮田信家『洋上の砲台「金剛」ソロモン海に突入せり 綿密な計算と猛訓練のもと実施されたガ島砲撃に参加した砲術長の回想
  • ノンフィクション作家佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 続篇 17人の艦長が語った勝者の条件』 光人社、1984年4月。ISBN 4-7698-0231-5。
    • (07-26頁)迫真の演技〈駆逐艦「長月」艦長・二ノ方兼文中佐の証言〉
    • (156-173頁)地の軍人〈潜水艦「伊二六」艦長・横田稔大佐の証言〉
    • (201-218頁)命令誤認〈砲艦「橋立」艦長・山代勝守大佐の証言〉
  • 佐藤清夫 『駆逐艦「野分」物語 若き航海長の太平洋海戦記』 光人社〈光人社NF文庫〉、2004年1月(原著1997年)。ISBN 4-7698-2408-4。
  • 駆逐艦「天霧」先任将校志賀博 「第二章 決死の眦」『海軍兵科将校』 光人社、1985年3月。ISBN 4-7698-0264-1。
  • 志賀博ほか 『駆逐艦物語 車引きを自称した駆逐艦乗りたちの心意気』 潮書房光人社、2016年4月。ISBN 978-4-7698-1615-7。
    • 当時「天霧」水雷長・海軍大尉志賀博『特型「天霧」「夕霧」セントジョージ岬沖海戦 恐るべしバーク戦法。ブカ輸送に殉じた夕雲型巻波、大波と夕霧の悲劇
  • 重本俊一(海軍兵学校70期) 「第四章 業火の海」『回天発進 わが出発は遂に訪れず』 光人社、1989年4月。ISBN 4-7698-0436-9。
  • 重本俊一(海軍少尉、親潮乗組) 『落日の日本艦隊 体験的連合艦隊始末記』 潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2014年7月。ISBN 978-4-7698-2841-9。
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8。
    • (21-39頁)当時「親潮」航海士・海軍少尉重本俊一『わが「親潮」ルンガ沖に突入せよ 米艦隊の真っ只中に殴り込んだ親潮、黒潮、陽炎のルンガ沖夜戦
    • (109-123頁)戦史研究家落合康夫『駆逐隊別「陽炎型駆逐艦」全作戦行動ダイアリィ 第四、第十五、第十六、第十七、第十八駆逐隊 太平洋奮迅録
    • (158-162頁)当時「早潮」分隊士・海軍少尉岡本辰蔵『快速輸送「早潮」兵員物資の積み降ろし秘法 命がけのネズミ輸送”東京急行”に従事した揚陸指揮官の苦心惨憺
    • (163-174頁)当時 四駆逐隊付・海軍少尉候補生戸田専一『乗艦「舞風」「萩風」ネズミ輸送の悲惨を語れ 駆逐艦の損傷相次ぎ風雲急を告げるソロモン戦線五ヵ月の体験
    • (255-342頁)戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 須藤幸助 『駆逐艦「五月雨」出撃す ソロモン海の火柱』 光人社〈光人社NF文庫〉、2010年1月(原著1956年)。ISBN 978-4-7698-2630-9。
    • 寺内正道ほか 『海軍駆逐隊 駆逐艦群の戦闘部隊編成と戦場の実相』 潮書房光人社、2015年9月。ISBN 978-47698-1601-0。
    • 当時「陽炎」信号員・海軍一等兵曹谷義保『十五駆逐隊「陽炎」ソロモン輸送航海記 黒潮、親潮、早潮の十五駆へ編入。最多ともいえる二十数回の決死行
  • 豊田穣 『雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦栄光の生涯』 光人社〈光人社NF文庫新装版〉、2004年11月(原著1983年)。ISBN 978-4-7698-2027-7。
  • 永井喜之・木俣滋郎 「第二次世界大戦/日本編 第8章 アメリカ重巡「ノーザンプトン」」『新戦史シリーズ 撃沈戦記』 朝日ソノラマ、1988年10月。ISBN 4-257-17208-8。
  • C・W・ニミッツ、E・B・ポッター 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 半藤一利 『ルンガ沖夜戦』41、朝日ソノラマ〈航空戦史シリーズ〉、1984年5月。ISBN 4-257-17041-7。
  • 原勝洋 「ガ島輸送隊の勝利・ルンガ沖夜戦 夕雲型・陽炎型・白露型駆逐艦」『猛き艨艟 太平洋戦争日本軍艦戦史』 文春文庫、2000年8月。ISBN 4-16-745602-8。
  • 文藝春秋編 「香取史郎(戦史研究家)「完勝・ルンガ沖夜戦」」『完本・太平洋戦争(上)』 文藝春秋、1991年12月。ISBN 4-16-345920-0。
    • (昭和36年3月6日「週刊文春」 原題「田中頼三少将の『全軍突撃セヨ』」)
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南太平洋陸軍作戦<3> ムンダ・サラモア』第40巻、朝雲新聞社、1970年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』第62巻、朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南東方面海軍作戦<2> ガ島撤収まで』第83巻、朝雲新聞社、1975年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南東方面海軍作戦<3> ガ島撤収後』第96巻、朝雲新聞社、1976年8月。
  • 写真 日本の軍艦 戦艦II 金剛・比叡・榛名・霧島 戦艦時代の夜明け』第2巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1989年8月。ISBN 4-7698-0452-0。
  • 『写真 日本の軍艦 重巡 I 妙高・足柄・那智・羽黒 巡洋艦の発達』第5巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1989年11月。ISBN 4-7698-0455-5。
  • 『写真 日本の軍艦 重巡 II 高雄・愛宕・鳥海・摩耶・古鷹・加古・青葉・衣笠』第6巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1989年12月。ISBN 4-7698-0456-3。
  • 写真 日本の軍艦 軽巡I 天龍型・球磨型・夕張・長良型』第8巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1990年3月。ISBN 4-7698-0458-X。
  • 写真 日本の軍艦 軽巡II 川内型・阿賀野型・大淀・香取型・砲艦』第9巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1990年4月。ISBN 4-7698-0459-8。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 山本平弥ほか 『秋月型駆逐艦<付・夕雲型・島風・丁型> 戦時に竣工した最新鋭駆逐艦の実力と全貌』 潮書房光人社、2015年3月。ISBN 978-4-7698-1584-6。
    • (178-192頁)当時「巻波」機関長・海軍大尉前田憲夫『南太平洋に奇跡を起こした「巻波」奮迅録 最新鋭夕雲型駆逐艦の機関長が体験したガ島輸送とルンガ沖夜戦
    • (193-206頁)当時「長波」機銃長・海軍二等兵曹初田太四郎『強運艦「長波」快心の中央突破四十八時間 三十一駆逐隊の巻波高波と共に戦った不屈の五ヶ月と秋月型照月の最後
    • (220-229頁)戦史研究家伊達久『夕雲型駆逐艦十九隻&島風の太平洋戦争』
  • 吉田俊雄 「第1部 第二水雷戦隊」『航空戦史シリーズ 波濤を越えて』 朝日ソノラマ、1985年6月。ISBN 4-257-17057-3。
  • 吉田俊雄 「ガ島輸送に任した最速艦―駆逐艦「長波」」『悲劇の軍艦 海軍魂を発揮した八隻の戦い』 光人社〈光人社NF文庫〉、2008年6月(原著1966年)。ISBN 978-4-7698-2361-2。
  • 歴史群像編集部編 『水雷戦隊II 陽炎型駆逐艦 究極の艦隊型駆逐艦が辿った栄光と悲劇の航跡』第19巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、1998年8月。
    • (143-158頁)戦闘ドキュメント 日本駆逐艦の奮戦 PATR1〔水雷戦隊かく戦えり〕/PART2〔ルンガ沖夜戦〕
    • (179-189頁)雨倉孝之「人物抄伝 太平洋の群像 駆逐隊司令・駆逐艦長列伝[ 2 ]」/(180-182頁)二階級特進の駆逐艦長吉川潔・(182-184頁)敢闘の駆逐艦長小倉正身
  • 歴史群像編集部編 『秋月型駆逐艦 対空戦に威力を発揮した空母直衛艦の勇姿』第23巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、1999年10月。ISBN 4-05-602063-9。
    • (158-168頁)文・作図=岡田幸和 特別企画1 損傷と応急対策『日本駆逐艦の戦闘被害調査 太平洋戦争で被害を受けた駆逐艦129隻の中から29隻を抽出し、魚雷・爆撃・砲撃・機雷の被害別に損傷を検証し応急対策等に言及する。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和16年7月~昭和16年12月達/10月(2)』。Ref.C12070111000。
    • 『昭和16年9月~10月内令3巻/昭和16年10月(3)』。Ref.C12070153500。
    • 『昭和17年1月~12月 達/達昭和17年1月』。Ref.C12070114100。
    • 『昭和17年1月~3月 内令1巻/昭和17年1月(3)』。Ref.C12070160600。
    • 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月(2)』。Ref.C12070164500。
    • 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月(4)』。Ref.C12070164700。
    • 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年10月(1)』。Ref.C12070165700。
    • 『昭和17年10月~12月 内令4巻止/昭和17年12月(4)』。Ref.C12070167000。
    • 『昭和18年1月~4月内令1巻/昭和18年1月(2)』。Ref.C12070175100。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年2月(4)』。Ref.C12070175600。
    • 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(4)』。Ref.C12070181400。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年2月(2)』。Ref.C12070194500。
    • 『昭和17年12月31日現在10版内令提要追録第12号原稿/巻3/第13類艦船(1)』。Ref.C13072013300。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030320700。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030320800。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(6)』。Ref.C08030320900。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(7)』。Ref.C08030321000。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030022500。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030022600。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030022700。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030022800。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年11月30日 呉防備戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030366600。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第3戦隊(5)』。Ref.C08030041400。
    • 『昭和17年9月11日~昭和18年11月30日 第3戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030041700。
    • 『昭和17年10月5日~昭和17年10月14日 挺身攻撃隊記録(第3戦隊.金剛.榛名のガ島飛行場砲撃)』。Ref.C08030723100。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年11月30日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030044000。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年11月30日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030044100。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年11月30日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030044200。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030097200。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030097300。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030097400。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030097500。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030097600。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030097700。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030097800。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030098800。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030098900。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030099000。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030099100。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030099200。
    • 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(1)』。Ref.C08030099500。
    • 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(2)』。Ref.C08030099600。
    • 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(3)』。Ref.C08030099700。
    • 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(4)』。Ref.C08030099800。
    • 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(5)』。Ref.C08030099900。
    • 『昭和18年2月1日~昭和19年10月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030146300。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030100200。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030100300。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030100400。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030100500。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030100600。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030100700。
    • 『昭和17年1月12日~昭和19年1月1日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第8戦隊(5)』。Ref.C08030048600。
    • 『昭和18年8月1日~昭和18年11月30日 特設巡洋艦護国丸戦時日誌 南海守備隊輸送 丁2.4号輸送(2)』。Ref.C08030654000。
    • 『昭和18年8月1日~昭和18年11月30日 特設巡洋艦護国丸戦時日誌 南海守備隊輸送 丁2.4号輸送(3)』。Ref.C08030654100。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101000。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030101100。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030101200。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030101300。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030101400。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030101500。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030102000。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030102100。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106100。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106200。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106900。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年4月30日 佐伯防備隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030404800。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年11月2日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030044900。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年11月2日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030045000。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030353300。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030353400。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030354000。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030354200。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030354300。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030354400。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030354500。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030354600。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030354000。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030354200。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030354300。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030355900。
    • 『昭和18年5月1日~昭和18年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030356000。
    • 『昭和18年5月1日~昭和18年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030356100。
    • 『昭和18年6月1日~昭和18年6月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030356400。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030356500。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030356600。
    • 『昭和18年8月1日~昭和18年8月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030356900。
    • 『昭和18年9月1日~昭和18年9月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030357000。
    • 『昭和18年9月1日~昭和18年9月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030357100。
    • 『昭和18年10月1日~昭和18年10月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357200。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本側の指揮官は第31駆逐隊司令香川清登大佐(大波座乗)。警戒艦(大波、巻波)、輸送隊(天霧夕霧卯月)の計5隻でラバウルを出撃。
  2. ^ 当時の第二水雷戦隊司令官は田中頼三少将であった。二水戦の旗艦は軽巡洋艦神通だったが、第二次ソロモン海戦で中破[80]。二水戦旗艦は軽巡洋艦五十鈴[81]に交代した。
  3. ^ 9月8日時点での支援部隊軍隊区分より、前進部隊本隊編成[93] 第四戦隊(愛宕、高雄、摩耶)、第三戦隊(金剛、榛名)、第五戦隊(妙高、羽黒)、第八戦隊(利根、筑摩)、第二水雷戦隊(神通、第15駆逐隊〈黒潮、親潮、早潮〉、第31駆逐隊〈長波、巻波〉、第四水雷戦隊(由良、第2駆逐隊〈春雨、五月雨〉、第9駆逐隊〈朝雲、夏雲、峯雲〉)
  4. ^ 第二艦隊司令長官近藤信竹海軍中将は海兵35期。1942年9月時点での兵力部署においては、支援部隊指揮官と前進部隊指揮官を兼務する[96]。第二艦隊旗艦は、ほぼ一貫して重巡洋艦「愛宕」であった。
  5. ^ 第15駆逐隊所属の駆逐艦陽炎は、第二航空戦隊護衛のため別行動。
  6. ^ 第七戦隊(鈴谷)、摩耶、第二水雷戦隊、第10駆逐隊。
  7. ^ 1943年1月20日、南東方面部隊に長月、文月、皐月、川内、白雪を編入。これ以降、第10駆逐隊、第16駆逐隊、第17駆逐隊を編入した。
  8. ^ 第31駆逐隊は分散配置されていた[209]。「巻波」はガ島撤収作戦従事、「大波」は前進部隊として陽動作戦に従事、「長波」はトラック泊地で修理中だった[210]
  9. ^ 7月20日再編後の第二水雷戦隊所属艦は[270]、軽巡洋艦長良[271]、白露型駆逐艦(五月雨春雨)、第24駆逐隊(涼風海風江風)、第27駆逐隊(時雨白露夕暮有明)、第31駆逐隊(清波、大波、長波、巻波)、島風型(島風
  10. ^ 長波は北方部隊に編入され、第一水雷戦隊司令官木村昌福少将の指揮下でキスカ島撤退作戦に従事[276]。作戦終了後、8月7日に舞鶴到着。
  11. ^ 第十戦隊の阿賀野と浦風が先発。軽巡能代と指揮下駆逐艦(早波、藤波、五月雨、風雲若月)は重巡「摩耶」と潜水母艦「長鯨」を護衛する[327]
  12. ^ 『戦史叢書96巻』415頁の襲撃部隊編成には皐月を記載していないが、第三水雷戦隊戦時日誌には記載されている[333]

出典[編集]

  1. ^ a b #S1612舞鎮日誌(1)p.10『(2)新造艦船工事 夕雲ハ十二月五日竣工引渡ヲ了シ又巻波ハ十二月二十七日豫定通進水セリ』
  2. ^ a b #達昭和16年10月(2)p.11『達第三百二十八號 昭和十五年度及昭和十六年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦二隻、潜水艦一隻及駆潜艇一隻ニ左ノ通命名ス|昭和十六年十月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|三菱重工業株式會社長崎造船所ニ於テ建造 一等驅逐艦 照月(テルヅキ)|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 一等驅逐艦 巻波(マキナミ)|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 伊號第四十七潜水艦|株式會社播磨造船所ニ於テ建造 第二十九號駆潜艇』
  3. ^ a b c 半藤、ルンガ沖夜戦 1984, pp. 258-259○巻波(まきなみ)
  4. ^ #昭和17年12月31日艦艇類別等級表p.4『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|夕雲型|夕雲、巻雲、風雲、長波、巻波、高波、大波、清波、玉波、濱波』
  5. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94a「巻波(まきなみ)」
  6. ^ a b c 山本ほか、夕雲型 2015, p. 223a巻波(まきなみ)
  7. ^ a b 山本ほか、夕雲型 2015, p. 222長波(ながなみ)
  8. ^ a b #内令昭和17年8月(4)、p.11〔内令第千六百二十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年八月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第三十一驅逐隊|長波、巻波| 〕
  9. ^ #S17.07呉防戦日誌(3)p.8『(ハ)九月六日 待機部隊(3S 31dg)出撃』
  10. ^ a b #S1709二水戦日誌(2)p.59『六(天候略)六.一七〇〇31dg(3Sト共ニ)「トラック」ニ向ケ豊後水道出撃』
  11. ^ a b 山本ほか、夕雲型 2015, p. 223b高波(たかなみ)
  12. ^ a b #内令昭和17年10月(1)、pp.1-2〔 内令第千八百二十四号 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十驅逐隊ノ項ヲ削ル 第三十驅逐隊ノ項中「睦月」ヲ削ル 第三十一驅逐隊ノ項中「巻波」ノ下ニ「、高波」ヲ加フ 〕
  13. ^ a b 昭和17年12月18日(金)海軍公報(部内限)第4270号 p.49』 アジア歴史資料センター Ref.C12070423900 『○司令驅逐艦指定 第三十一驅逐隊司令ハ十月一日司令驅逐艦ヲ高波ニ指定セリ』
  14. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 208-211第三戦隊のガ島飛行場射撃
  15. ^ 戦史叢書83 1975, p. 211-213進撃
  16. ^ a b #S1709二水戦日誌(5)p.5『(四)24dg  自十月十一日至十月三十一日 前進部隊挺身攻撃隊トシテ「ガ」島砲撃作戦竝ニ「ガ」島敵増援部隊敵艦隊ノ補足撃滅作戦ニ従事』
  17. ^ a b #S1711二水戦日誌(4)p.7『(四)十一月六日外南洋部隊電令作第218號ニ依リ2sdハ増援部隊ニ編入、4sd(d×4)8dg(d×1缺)望月當隊ノ指揮下ニ入ル』
  18. ^ 落日の日本艦隊 2014, p. 172ハ 第二次挺身輸送船団
  19. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 380.
  20. ^ a b 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94b「高波(たかなみ)」
  21. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 147a〔ルンガ沖夜戦〕
  22. ^ 落日の日本艦隊 2014, p. 173ルンガ沖夜戦
  23. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 536.
  24. ^ a b 歴群23、秋月型 1999, p. 164a「巻波」(夕雲型)、2077トン
  25. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 558a-561実施
  26. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 147b〔奇跡のガ島撤退〕
  27. ^ a b c d 歴群23、秋月型 1999, p. 164b.
  28. ^ a b #S1801二水戦日誌(5)p.6『四月一五日 同二二日|巻波|間宮 總洋丸|「トラツク」→内海西部』
  29. ^ a b #1804舞鎮日誌p.6『(a)損傷復舊工事 霞不知火初春 何レモ豫定通工事進捗中/巻波 二十四日入港復舊工事ニ着手』
  30. ^ a b 昭和18年5月21日(発令5月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1021号 p.46』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091000 
  31. ^ a b 昭和18年9月10日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1211号 p.15人見免職、p.16飛田補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092900 
  32. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.7『(2)第三十一驅逐隊(略)巻波=舞鶴ニ在リテ修理整備中ノ所十五日完成同日附YBヨリ除カレGF電令作第三九九號ニ依リ丁二號輸送部隊ニ編入(GF附属)舞鶴發途中清澄丸ヲ合同護衛十九日呉淞着二十四日同部隊護衛「トラツク」ニ向ケ上海發』
  33. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.74『二(天候略)巻波〇八〇〇「トラック」着一六〇〇「トラック」発|五月雨敵巡洋艦戰隊ヲ発見セルモ交戰セズ任務終了帰途ニ就ク/巻波丁二号輸送部隊ヲ護衛「トラック」着補給終了後「ラバウル」ニ向ケ「トラツク」発』
  34. ^ a b 戦史叢書62 1973, pp. 436-438第十七師団の南東方面への派遣
  35. ^ a b 戦史叢書62 1973, pp. 418-419聯合艦隊決戦兵力のブラウン進出
  36. ^ a b 戦史叢書62 1973, pp. 424-425第一航空戦隊の飛行機隊のラバウル進出
  37. ^ a b #S1806二水戦日誌(6)pp.44-45『0930|(司令)31dg→(司令官)31dg機密第110845番電 大波異状ナシ長波爆撃ノ爲推進器脱落航行不能 大波ハ之ヲ曳航作業中位置中位岬ノ東一浬』-『1130|(司令)31dg→(長官)NTF(司令官)2sd 大波曳航作業中右舷推進器ニ「ワイヤー」搦ミタルニツキ巻波ヲシテ長波ヲ曳航セシメ大波ハ湾内ニテ故障復舊ニ力メシム 「スコール」晴レ視界良好各艦逐次港内錨地ニ至リ漂泊對空警戒ヲ厳ニス』
  38. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 150〔セント・ジョージ岬沖海戦〕
  39. ^ a b c 太平洋戦争の提督たち 1997, pp. 161-162.
  40. ^ a b 山本ほか、夕雲型 2015, p. 223c大波(おおなみ)
  41. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, pp. 280-281夕霧(ゆうぎり)
  42. ^ 日本駆逐艦物語、289頁「日本海軍駆逐艦艦名一覧/巻波」
  43. ^ #内令昭和16年10月(3)、p.37〔内令第千二百八十三號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十六年十月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|驅逐艦、一等夕雲型ノ項中「風雲」ノ下ニ「、巻波」ヲ加ヘ、同秋月型ノ項中「秋月」ノ下ニ「、照月」ヲ加フ(以下略)〕
  44. ^ 舞廠造機部 2014, p. 186帝国海軍駆逐艦・水雷艇建造小史(15)
  45. ^ #S1612舞鎮日誌(1)p.76『二七|気象(天候)雨(温度)八.二(視界粁)四|一〇〇〇巻波進水(略)驅逐艦巻波進水式』
  46. ^ #内令昭和16年12月(4)pp.20-21『内令第千七百五十三號 驅逐艦 巻波 右本籍ヲ舞鶴鎮守府ト定メラル 昭和十六年十二月二十七日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  47. ^ #S1706舞鎮日誌pp.8-9『(1)新造艦船工事 前月ニ引續キ秋月、巻波及初月ノ艤装工事竝ニ島風、第三四〇號艦及第三百四十一號艦ノ建造工事ハ概ネ順當ニ進捗シツツアリシモ秋月砲熕公試ノ結果不具合ノ點アリ完成期ヲ六月十日ニ變更セル處尚俯角制限装置機構手直ヲ要スル爲更ニ六月十九日迄完成期ヲ延期セラレタル處作戰ノ関係上砲熕機能試験ヲ省略シ六月十一日引渡ノコトニ大臣ヨリ指令アリタルニ付任務ニ差支ナキ程度ニ整備ノ上十一日竣工引渡ヲ了ス』
  48. ^ #S1704舞鎮日誌(1)p.9『(1)新造艦船工事 秋月、巻波及初月(四月三日進水)ノ艤装工事竝ニ第百二十五號及第三百四十號艦ノ建造工事ハ共ニ概ネ順當ニ進捗シツツアリ』
  49. ^ a b #S1708舞鎮日誌p.5『(1)新造艦船工事 前月ニ引續キ巻波 初月 島風ノ艤装工事、第三四〇號 第三四一號艦ノ建造工事及本月五日起工セル第三四二號艦建造工事ハ何レモ順當ニ進捗シ巻波ハ十八日完成引渡シヲ了セリ』
  50. ^ a b #S1707舞鎮日誌(1)pp.6-7『(1)新造艦船工事 艤装中ノ巻波及初月工事ハ概ネ順調ニ進捗シツツアリシモ巻波ハ十五日第三回豫行運轉中罐管破裂ヲ生ジ之ガ換装ノ爲完成期日三日ノ延期(八月十八日)ヲ具申極力完成ヲ急ギツツアリ/又起工中ノ島風ハ豫定通七月十八日進水ヲ了シ其ノ後艤装工事概ネ順調ニ進捗中ナリ/第三四〇、第三四一號艦工事モ同様順調ニ進捗シツツアリ』
  51. ^ #S1707舞鎮日誌(1)p.7『(3)其ノ他ノ工事』
  52. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 218-221ミッドウェー海戦の前後
  53. ^ 昭和6年12月2日(水)官報第1478号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ13人見補職
  54. ^ a b 昭和9年11月16日(金)官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ11人見補職
  55. ^ 昭和14年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第391号 p.22人見補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  56. ^ a b 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.13人見補職、p.18末永直二(補村雨艦長)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  57. ^ a b c 大正11年6月2日(金)官報第2949号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ14人見補少尉候補生〈58下段〉・隈部傳・吉川補少尉候補生〈59上段〉、有馬時吉補少尉候補生〈59中段〉
  58. ^ a b 昭和17年6月30日(発令6月30日付)海軍辞令公報(部内限)第891号 p.33』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085900 
  59. ^ 昭和17年7月15日(水)海軍公報(部内限)第4142号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C12070413300 『○事務所設置 巻波艤装員事務所ヲ六月三十日舞鶴海軍工廠内ニ設置シ事務ヲ開始セリ』
  60. ^ #S1708舞鎮日誌p.67『一八|気象(天候)雨(気温)二六.六(視界粁)十粁|一五〇〇巻波竣工引渡完了警備驅逐艦ト定メラル(略)工廠工事 驅逐艦巻波新造工事竣工』
  61. ^ 昭和17年8月27日(木)海軍公報(部内限)第4179号 p.36』 アジア歴史資料センター Ref.C12070422300 『○事務所撤去 驅逐艦巻波艤装員事務所ヲ八月十八日撤去セリ』
  62. ^ a b c 昭和17年8月20日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第925号 p.41』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086600 
  63. ^ #内令昭和17年8月(2)、p.45〔内令第千五百三十八號 舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 巻波 右警備驅逐艦ト定メラル 昭和十七年八月十八日 海軍大臣 嶋田繁太郎〕
  64. ^ #S1708横鎮日誌(4)p.3『十八日一九〇二海軍大臣(宛略)官房機密第一八一九〇二一六番電 十八日附巻波ヲ警備驅逐艦ト定メラル』
  65. ^ #S1708舞鎮日誌p.68『二〇|気象(天候)晴(気温)二五.四(視界粁)十粁|一五二五巻波横須賀ニ向ケ舞鶴發』
  66. ^ #S1708横鎮日誌(4)p.9『二十日一五〇〇巻波艦長(宛略)一五〇〇呉ニ向ケ舞鶴發』
  67. ^ #S1708横鎮日誌(4)p.16『二十一日一八〇〇巻波艦長(宛略)一八〇〇呉着』
  68. ^ #S1708横鎮日誌(4)p.3『十八日一八〇〇巻波艦長(宛略)本艦二十日一五〇〇舞鶴發二十一日夕刻呉着魚雷搭載ノ上同地發二十五日午後横須賀着ノ予定』
  69. ^ #S1708横鎮日誌(5)pp.26-28『(イ)部下艦船部隊(特設ヲ含ム)ノ行動』
  70. ^ #S1708横鎮日誌(5)p.6『二十七日一一四七聯合艦隊参謀長(宛略)第三十一驅逐隊ハ特令スル迄桂島ニ回航二航戰司令官ノ指揮ヲ受ケシメラレ度』
  71. ^ #S1708横鎮日誌(5)p.20『三十一日〇九〇〇巻波艦長(宛略)〇八〇〇呉着』
  72. ^ 日本駆逐艦物語289頁「日本海軍駆逐艦艦名一覧/高波」
  73. ^ #S1708横鎮日誌(5)p.20『三十一日一〇三〇高波艦長(宛略)本艦本日一〇三〇引渡終了』
  74. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94c「長波(ながなみ)」
  75. ^ a b c 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 182.
  76. ^ a b 大正7年11月22日 官報第1892号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ3香川補少尉候補生〈445下段〉、コマ4清水(旧姓吉富)補少尉候補生〈446上段〉
  77. ^ 昭和17年8月31日(発令8月31日付)海軍辞令公報(部内限)第931号 p.21』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086700 
  78. ^ #S1708横鎮日誌(5)p.20『三十一日〇九〇〇海軍大臣〇〇一一海軍大臣(宛略)三十一日附驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 一.三十驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ 三十一驅逐隊 長波巻波/二.七潜水隊ノ項ニ「伊號第七」ヲ加フ』
  79. ^ #S1709二水戦日誌(1)p.6『(ロ)九月中ノ2sd艦隊區分』
  80. ^ a b c 写真日本の軍艦9巻、37頁「軽巡洋艦『川内、神通、那珂』行動年表 ◆神通◆」
  81. ^ a b 写真日本の軍艦8巻、175-176頁「軽巡洋艦『長良・五十鈴・名取』行動年表 ◆五十鈴◆」
  82. ^ #S1709二水戦日誌(1)p.3『(一)(略)九月二十五日附神通呉鎮部隊ニ、五十鈴2sdニ夫々編入/九月二十六日旗艦ヲ神通ヨリ五十鈴ニ變更』
  83. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 84.
  84. ^ #S1701三戦隊日誌(5)pp.4-5『(ハ)當隊ノ情況(一)前月来前進部隊主隊ニ編入セラレアリシ処八月十日附前進部隊待機部隊(指揮官3S司令官、兵力3S〈三十一日31dgヲ編入〉)ニ編入セラレ内海西部ニ在リテ訓練竝ニ整備ニ從事スルコトトナレリ』
  85. ^ #S1709二水戦日誌(1)pp.4-5『(四)31dg自九月一日至九月六日内海西部ニ在リテ待機訓練ニ從事九月六日3Sト共ニ「トラック」ニ進出』
  86. ^ #S17.07呉防戦日誌(3)pp.35-36『九月六日〕
  87. ^ 明治43年07月19日 官報第8122号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4栗田補少尉候補生〈419上段〉
  88. ^ a b 写真日本の軍艦2巻、38-39頁「戦艦『金剛』行動年表」
  89. ^ a b 写真日本の軍艦2巻、168-169頁「戦艦『榛名』行動年表」
  90. ^ #S1701三戦隊日誌(5)p.18『(3)九月六日呉発伊予灘ニ於テ當隊及第三十一駆逐隊ノ第一類教練作業ヲ実施順調ニ經過シ夕刻豊後水道ヲ出撃「トラック」ニ向ヘリ』
  91. ^ 木俣『日本戦艦戦史』173ページ
  92. ^ #S1701三戦隊日誌(5)p.19『(4)九月十日「トラック」着直ニ補給ヲ実施シ又聯合艦隊司令部ニ於テ打合ヲ行ヒ戦況ヲ聴取シ令達其ノ他ヲ受領セリ』
  93. ^ 『戦史叢書83』85-86頁の軍隊区分表より。
  94. ^ #S1709二水戦日誌(2)p.66『一一(天候略)三.〇五〇〇3S 31dg「トラック」出撃AdBニ向ケ追及』
  95. ^ #S1701三戦隊日誌(5)p.19『(5)當隊ハ八日附前進部隊本隊ニ編入セラレ十日「トラック」ヲ出港セシ本隊ニ追及及合同ヲ命ゼラレシヲ以テ第三十一駆逐隊ト共ニ 十一日「トラック」発十三日夕刻本隊ニ合同セリ』
  96. ^ 『戦史叢書83』85-86頁の軍隊区分表より。
  97. ^ 戦史叢書83 1975, p. 117.
  98. ^ #S1701三戦隊日誌(5)、p.19「(5)當隊ハ八日附前進部隊本隊ニ編入セラレ十日「トラック」ヲ出港セシ本隊ニ追及及合同ヲ命ゼラレシヲ以テ第三十一駆逐隊ト共ニ 十一日「トラック」発十三日夕刻本隊ニ合同セリ」
  99. ^ #S1709二水戦日誌(3)p.5『自九月十一日至九月二十三日|31dg|九月十一日3Sノ直衛トシテ「トラック」出撃九月十三日一五〇〇前進部隊本隊ニ合同ス』
  100. ^ 戦史叢書62 1973, pp. 189-190第二師団の「ガ」島飛行場総攻撃の失敗
  101. ^ 戦史叢書83 1975, p. 143.
  102. ^ #S1709二水戦日誌(1)p.5『(四)31dg(略)自九月二十三日至九月三十日「トラック」ニ在リテ時期作戰準備竝ニ待機主要艦船護衛及應急警戒艦トシテ泊地警戒任務ニ從事』
  103. ^ #S1706五戦隊日誌(3)p.6『(二)二十九日〇七〇〇羽黒修理工事ノ爲佐世保ニ向ケ出港ス』
  104. ^ 写真日本の軍艦5巻、234頁「重巡洋艦『羽黒』行動年表」
  105. ^ #S1709二水戦日誌(2)p.53『巻波駆艦長(宛略)一二〇〇羽黒ノ護衛ヲ止メ一六〇〇北水道應急出動艦錨地ニ投錨明日長波ト任務ヲ交代ス異状ナシ』・同戦時日誌、pp.83-84『二十九(天候略)(略)二.〇六三〇巻波羽黒ヲ護衛シ「トラック」發(略)六.一六〇〇巻波護衛任務終了「トラック」着』
  106. ^ 写真日本の軍艦6巻、37頁「重巡洋艦『高雄・愛宕』行動年表 ◇愛宕◇」
  107. ^ a b c 大正2年12月20日 官報第420号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ3田中(旧姓本間)頼三補少尉候補生・橋本信太郎補海軍少尉候補生・高間完補少尉候補生
  108. ^ 落日の日本艦隊 2014, pp. 163-165挺身射撃隊と挺身輸送船団
  109. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 211-212進撃
  110. ^ 写真日本の軍艦2巻、168-169頁「ガ島砲撃と零式弾」
  111. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 213-214射撃の実施
  112. ^ #S1706五戦隊日誌(4)pp.6-7『(四)(略)一一三〇ニ至リ揚陸中ノ味方輸送船団敵機ノ集中攻撃ヲ受ケツツアルノ情況ニ鑑ミ「ガダルカナル」飛行場制圧ノ要更ニ切ナルモノアリ 一二三〇前進部隊信令第二四一號ニ依リ5S(羽黒欠)摩耶2sd(15dg欠)ヲ率ヰ「ガ」島攻撃隊トシテ前進部隊本隊ヨリ分離急速「ガダルカナル」ニ侵入同夜同飛行場及同辺陣地ニ猛撃ヲ加エ北上ス 味方輸送船団ハ夕刻揚陸ヲ打切リ「ショートランド」ニ避退セリ』
  113. ^ 写真日本の軍艦5巻、44-45頁「重巡洋艦『妙高』行動年表」
  114. ^ 写真日本の軍艦6巻、109頁「重巡洋艦『摩耶』行動年表」
  115. ^ 戦史叢書83 1975, p. 222a第五戦隊の飛行場射撃
  116. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 226-229前進部隊の作戦
  117. ^ 落日の日本艦隊 2014, p. 166.
  118. ^ 重巡摩耶 2002, pp. 150-152.
  119. ^ 戦史叢書83 1975, p. 222b.
  120. ^ 『第二水雷戦隊戦闘詳報』pp.73
  121. ^ 戦史叢書83 1975, p. 232-233.
  122. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 273-275支援部隊の編制
  123. ^ 戦史叢書83 1975, p. 306.
  124. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 325-327兵力の再編制
  125. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 349.
  126. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 350-351七日の輸送
  127. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 351.
  128. ^ #S1709二水戦日誌(5)pp.15-16『15dg司令(宛略)戦斗概報 一.15dg(黒潮缺)31dg24dg10dg(巻雲秋雲缺)は「ガ」島ヘ糧食輸送ノ爲六日2300「ショートランド」出撃迂回航路ヲトル 當時雲量10雲高低ク濃密ナル「スコール」屢〃アリシモ0810 B-17一機次デ1310敵艦爆二機ノ触接ヲ受ケ1530地点「ケミヌ46」ニ於テ敵中小型機二〇數機来襲セリ上空直衛中ノ味方水上機一〇機ト協力1610撃退セリ 被害長波下士官兵戦死3重傷7(陸兵1)一番砲塔旋回機電路2粁信號灯2號発電機故障18及23番重油「タンク」貫通漏洩全力發揮差支ナシ 高波軽傷1/二.「タサハロング」揚陸隊ハ2045泊地ニ進入小發ノ故障多ク約八割揚陸傷病者90及陸軍便乗者76収容0020皈途ニ就ク 「エスペランス」ハ全部揚陸2100ヨリ敵機二常ニ泊地附近上空ニ在リシモ天候極メテ不良ノ爲發見サレズ』
  129. ^ 戦史叢書83 1975, p. 353a十日の輸送
  130. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 353b.
  131. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 353-354七 第二次船団輸送と第三次ソロモン海戦/聯合艦隊の船団輸送命令と各部隊作戦準備
  132. ^ 落日の日本艦隊 2014, p. 167第三次ソロモン海戦
  133. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 379-381第二次輸送船団の被爆
  134. ^ 山本ほか、夕雲型 2015, pp. 186-189苦肉の策だった東京急行
  135. ^ #S1711二水戦日誌(1)pp.22-23『十五日2255増援部隊指揮官(宛略)戦斗概報第一號 一.増援部隊(黒潮缺)十二日1530船団(十一隻)ヲ護衛「ショートランド」出撃Z日ヲ十四ニ改メラレタルヲ以テ十三日0300反転一旦「ショートランド」ニ皈着1030親潮巻波2地点「ケナホ31」ニ於テ飛行機誘導ノ下敵潜ニ對シ共同爆雷攻撃ヲ行フ効果不明同日1530再出撃十四日0555ヨリ1530迄ノ間ニ敵艦爆69雷撃機7戦斗機8B-17 22計106機ノ銃雷爆撃(内大集団爆撃二回)ヲ受ケ輸送船4隻火災1隻傾斜(雷撃)佐渡丸航行ノ自由ヲ失ヒシヲ以テ駆逐艦7隻ヲシテ各乗員及陸兵ヲ救助天霧望月佐渡丸ヲ嚮導「ショートランド」ニ回航セシメ爾後ノ輸送船4隻ヲ護衛「ガ」島ニ航進中敵巡4駆逐艦2同方面北上中ノ報ニ接シ一時船団ヲ北西方ニ避退セシメタルモ1615再ビ反転「ガ」島ニ向フ 1730敵部隊「サボ」島西方ニ向ケ国情中ナルヲ知リ船團ヲ北東方ヨリ4Sノ行動ニ續行入泊セシムル如ク行動2200頃「サボ」島附近ニ於テ彼我交戦中命ニ依リ船団ハ一時北方ニ避退戦斗終了後更ニ反転0200船団(四隻)ヲ「タサハロング」ニ擱座揚陸セシメ0230駆逐艦9隻ヲ率ヒ北方ニ避退セリ/二.夜戦ニ関シテハ戦斗速報ノ通/三.戦果 親潮高波巻波各敵機1ヲ撃墜 親潮敵戦艦(「ノースカロライナ」型)ニ魚雷1命中我ニ被害ナシ』
  136. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 397-398第二次輸送船団の壊滅
  137. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 398.
  138. ^ 落日の日本艦隊 2014, pp. 173-174ドラム缶による米麦輸送
  139. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 429a-430ムンダ輸送開始
  140. ^ 戦史叢書83 1975, p. 429b.
  141. ^ a b c d 戦史叢書83 1975, p. 430.
  142. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.21『巻波羽風神威丸外二隻|一一-二五|第二次「ムンダ」輸送ヲ完了ス』
  143. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 431-432ドラム罐輸送計画
  144. ^ 連合軍艦艇撃沈す 2013, pp. 120-122"東京急行"をたたけ!
  145. ^ #S1711二水戦日誌(3)p.49『「ルンガ」沖夜戰合戰圖(縮尺十萬分ノ一)』
  146. ^ ニミッツ 1962, pp. 141-143タッサファロンガ海戦
  147. ^ 連合軍艦艇撃沈す 2013, pp. 123-125必殺魚雷の勝利
  148. ^ 木俣『日本水雷戦史』244ページ
  149. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 183.
  150. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 437-440米艦隊の戦闘
  151. ^ 戦史叢書83 1975, p. 440.
  152. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.22『2sd(早潮缺)|一一-三〇|RXNニ「ドラム」罐輸送ノ為進撃中「タサハロング」沖ニ於テ敵B×1 C×4 d×12ト交戦B×1(ワシントン型)C×1(オーガスタ型)轟沈、d×2撃沈、c×1 d×2大破 我高波沈没ス』
  153. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 184.
  154. ^ 昭和18年10月16日(発令昭和17年11月30日付)海軍辞令公報(部内限)第1241号 p.35』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  155. ^ #内令昭和17年12月分(4)、p.29〔内令第二千三百七十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十二月二十四日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第十五驅逐隊ノ項中「早潮、」ヲ削ル|第三十一驅逐隊ノ項中「、高波」ヲ削ル 〕
  156. ^ 大和最後の艦長 2011, p. 199.
  157. ^ 野分物語 2004, pp. 39-40.
  158. ^ 戦史叢書83 1975, p. 440a十二月三日
  159. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)p.6『第二次「ガ」島輸送|2sd司令官|15dg(親潮黒潮陽炎)、31dg(巻波長波)、24dg(江風涼風)、4dg(嵐野分)、夕暮|三日|巻波空爆ニ依リ損傷』
  160. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.59『長波夕暮 15dg 4dg(舞風萩風缺) 24dg(海風缺)|一二-三|第二次「ドラム」罐輸送ヲ實施シ揚陸「ドラム」罐數約三一〇(地点タサファロング、セギラウ)戰果撃墜一〇機被害未皈還零観五 巻波死傷二十数名小破』
  161. ^ 戦史叢書83 1975, p. 440b.
  162. ^ a b #S1712外南洋部隊詳報(2)p.4『(ニ)第三十一驅逐隊 自一日至十三日「ショートランド」ヲ基地トシ第二次(三日四日)第三時(七日八日)第四次(十一日十二日)「ガ」島輸送ニ從事 但シ巻波ハ「八日」ラバウル回航修理 自十四日至三十一日「ラバウル」ヲ基地トシ第一回第一次(自十五日至十八日)「ムンダ」輸送ニ從事 巻波ハ第二回第一次(自二十日至二十二日)「ムンダ」輸送ニ從事』
  163. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)p.15『八(略)一.〇五三〇巻波ラバウル着修理ニ從事』
  164. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)p.6『第一回第一次「ムンダ」輸送|司令官2sd|15dg(d×3)17dg(谷風)31dg(d×2)|十六日』
  165. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.61『天霧夕霧|一二-一三「レカタ」増援輸送ヲ實施ス|長波巻波15dg(親潮黒潮陽炎)17dg(谷風)|「ムンダ」輸送艦陸兵親潮二〇〇谷風二一〇基地二二〇陸軍二〇粍機銃四「ドラム」罐二〇』
  166. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 453第一回輸送
  167. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)pp.19-20『一六(略)四.二〇四〇敵機六來襲輸送隊ニ銃爆撃ヲ加ヘ陽炎戰死二軽傷三船体一部小損』
  168. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.62『17dg(浜風磯風)巻波陽炎|一二-二一|第二回第一次「ムンダ」輸送ヲ實施ス』
  169. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)p.6『第二回第一次「ムンダ」輸送|(司令)17dg|17dg(谷風浦風)巻波陽炎|二十一日』
  170. ^ 戦史叢書83 1975, p. 454第二回輸送
  171. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.63『江風涼風巻波陽炎 哨二|一二-二七|駆逐艦支援ノ下ニ哨二號「エスペランス」ニ擱座決行急速糧食ノ揚陸ヲ計画セシ所NTF信電令作第五號ニ依リ中止セラル』
  172. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)p.27『二七(天候略)一.〇一〇〇哨二擱座揚陸ノ支援隊〔24dg(江風涼風)巻波陽炎〕ラバウル發 哨二ノ揚陸延期トナリタル爲一三三〇ショートランド入泊(略)』
  173. ^ #S1712外南洋部隊詳報(2)p.7『四.二水戰各隊(艦)行動要覧(斜線部航海)』・同戦闘詳報、pp.27-28『二七(天候略)二.〇三三〇24dg(江風涼風)巻波陽炎ショートランド發航路上敵潜掃蕩ヲ實施シツツ一八三〇ラバウル着(略)』
  174. ^ 昭和17年12月31日(発令12月29日付)海軍辞令公報(部内限)第1022号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088700 
  175. ^ a b 大正3年12月21日 官報第717号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ5伊崎俊二(補少尉候補生)〈520下段〉、小柳冨次(補少尉候補生)〈521下段〉
  176. ^ #外南洋増援部隊日誌(2)S1712p.28『小柳司令官着任、田中前司令官退隊』
  177. ^ 半藤、ルンガ沖夜戦 1984, pp. 235-236.
  178. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 510-512一月二日
  179. ^ a b c d e 戦史叢書83 1975, pp. 511-512.
  180. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.8『第五次「ガ」島輸送|二日三日|2sd司令部 15dg(親潮黒潮陽炎)31dg(長波巻波)24dg(江風涼風)磯波電荒潮|涼風空爆至近弾ニ依リ中破』
  181. ^ #S1801二水戦日誌(2)p.18『三.軍隊区分』
  182. ^ #S1801二水戦日誌(2)pp.28-29『3日1225増援部隊指揮官→8F司令長官(略)|一.第五次ガ島輸送部隊2日1100ショートランド発1215地点ケトネ41ニ於テB-17五P-38五機ト交戦撃退1605地点ケヌフ14ニ於テ爆撃機戦斗機十数機ト交戦味方直衛戦斗機六機ト共ニ撃退涼風至近弾ニ依リ損傷電掩護ノ下ニショートランドニ回航セシム 輸送部隊2200エスペランス着警戒隊ヲ以テ魚雷艇約八隻ノ執拗ナル来襲ヲ阻止撃攘(一隻撃沈)シツツ揚陸作業強行ドラム缶540ゴム嚢250投入2230泊地発3日0800(涼風電ハ0630)ショートランド帰着(以下略)』
  183. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 512a-513一月十日
  184. ^ 佐藤、艦長たち続篇 1984, pp. 207-209徒労に帰した作戦
  185. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 512b.
  186. ^ #S1801二水戦日誌(1)pp.15-16『九(天候略)一.〇九〇〇8dg(大潮)一一〇〇16dg(初風時津風)「ショートランド」着 何レモ増援部隊編入/二.〇七三〇15dg(親潮陽炎)鶴見山陽丸ヲ護衛シ「ショートランド」發/三.一五〇〇第六次ガ」島輸送作戰打合/〇六一〇10S司令部「ラバウル」進出(旗艦秋月)』
  187. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 513.
  188. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.8『第六次「ガ」島輸送|十日十一日|2sd司令部 黒潮巻波24dg(江風)4dg(嵐)8dg(大潮荒潮)16dg(初風時津風)|初風魚雷艇ノ雷撃ヲ受ケ大破』
  189. ^ 歴群23、秋月型 1999, pp. 160-161「初風」(陽炎型)、2000トン
  190. ^ 大和最後の艦長 2011, p. 208.
  191. ^ #S1801二水戦日誌(2)p.40『輸送部隊ハ遠ク敵制空権下ニ進出シ敵水上部隊ノ出現ヲ厳戒シツツ既ニ泊地ニ潜入待機中ノ魚雷艇7隻及哨戒機2機ト交戦シ混戦中ノ輸送ヲ強行シテ前記ノ如キ成果ヲ収メ其ノ功績顕著ナリ。特ニ嵐(将旗4dg)、江風(将旗24dg)時津風ハ損傷艦初風ヲ護衛シ友軍機ノ協力ト相俟ッテ長途離脱ニ成功シ功績極メテ顕著ナリト認ム』
  192. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.4『(イ)第二水雷戰隊司令部 自一日至十一日「ショートランド」及「ラバウル」ヲ基地トシテ「ガ」島輸送作戰ノ指導ニ任ジ第五次(二日三日)第六次(十日十一日)「ガ」島輸送作戰ニ従事/十一日第十戰隊司令部ニ増援部隊指揮官ノ引繼ヲ了シ十二日「ショートランド」發十四日「トラック」着整備訓練次期作戰準備並ニ輸送船護衛等ノ指導ニ任ズ』
  193. ^ a b #S1801二水戦日誌(1)p.18『一一(天候略)一.〇六三〇秋月(司令官10S)「ショートランド」着/二.〇九一五黒潮8dg(大潮荒潮)巻波「ショートランド」着/三.一五三〇10S司令官ニ増援部隊指揮官ノ引継ヲ了ス/四.一五三五将旗ヲ長波ニ移揚/五.江風(司令24dg)巻波8dg(大潮荒潮)東部「ニューギニア」方面護衛隊ニ編入/六.一八三〇嵐江風初風時津風「ショートランド」皈着/七.一七〇〇8dg(大潮荒潮)巻波「ラバウル」ニ向ケ「ショートランド」發』
  194. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 514-516一月初頭のソロモン諸島方面防備状況
  195. ^ a b 戦史叢書83 1975, pp. 516-518兵力の増援
  196. ^ 写真日本の軍艦8巻176頁の行動年表では「1月20日第十六戦隊編入と記載」
  197. ^ #S1801二水戦日誌(1)pp.4-5『(ロ)五十鈴及神通 五十鈴ハ引續キ横須賀ニ於テ修理ニ従事十六日第十六戰隊ニ編入/神通同日第二水雷戰隊ニ編入呉ニ於テ修理ニ従事十八日呉發二十三日「トラック」着訓練並ニ次期作戰準備ニ従事』
  198. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94d「大波(おおなみ)」
  199. ^ #内令昭和18年1月(2)、p.25〔 内令第四十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年一月二十日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第三十一驅逐隊ノ項中「巻波」ノ下ニ「、大波」ヲ加フ 〕
  200. ^ #S1801二水戦日誌(1)pp.5-6『(二)第三十一驅逐隊 長波ハ自一日至十一日「ショートランド」方面ニ在リテ第五次(二日三日)「ガ」島輸送作戰ニ従事 十二日前進部隊ニ復皈同本隊ニ編入同日「ショートランド」發十四日「トラック」着整備竝ニ訓練ニ従事/巻波ハ第五次(二日三日)第六次(十日十一日)「ガ」島輸送作戰ニ従事後引續キ外南洋部隊ニ残留シ同方面作戰ニ従事/大波ハ二十日 三一驅ニ編入同日呉發二十五日「トラツク」着整備訓練並ニ次期作戰準備ニ従事』
  201. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 181.
  202. ^ a b 戦史叢書83 1975, pp. 518-519.
  203. ^ #S1709第八艦隊日誌(4)pp.36-37『一月十九日妙法丸(陸軍輸送船)東経156度20分南緯5度38分ニ於テ雷撃ヲ受ケ航行不能20日未明沈没、秋月右救援ノ途中東経156度20分南緯6度附近ニ於テ雷撃ヲ受ケ一時航行不能司令官以下負傷者十数名行方不明十数名』
  204. ^ a b 昭和18年1月25日(発令1月21日付)海軍辞令公報(部内限)第1040号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089500 
  205. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.7『(二)二十三日小柳司令官退隊長波将旗ヲ撤ス 三十日伊崎司令官着任神通ニ将旗ヲ掲グ/(三)旧司令官退隊ヨリ新司令官任迄神通艦長海軍大佐藤田俊造第二水雷戰隊司令官ノ職務ヲ代理ス』
  206. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 534a-536外南洋部隊兵力部署
  207. ^ 戦史叢書83 1975, p. 534b.
  208. ^ 写真日本の軍艦9巻、36頁「軽巡洋艦『川内、神通、那珂』行動年表 ◆川内◆」
  209. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.7『三.第二水雷戰隊各(隊)行動要覧(斜線部航海中)』
  210. ^ a b c d #S1801二水戦日誌(3)p.4『(ハ)第三十一驅逐隊 大波一月三十一日「トラック」發前進部隊警戒隊トシテ「ケ」號作戰ニ従事二月九日「トラック」皈着 十五日鳥海冲鷹ヲ護衛シ同地發二十日横須賀着修理ニ従事 二十八日萩風ト共ニ冲鷹ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ同地發/巻波 外南洋部隊増援部隊トシテ第一次「ガ」島撤収作戰ニ従事中爆弾命中損傷「ラバウル」ニテ修理ニ従事 九日前進部隊ニ復皈二十七日恵照丸ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ同地發/長波引續キ「トラック」ニ在リテ修理及訓練ニ従事/清波 二十五日附第三十一驅逐隊ニ編入二十七日海風ト共ニ盤谷丸西貢丸ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ横須賀發』
  211. ^ 佐藤、艦長たち続篇 1984, pp. 11-12餓島生存者の救出
  212. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 555-556五 増援部隊の撤収作戦
  213. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 556a-559第一次撤収(二月一日)
  214. ^ 大和最後の艦長 2011, p. 212.
  215. ^ 磯風、特年兵 2011, pp. 88-89.
  216. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 556b.
  217. ^ 豊田、雪風 2004, pp. 182-184.
  218. ^ 戦史叢書83 1975, pp. 557-558.
  219. ^ 戦史叢書83 1975, p. 558bショートランド泊地防空
  220. ^ a b c d 戦史叢書83 1975, p. 558c.
  221. ^ a b 木俣『日本水雷戦史』256ページ
  222. ^ a b c 戦史叢書83 1975, p. 559.
  223. ^ 戦史叢書83 1975, p. 561a-562ガ島の連合軍の作戦
  224. ^ #S1801二水戦日誌(3)pp.45-46『巻波駆艦長(宛略)一六一五地点ケハハ19ニ於テ敵機ノ攻撃ニ依リ一缶右舷ニ命中弾ヲ受ケ三兵員室一.二缶室満水二缶室機械舵(後部操舵)使用可能ナルモ各隔壁ニ強度ノ不安アルヲ以テ目下文月ニ曳航セラレ「ショートランド」ニ向ヒツツアリ通信装置全部及二番砲使用不能戰死傷者約四〇名ノ見込』
  225. ^ #S1801二水戦日誌(3)pp.46-47『巻波駆艦長(宛略)其ノ後調査ノ結果』
  226. ^ #S1802第17駆日誌(1)p.9『一七〇〇|灯火戰斗管制 増援部隊指揮官巻波ヨリ白雪ニ移乗』・同戦時日誌、p.10『一七一二|巻雲夕雲警戒隊ニ編入サル』
  227. ^ 佐藤、艦長たち続篇 1984, pp. 13-14.
  228. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 93「巻雲(まきぐも)」
  229. ^ #S1801二水戦日誌(3)pp.10-11『一(天候略)三.第一次ガ島撤収参加駆逐艦二〇隻(黒潮巻波江風参加)撤収人員五三八三 巻波爆弾命中損傷(文月曳航)巻雲触雷沈没(處分)』
  230. ^ #S1802第17駆日誌(1)p.11『二月二日〇〇〇五|巻雲後部ニ觸雷航行不能 夕雲警戒ニ残ル 後刻夕雲 巻雲ヲ処分シ避退セリ』
  231. ^ a b 戦史叢書83 1975, p. 560.
  232. ^ 戦史叢書83 1975, p. 561b.
  233. ^ 五月雨出撃す 2010, pp. 173-174.
  234. ^ 戦史叢書83 1975, p. 562.
  235. ^ 昭和18年2月15日(発令2月12日付)海軍辞令公報(部内限)第1053号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089700 
  236. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.19『一二(天候略)一.一〇三〇涼風佐世保ニ向ケ「トラック」發(「サイパン」経由)/二.一二〇〇村雨(司令官4sd)「トラック」着/三.31dg司令驅逐艦ヲ大波ニ変更』
  237. ^ a b 山本ほか、夕雲型 2015, p. 224a清波(きよなみ)
  238. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94e「清波(きよなみ)」
  239. ^ #内令昭和18年2月(4)、pp.48-49〔 内令第三百十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年二月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第五驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、天霧、夕霧」ヲ加フ|第二十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第二十二驅逐隊|皐月、水無月、文月、長月| |第三十一驅逐隊ノ項中「大波」ノ下ニ「清波」ヲ加フ 〕
  240. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.6『軍隊區分』
  241. ^ 昭和18年11月25日(発令11月25日付)海軍辞令公報(部内限)第167号 p.41』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094500 
  242. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.22『二七(天候略)一.一五〇〇巻波恵昭丸ヲ護衛シ「トラツク」ニ向ケ「ラバウル」發』
  243. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.3『(ロ)巻波(二日以後)長波(七日迄)江風(自六日至二十日)ハ「トラック」ニ在リテ修理ニ從事』
  244. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.10『二(天候略)一.一二〇〇巻波「トラック」着修理ニ從事 二.一五〇〇江風「トラック」ニ向ケ「ラバウル」發』
  245. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.7『四.行動要覧(斜線部航海中)』
  246. ^ #S1801二水戦日誌(4)pp.36-37『2F参謀長|二十九日二三五五(宛略)巻波ハ四月下旬修理ノ爲舞鶴着ノ予定 一.二號罐ハ大破缶管全部竝一號罐右舷水「ドラム」及前(同)缶右舷後部蒸氣過熱器「ドラム」破損使用不可能ナルモ其ノ他ノ各「ドラム」等良態故障修理内補機ハ全部使用可能/二.右ノ状況ナルニ付整備ニ関シ豫メ準備方手配相成度』
  247. ^ #S1801二水戦日誌(5)pp.3-4『(ハ)第三十一驅逐隊 大波(司令31dg)清波ハ上旬「トラツク」ニアリテ警戒待機訓練並ニ整備ニ従事九日内南洋部隊ニ編入主トシテ「トラツク」「ラバウル」間輸送船護衛ニ従事/長波修理完成二十五日横須賀發三十日「トラツク」着/巻波十五日「トラツク」發二十四日舞鶴着修理ニ従事』
  248. ^ #S1804佐伯防備隊(2)p.26『四月二十一日一五五二呉防戰司令官(宛略)一.間宮總洋丸(護衛艦巻波)二十三日一二〇〇北緯三〇度三七分東経一三二度三二分針路三二五度二十四日〇四〇〇深島北上ノ予定』
  249. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.8『四.行動要覧(斜線部航海中)』
  250. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.17『二四(天候略)四.〇七三〇巻波舞鶴着』
  251. ^ #S1804舞鎮日誌p.68『二四(天候略)巻波損傷復舊工事ノ爲入港』
  252. ^ a b 舞廠造機部 2014, pp. 260-261.
  253. ^ #1805舞鎮日誌(1)pp.5-6『(a)損傷復舊工事 霞不知火初春巻波 何レモ豫定通工事進捗中/太刀風 十五日入港損傷復舊工事ニ着手』-『(b)修理工事』
  254. ^ a b #1806舞鎮日誌p.5『(a)損傷復舊工事 霞=損傷復舊工事ニ併セ重油タンク加熱装置施行三十日完成/不知火初春=船渠内ニ於テ損失部結合工事中/巻波太刀風=概ネ豫定通工事進捗中/名取=6月1日入港工事中ナルモ資材入手ノ關係上明年五月末完成ノ見込』
  255. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.46『巻波駆逐艦長|二七日一九二〇(天候略)一号、二号罐共新製ヲ要スル處不知火罐ヲ流用九月二日積込一二月二五日全工事完成ノ見込』
  256. ^ #S1801二水戦日誌(5)pp.46-47『GF参謀長|二九日二〇二三(宛略)巻波機密第二七一五一三番電関聯 巻波罐修理ハ左ノ二案ノ何レカニ依リ一應速ニ完成方取計ハレ度本修理差支ナキ限リ罐新製後実施 一.一,二号罐共ニ相当期間ノ作戰行動ニ耐ユルヲ目途トスル修理ニ止ム/二.一,二号罐ノ中一罐ヲ修理スルニ止ム(使用可能罐二ナルニ付特殊任務ニ充當)』
  257. ^ 舞廠造機部 2014, p. 247.
  258. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 265-2683カ月に1隻の新造駆逐艦
  259. ^ #S1804舞鎮日誌p.5『(1)新造艦船工事 島風=運轉公試ノ結果巡航機械ノ性能不充分ニ付整備ヲ要スルコトトナリ完成期五月十日ニ延期/早波=艤装工事豫定通進捗中/濱波=艤装工事完了十八日進水艤装工事中/第三四二號・第三四五號艦=船臺ニ在リテ建造工事中ニシテ豫定通工事進捗中(以下略)』
  260. ^ #S1805舞鎮日誌p.5『(二)造修(1)新造艦船工事 島風=工事竝ニ諸公試終了十日完成引渡/早波・濱波=艤装工事豫定通進捗中/沖波 船臺ニ在リテ罐及主機械積込中/第三四五號艦=船臺ニ在リテ建造工事豫定通進捗中(以下略)』
  261. ^ #1806舞鎮日誌p.5『(1)新造艦船工事 早波・濱波=艤装工事豫定通進捗中/沖波=船臺ニ在リテ罐及主機械積込中/第三四五號艦=船臺ニ在リテ建造工事豫定通進捗中/第三六一號艦=五月八日起工目下船臺ニ在リテ船殻工事中』
  262. ^ #S1807舞鎮日誌(1)p.8『(a)損傷復舊工事』
  263. ^ #S1807舞鎮日誌(2)p.12『十五(天候略)工廠工事 巻波假稱電波探信儀装備工事ニ着手』
  264. ^ ニミッツ 1962, p. 171.
  265. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 237-238七月十二日〜七月二十日
  266. ^ 故海軍中将秋山輝男外二名位階追陞の件 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.A12090368600 
  267. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, pp. 148-149〔コロンバンガラ島沖海戦〕
  268. ^ 昭和18年7月20日(発令7月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1174号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092200 
  269. ^ #S1806二水戦日誌(1)pp.6-7『7月20日旧4sd(19日附解隊)兵力(長良、27dg、五月雨)ヲ2sdニ編入旗艦ヲ長良ニ指定セラレ、又4sd司令官高間少将以下職員全部2sd職員ニ転捕セラレ同日将旗ヲ長良ニ掲揚ス、舊4sd司令部附ハ其ノ儘長良ニ乗艦引続キ2sd司令部ノ事務ヲ執ラシム。』
  270. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.25『(一)4sd兵力ノ2sd編入竝ニ旗艦ノ変更』
  271. ^ a b 写真日本の軍艦8巻、174-175頁「軽巡洋艦『長良・五十鈴・名取』行動年表 ◆長良◆」
  272. ^ 重本ほか、陽炎型 2014, p. 291夕暮(ゆうぐれ)
  273. ^ 戦史叢書96 1976, p. 248.
  274. ^ #内令昭和18年10月(4)、p.8〔 内令第二千百五十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「嵐、萩風、」ヲ、第十一驅逐隊ノ項中「初雪、」ヲ、第二十四驅逐隊ノ項中「江風、」ヲ、第二十七驅逐隊ノ項中「有明、夕暮」ヲ、第三十驅逐隊ノ項中「三日月、」ヲ、第三十一駆逐隊ノ項中「、清波」ヲ削ル 〕
  275. ^ 写真日本の軍艦8巻、176-177頁「軽巡洋艦『長良・五十鈴・名取』行動年表 ◆名取◆」
  276. ^ a b #S1806二水戦日誌(2)pp.4-5『(二)第三十一驅逐隊 大波=AdB(十五日以降YB)ニ編入八月四日「トラツク」發ノ大鷹ヲ護衛九日横須賀着十日同發十二日舞鶴着爾後同地ニ於テ九月上旬完了豫定ニテ修理ニ從事中/長波=北方部隊ニ編入同方面作戰(「ケ」號作戰ニ従事)中ノ處八月三日HPBヨリ除カレAdB(十五日以降YB)ニ復歸舞鶴ニ回航七日ヨリ同地ニテ九月上旬完成豫定ニテ修理ニ從事中/巻波=AdB(十五日以降YB)ニ在リ前月ニ引續キ舞鶴ニテ修理中(十月中旬完成ノ豫定)』
  277. ^ #S1808舞鎮日誌pp.9-10『(b)修理艦船 名取不知火初春巻波太刀風長波(七日入港)長良(十六日入港)ノ損傷復舊工事ノ促進指導及大波(十二日入港)、鴻(十七日入港)ノ修理工事促進竝ニ呂號第三十六、三十七號潜水艦ノ出仕作業促進指導ニ努メ何レモ豫定通工事進捗シ太刀風ハ豫定通工事完成三十一日出撃セリ』
  278. ^ a b #S1809舞鎮日誌(1)pp.9-10『(b)修理艦船 名取長良不知火初春ノ損傷復舊工事ヲ初メ巻波長波秋風(九日入港)掃二十四(二十三日入港)大波鴻掃二十二(十七日入港)ノ修理工事促進竝ニ 呂三六 呂三七潜水艦ノ出師準備作業促進指導ニ努メ何レモ豫定通工事進捗シ長波、呂三六潜五日、大波七日、巻波十五日、鴻十七日、呂三七潜二十二日工事完成出撃セリ』
  279. ^ #S18.08護国丸日誌(2)p.30『巻波駆逐艦長(宛略)巻波機密第一五一五〇〇番電 發巻波駆逐艦長』十五日修理完成/清澄丸機密第一三一八〇〇番電関聯 内海西部ニ向ケ舞鶴發 十七日六連島附近ニテ清澄丸トノ合同ノ予定』
  280. ^ a b #S1806二水戦日誌(3)p.13『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  281. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.93『一九(天候略)巻波一四〇〇呉淞着(略)巻波清澄丸ヲ護衛呉淞着(以下略)』
  282. ^ #S18.08護国丸日誌(2)p.35『清澄丸艦長(宛略)清澄丸機密第一九一四四六番電 發清澄丸艦長 清澄丸 巻波一四〇〇呉淞着』
  283. ^ 戦史叢書 1970, pp. 520-521第十七師団の派遣問題
  284. ^ a b 戦史叢書96 1976, p. 337参考 第十七師団
  285. ^ #S18.08護国丸日誌(2)pp.14-15『GF司令長官(宛略)GF機密第〇五一四五五番電 GF信電令作第六九九號』』
  286. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.5『(2)中旬(略)護衛 大波(丁一號輸送部隊)巻波(丁二號輸送部隊)長波島風(摩耶其ノ他)白露(間宮船團)五月雨(興津丸船團)』
  287. ^ 佐藤、艦長たち続篇 1984, p. 171(横田稔中佐、元伊26艦長は、第一潜水戦隊参謀として本作戦参加。
  288. ^ a b c d 戦史叢書96 1976, p. 356.
  289. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 355-357六 第十七師団の進出輸送/第一次輸送(T2号輸送)
  290. ^ #S18.08護国丸日誌(2)p.5『二四(天候略)|一、一〇二九トラツクニ向ケ上海出港/二、一五二五大戰山沖假泊/三、二一五五旗艦平安丸假泊着|(略)二、二一五五 丁二號輸送部隊大戰山沖假泊地ニ集結完了 艦船番號 一、平安丸 二、本艦 三、清澄丸 四、秋津洲 五、巻波 六、山雲 七、響』
  291. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.94『二四(天候略)巻波丁二號輸送部隊護衛「トラツク」ニ向ケ上海發』
  292. ^ #S18.08護国丸日誌(3)p.3(一 作戰経過概要 昭和十八年十月 護國丸)〔10月2日〕
  293. ^ a b c #S1806二水戦日誌(4)pp.6-7『(2)第三十一驅逐隊(大波、長波略)巻波=丁二號輸送部隊トシテ二日「トラツク」着即日發五日「ラバウル」着任務終了六日同發九日「トラツク」着十二、十三大波ト共ニ敵潜掃蕩攻撃十七日以降「ブラウン」大鳥島方面行動大波ニ同ジ爾後「トラツク」ニテ待機』
  294. ^ #S18.08護国丸日誌(3)p.4(一 作戰経過概要 昭和十八年十月 護國丸)〔10月5日~6日〕
  295. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.75『五(天候略)玉波〇八〇〇呉着/巻波〇七三〇「ラバウル」着(略)巻波丁二号輸送部隊護衛「ラバウル」着』
  296. ^ #S18.08護国丸日誌(3)p.6(一 作戰経過概要 昭和十八年十月 護國丸)〔10月9日〕
  297. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.77『九(天候略)巻波〇七二〇「トラツク」着/島風白露一五三五「トラツク」着/五月雨〇九二九「ラバウル」着|2sd準戰技打合会/巻波丁二号輸送部隊ヲ護衛「トラツク」着/島風冲鷹ヲ護衛「トラツク」着/巻波丁二号輸送作戰終了「トラツク」着』
  298. ^ a b 写真日本の軍艦9巻、104頁「軽巡洋艦『能代』行動年表」
  299. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.77『一〇(天候略)2sd(能代)24dg((海風涼風)白露31dg(大波巻波長波)島風 準戰技ノタメ礁外ニ出動|準戰技ノ爲礁外出動諸訓練』
  300. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.78『一一(天候略)長波涼風一四〇〇「トラック」発|長波涼風5S直衛トシテ「ラボウル」ニ向ケ「トラック」発』
  301. ^ #S1712五戦隊日誌(3)p.13『十一(天候略)1400 5S長波涼風ヲ率ヰ「トラツク」出撃』
  302. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.12『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  303. ^ 戦史叢書96 1976, p. 370.
  304. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 372-373「ろ」号作戦発令 ― 十月二十八日
  305. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 373-375ラバウル無力化のため連合軍のボーゲンビル島進攻計画
  306. ^ ニミッツ 1962, pp. 176-177ブーゲンヴィル作戦
  307. ^ #第八戦隊日誌(7)p.39『(ロ)我ガ軍ノ情況(部隊ノ移動並軍隊區分ノ變更) (一)十月下旬ヨリ十一月中旬迄3F(1sf)航空兵力ノ大部ヲ南東方面ニ派遣南東方面ノ作戰ニ協力セシメラル』/同戦時日誌、p.40『(一)十一月一日敵ハ「ボーゲンビル」島「タロキナ」方面ニ上陸作戰ヲ開始シ「ブカ」方面ニ之ガ波及ノ徴アリ、遊撃部隊〔4S 2sd(能代32dg島風)7S(鈴谷最上)8S(筑摩)〕ハ聯合艦隊電令作第七八四號ニ基キ直ニ出撃ノ準備ヲ完了ス』
  308. ^ 戦史叢書96 1976, p. 389.
  309. ^ a b #S1806二水戦日誌(5)pp.11-12『(4)31驅(略)巻波=日榮丸護衛二日「トラツク」着三日夕刻基地物件搭載出撃五日「カビエン」着基地物件揚搭後即日「ラバウル」着 爾後左ノ外31驅(大波)ト同ジ 十九日夕張艦長ノ麾下ニ入リ機密NTB命令作第四號ニ依ル作戰輸送ニ從事』
  310. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.17『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  311. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 399-400米空母機による第一次被空襲と被害 ― 十一月五日
  312. ^ a b 海軍兵科将校 1985, pp. 46-47.
  313. ^ 戦史叢書62 1973, pp. 425a-426遊撃部隊のラバウル進出直後の被害
  314. ^ 戦史叢書62 1973, p. 425b.
  315. ^ 写真日本の軍艦9巻、103頁「軽巡洋艦『阿賀野』行動年表」
  316. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 401-404タロキナ北方逆上陸の成功
  317. ^ #S1806二水戦日誌(5)pp.11-12『(4)31驅(大波) 一日「カビエン」着揚搭後即日發二日「ラバウル」着敵機(ノースアメリカン七〇 ロッキード二〇)ト交戦撃墜三機 五日敵機數十機ト交戦撃墜一機何レモ被害ナシ六日「ラバウル」發B號作戦挺身輸送部隊警戒隊トシテ参加「タロキナ」輸送作戦ニ従事七日歸着任務完了 爾後「ラバウル」ニ在リテ待機警戒對空戦闘ニ従事 二十一日第一次「ブカ」輸送隊トシテ巻波ト共ニ出撃揚搭完了二十二日歸着 二十四日第二次「ブカ」輸送隊トシテ巻波ト共ニ出撃揚搭完了歸途「ブカ」島ノ二八〇度四十浬附近ニ於テ敵CS dg各一隊及魚雷艇數隻ト交戦大波、巻波砲雷撃ヲ受ケ沈没』
  318. ^ 戦史叢書96 1976, p. 404.
  319. ^ #S1806二水戦日誌(5)pp.4-5『六日2sd(能代32驅(早波)31驅)B號作戦部隊ニ編入、2sd(能代32驅)ハ第二次支援隊トシテ31驅ハ挺身輸送隊警戒隊トシテ参加「タロキナ」ニ陸兵輸送七日「ラバウル」ニ歸投セリ27驅(時雨)ハ別動「ブカ」輸送作戦ニ従事七日歸着 爾後「ラバウル」ニ在リ待機警戒毎日籔回来襲ノ敵機ト交戦大ナル被害ナシ』
  320. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 414-415邀撃空戦と艦艇の被害
  321. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94f「涼波(すずなみ)」
  322. ^ 山本ほか、夕雲型 2015, p. 224b涼波(すずなみ)
  323. ^ #S1806二水戦日誌(5)pp.12-13『長波=一日一航戦基地物件輸送「ラバウル」着同日NTB OSYBニ編入午後出港「ブーゲンビル」島沖海戦ニ参加 二日歸投敵機ト交戦撃墜五機人員兵器異常ナシ 同五日同ジク「ラバウル」ニ在リテ敵機ト交戦撃墜二機 六日以後十日迄大波ニ同ジ 十一日「ラバウル」ニ在リテ敵機約百三十機ト交戦〇七〇七至近弾次デ〇七一五頃後部ニ被弾機械舵故障使用不能トナリ巻波曳航ノ上入港 爾後「ラバウル」ニ在リテ修理竝ニ警戒ニ従事中(二十七日被曳航準備完成)』
  324. ^ a b #S1806二水戦日誌(6)p.53『五.戦果及被害 (一)戦果 飛行機撃墜二機 涼波1早波1 (二)被害 沈没 駆逐艦一隻(涼波) 撃破 駆逐艦一隻(長波) 其ノ他 被害ナシ|六我兵力ノ現状 (一)全力發揮可能ノモノ (司令官)能代(司令)早波藤波(司令)大波巻波 (二)其ノ他 長波航行不能對空射撃(機銃可能)』
  325. ^ a b c d e 戦史叢書96 1976, p. 415.
  326. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.49『十一日0725(司令官)10S|十一日0725|我艦尾ニ魚雷命中舵機故障|無線』
  327. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.50『11日将旗2sd/艦N1702/直衛配備ヲ左ノ通定ム 能代ノ左右70度摩耶ノ左右90度長鯨ノ180度距離2粁前方ヨリ右側若月風雲、左側早波藤波、後方五月雨』
  328. ^ 戦史叢書62 1973, pp. 428-430「阿賀野」の被雷とその救難
  329. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.17『麾下艦船部隊ノ行動』
  330. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.6『31驅(大波、巻波、長波)「ラバウル」ニ在リテ待機中十九日巻波ハ作戦輸送ニ従事セリ』
  331. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.9『(8)十一月十五日|旗艦 3sd司令官|夕張』
  332. ^ 写真日本の軍艦8巻、131-132頁「軽巡洋艦『大井・北上・夕張』行動年表 ◆夕張◆」
  333. ^ #S1807三水戦日誌(5)pp.10-11(昭和18年11月19日編成表、昭和18年11月30日編成表)
  334. ^ a b c #S1807三水戦日誌(5)pp.20-25『(二)一時指揮下ニ入レル艦船』
  335. ^ #S1807三水戦日誌(5)pp.15-24『(二)麾下竝ニ一時指揮下ニ入レル艦船ノ行動(一)麾下艦船』
  336. ^ 戦史叢書96 1976, p. 440-441十一月下旬の作戦輸送再開
  337. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.35『一九(天候略)巻波一一一〇「ラバウル」発(略)巻波夕張艦長指揮ノ下ニ作戰輸送從事』
  338. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.35『二〇(天候略)巻波〇四一五「ラバウル」着』
  339. ^ 木俣, 401ページ
  340. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 429a-431ブカ輸送と「セントジョージ岬沖海戦」
  341. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.35『二一(天候略)31dg(大波巻波)一三二六「ラバウル」発|丙作戰第三法発動/31dg(大波巻波)第一次「ブカ」輸送作戰ノ爲「ブカ」ニ向ケ「ラバウル」発』
  342. ^ a b 戦史叢書96 1976, p. 429b.
  343. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.35『二二(天候略)31dg(大波巻波)〇五二五「ブカ」着|31dg(大波巻波)「ブカ」着輸送人員物件揚搭後発「ラバウル」ニ向ケ「ブカ」発』
  344. ^ a b #S1806二水戦日誌(5)p.7『(3)下旬 31驅(大波、巻波)二十一日二十二日第一次「ブカ」作戦輸送ニ従事同二十四日二十三日第二次「ブカ」作戦輸送ニ従事揚陸後歸途二十五日0000頃「ヘンバニ」岬南西海面ニ於テ敵巡洋艦戦隊、水雷戦隊、魚雷艇群ト交戦砲雷撃ヲ受ケ沈没セリ』
  345. ^ a b c #S1806二水戦日誌(6)pp.11-12『(4)31驅(大波) 一日「カビエン」着揚搭後即日發二日「ラバウル」着敵機(ノースアメリカン七〇 ロッキード二〇)ト交戰撃墜三機 五日敵機數十機ト交戰撃墜一機何レモ被害ナシ 六日「ラバウル」發B號作戰挺身輸送部隊警戒隊トシテ参加「タロキナ」輸送作戰ニ従事 七日歸着任務完了爾後「ラバウル」ニ在リテ待機警戒對空戦闘ニ従事/二十一日第一次「ブカ」輸送隊トシテ巻波ト共ニ出撃揚搭完了二十二日歸着/二十四日第二次「ブカ」輸送隊トシテ巻波ト共ニ出撃揚搭完了歸途「ブカ」島ノ二八〇度四十浬附近ニ於テ敵CS dg各一隊及魚雷艇數隻ト交戦大波、巻波砲雷撃ヲ受ケ沈没』
  346. ^ a b 半藤、ルンガ沖夜戦 1984, pp. 245-246.
  347. ^ a b c d e f 戦史叢書96 1976, pp. 430-431.
  348. ^ 志賀、駆逐艦物語 2016, pp. 41-43巧妙なバーク大佐の戦法
  349. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.19『24日2230(司令)31dg(宛略)31dg機密第242230番電 2200揚搭完了帰途ニ就ク』
  350. ^ 駆逐艦入門 2006, pp. 382-384セント・ジョージ岬沖海戦
  351. ^ ニミッツ 1962, pp. 187-188.
  352. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.36『二五(天候略)0000「ヘンパン」岬ノ二五〇度四五浬ニ於テ31dg(大波巻波)敵巡洋艦戰隊駆逐隊各一隊及魚雷艇数隻ト交戰 大波 巻波 砲雷撃ヲ受ケ沈没ス』
  353. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.19『25日0015(司令)11dg(宛略)11dg機密第250015番電 「ヘンパン」岬ノ250度45浬ニ於テ警戒隊敵大巡ト遭遇其ノ魚雷ニ依リ大波沈没我北方ニ避退中』
  354. ^ a b 昭和19年1月25日(発令昭和18年11月24日付)海軍辞令公報(部内限)第1304号 p.38』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095400 
  355. ^ 昭和19年5月1日(発令昭和18年11月24日付)海軍辞令公報(部内限)第1457号 p.31』 アジア歴史資料センター Ref.C13072098000 
  356. ^ 志賀、駆逐艦物語 2016, pp. 43-46精鋭警戒隊の全滅
  357. ^ 木俣『日本水雷戦史』405ページ
  358. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.30『八日一四二〇(司令官)3Sd|二三四九 人事局長 舞人部長(2F長官 2Sd司令官 長波)|三水戰機密第〇八一四二〇番電 31dg(大波、巻波)現在迄ニ判明セル所在不明者左ノ通(詳細書類後送) 一.大波(司令駆逐艦)司令 香川清登(七二五) 駆逐艦長 吉川潔(一三九三)以下総員/二.巻波(イ)准士官以上 駆逐艦長 人見豊治(一三六一) 岡島健次郎(四二〇七) 稲垣米太郎(四五八八) 牧野六郎(ヨ三〇二五) 小豆澤鶴夫(ヨ一九八四〇、五五七) 日中有藏(ホ一五五一四) 山口由造(ホ一六六〇七) 前田好弘(ホ一六六三〇) 三木正次(召) 前田安次郎(舞志水一二二一) 斎藤總作(舞志水四〇八六)/(ロ)下士官兵二一一名|無電』
  359. ^ 戦史叢書96 1976, pp. 431.
  360. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.41『(二)大波巻波夕霧}十一月二十五日沈没』
  361. ^ 海軍兵科将校 1985, pp. 48-50.
  362. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.13『長波 呉ニ在リテ修理整備ニ従事中』
  363. ^ #内令昭和19年2月(2)、p.18〔 内令第三百十五號 舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 巻波 驅逐艦 大波 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル 昭和十九年二月十日 海軍大臣 嶋田繁太郎 〕
  364. ^ #内令昭和19年2月(2)、p.19〔 内令第三百十八號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十九年二月十日 海軍大臣 嶋田繁太郎 驅逐艦、一等夕雲型ノ項中「、巻波、大波」ヲ削ル 〕
  365. ^ #内令昭和19年2月(2)、p.18〔 内令第三百十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年二月十日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第三十一驅逐隊ノ項中「長波、巻波、大波」ヲ「長波、岸波、沖波、朝霜」ニ改ム 〕
  366. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.4『十日附三十一駆(長波)ニ(岸波、沖波、朝霜)編入 大波長波駆逐艦籍ヨリ除カル』

関連項目[編集]