市原佐都子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

市原 佐都子(いちはら さとこ、1988年9月27日 - )は、日本の演出家脚本家劇作家小説家俳優大阪府生まれ、福岡県北九州市出身。劇団「Q」代表。

来歴[編集]

3歳からクラシックバレエを習う。当初は舞台女優志望で、AO入試バレエの授業がある東筑紫学園高等学校に入学[1]北九州芸術劇場の演劇ワークショップなどに参加した[2]

その後上京し、桜美林大学文学部総合文化学群に入学。卒業研究のために劇団を立ち上げ、卒業後に「Q」を始める[3]2011年に「虫」で第11回AAF戯曲賞優秀賞受賞。2017年、「毛美子不毛話」で第61回岸田國士戯曲賞候補。2020年、「バッコスの信女-ホルスタインの雌」で第64回岸田國士戯曲賞受賞。

人間の行動や身体にまつわる生理を題材とした劇作を行う[4]

主な作品[編集]

舞台[編集]

  • 2011年:「虫」
  • 2013年:フェスティバル/トーキョー公募プログラム選出「いのちのちQⅡ」
  • 2016年:「毛美子不毛話」
  • 2017年:韓国香港日本共同制作「私とセーラームーンの地下鉄旅行」
  • 2019年:あいちトリエンナーレ2019パフォーミングアーツプログラム招聘「バッコスの信女-ホルスタインの雌」

脚注[編集]

  1. ^ 市原佐都子さんインタビュー|名古屋演劇アーカイブ”. nagoyatrouper.com. 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ アーティスト・インタビュー:市原佐都子(劇作家・演出家・小説家)”. Performing Arts Network Japan. 2020年11月14日閲覧。
  3. ^ 市原佐都子” (日本語). フェスティバル/トーキョー FESTIVAL/TOKYO トーキョー発、舞台芸術の祭典. 2020年11月14日閲覧。
  4. ^ 表現するのは、普段は“見えない”人間の本質。|市原佐都子 | BRUTUS.jp │ ブルータスのウェブ” (日本語). BRUTUS.jp. 2020年11月14日閲覧。