市原悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いちはら えつこ
市原 悦子
市原 悦子
朝日新聞社『文芸朝日』第3巻第4号(1964)より
本名 塩見 悦子(しおみ えつこ)
生年月日 (1936-01-24) 1936年1月24日
没年月日 (2019-01-12) 2019年1月12日(82歳没)
出生地 日本の旗 日本 千葉県千葉市
死没地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優声優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1957年 - 2019年
活動内容 1957年:俳優座入団
配偶者 塩見哲(1961年 - 2014年死別)[1]
所属劇団 俳優座1957年 - 1971年
事務所 ワンダー・プロダクション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビアニメ
まんが日本昔ばなし
テレビドラマ
翔べ! 必殺うらごろし
家政婦は見た!』シリーズ
おばさんデカ 桜乙女の事件帖』シリーズ
秀吉
弁護士高見沢響子』シリーズ
長崎ぶらぶら節
映画
黒い雨
うなぎ
『蕨野行』

市原 悦子(いちはら えつこ、1936年1月24日 - 2019年1月12日[2])は、日本女優声優。本名、塩見 悦子(しおみ えつこ)。

千葉県千葉市出身。生前はワンダー・プロダクション所属。身長160cm、体重53kg。夫は舞台演出家の塩見哲。

来歴[編集]

千葉県千葉市出身。父親は銀行員だった。千葉市立末広中学校を卒業後、千葉県立千葉第一高等学校に進学する。演劇部で活動し、伊藤貞助作の『村一番の大欅』で県大会に出場して個人演技賞を受賞した[3]

高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修に入学。父親の薦めで富士銀行に就職が決まっていたが演劇への思いが断ちがたく[3]俳優座養成所に6期生として入所する。同期には近藤洋介宮部昭夫川口敦子大山のぶ代阿部百合子阿部六郎、佐伯赫哉、山本清がいた[3]1957年に俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』でデビューする。同年に雑誌『新劇』の新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。さらに1963年には新劇演劇賞、1964年ゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。

私生活では、俳優座養成所の同期の演出家・塩見哲と1961年に結婚。2度の流産などで子宝に恵まれなかったが、おしどり夫婦として知られた[4]

1971年10月に夫の塩見とともに俳優座を退団し、1972年に番衆プロを設立する[4]

1975年に始まったテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』では、すべての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。放映終了後から復活を望む声が多く、2005年にはゴールデンタイムで再放送された。

1983年からはテレビドラマ『家政婦は見た!』に主演し、四半世紀以上に渡って演じ続ける当たり役となる。土曜ワイド劇場を代表する高視聴率の人気シリーズとなった。

1990年、映画『黒い雨』の演技により第13回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞。

その他、2時間ドラマの主演を多くこなし、人気を不動のものにした。

2011年福島第一原発事故に関連して「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」呼びかけ人を務めた[5](他に湯川れい子根岸季衣など)。

2012年S状結腸腫瘍手術のため、翌2013年1月に公開予定だった映画『東京家族』をクランクイン前に降板した[6]。代役は吉行和子が務めた。

2014年4月には53年間連れ添った夫の塩見哲と死別した[1][7]

2017年1月13日、自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表[8]6月27日に翌年のNHK大河ドラマ西郷どん』のナレーションでの復帰が発表されたが[9]11月22日、体調が優れないことを考慮して降板し西田敏行に変更された[10][11]。その後、2018年3月21日放送の『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK)で仕事復帰(3月12日収録)[12]

2019年に入って再び体調を崩し、同年1月5日から再び入院していたが、一週間後の12日13時31分、心不全のため、東京都の病院で死去[2]。82歳没。13日未明(12日深夜)に放送された『おやすみ日本 眠いいね!』では、盲腸のため都内の病院に入院していることが発表され、市原の訃報は伏せられていた[13][14]

受賞歴[編集]

人物[編集]

中村敦夫が俳優座で12期生として劇団員になった頃、6期生の彼女は既に看板スターであり、舞台で大役を担う役者は、映画やテレビのスターよりも格上とされていた当時の芸能界では、既に役者の頂点にいたが、俳優座における「レパートリー闘争」において集団退団した役者の一人であり、魅力的な演劇の為ならポジションも投げ捨てる「肝っ玉女優」と評している[15]

2003年4月頃から眼鏡を着用している。

好きな男性のタイプについて、「危険な男性」(具体的には得体のしれない感じだという)、演じてみたい役について、「犯罪者」と語っている[16]

『家政婦は見た!』の主演を務めたが、家政婦を雇ったことはないという[17]

演出家の浅利慶太は舞台『アンドロマック』、『アンチゴーヌ』に市原を起用し、「戦後新劇の生んだ最高の女優」と賞賛した[3]

俳優座の先輩にあたる仲代達矢は市原の訃報を受けて「彼女の声のすばらしさは日本の演劇界の宝でした。ただきれいというだけではなく、声の質をもって、ものを言うという才能。1500席の劇場で、マイクなしで己の声を通していく力を、彼女は先天的にもっていた。本当に素晴らしい方だった」とコメントした[18]

出演[編集]

舞台[編集]

  • りこうなお嫁さん(1957年)
  • 琵琶法師(1958年)
  • 血の花英語版(1958年)
  • 愛と死との戯れ(1959年)
  • 千鳥(1959年)
  • 生きた心を(1959年)
  • 巨人伝説(1960年)
  • セチュアンの善人英語版(1960年)
  • 鈍琢亭の最期(1962年)
  • 三文オペラ(1962年)
  • 劉三姐(1963年)
  • ものみな歌でおわる(1963年)
  • ハムレット(1964年)
  • 東海道四谷怪談(1964年)
  • 日本の幽霊(1965年)
  • 竹取物語(1965年)
  • アンドロマック(1966年)
  • アンチゴーヌ英語版(1967年)
  • クルヴェット天から舞いおりる英語版(1967年)
  • 人形の家(1968年)
  • 御意のままに英語版(1969年)
  • 自由少年(1969年)
  • 棒になった男(1969年)
  • しんげき忠臣蔵(1970年)
  • あなた自身のためのレッスン(1970年)
  • はんらん狂騒曲(1971年)
  • 新家族(1971年)
  • トロイアの女(1974年)
  • 津軽三味線ながれ節(1976年)
  • 千三家お菊(1976年)
  • 夏の夜の夢(1977年)
  • 菊桜(1978年)
  • ちょんがれお駒(1978年)
  • 近松心中物語(1979年)
  • 奇跡の人(1979年)
  • 元禄港歌(1980年)
  • スウィーニィ・トッド フリート街の奇妙な床屋 (1981年)
  • ウイングス英語版(1982年)
  • 未亡人(1983年)
  • きぬという道連れ(1985年)
  • 雪やこんこん(1987、1991年)
  • その男ゾルバ(1993年)
  • ディア・ライアー(1998年)
  • ロード・ショー(2001年)
  • 芽キャベツがほしい もう一度だけ(2001、2003年)
  • 狂風記(2004年)
  • あらしのよるに(2004年)
  • ヒカルヒト(2005年)
  • GODIEGO 2007 TOKYO新創世紀(2007年) - 女王 役
  • ゆらゆら(2008年)
  • 紅いリンゴ英語版(2010年)

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

  • 虫は死ね(1963年) - 愛子 役
  • 近鉄金曜劇場 / 目撃者(1964年) - 江口の妻 役
  • ザ・ガードマン 第53話「雪崩」(1966年)
  • 泣いてたまるか(1967年)
  • ポーラテレビ小説パンとあこがれ」(1969年) - ナレーター
  • 人間の歌シリーズ冬の雲(1971年)久子 役
  • 私は忘れたい(1972年 - 1973年)
  • 事件狩り(1974年)
  • 赤い殺意(1975年)
  • 岸壁の母(1977年)
  • いごこち満点(1976年)
  • 冬の運動会(1977年) - 船久保初枝 役
  • わが母は聖母なりき(1980年) - ふみ 役
  • 絶唱(1981年)
  • はまなすの花が咲いたら(1981年 - 1982年) - 金沢しず 役
  • 外科医 城戸修平(1983年)
  • ザ・サスペンス「高2の体験 闇からの殺意 盲導犬ベティの反則」(1982年12月) - 香取正子 役
  • 女橋(1983年) - 佐原ちよ 役
  • お鏡(1985年) - お鏡 役
  • 東京卒業(1996年) - 正木萌子 役
  • 水曜プレミア「大都会の女たち」(2004年5月) - 園田葉子 役
  • ハンチョウ〜神南署安積班〜 第1話(2009年4月)
  • 新参者 第1話(2010年4月)
  • 開局10周年記念ドラマ・松本清張特別企画「一年半待て」(2010年12月、BS-TBS) - 高森たき子 役 ※日本テレビ版(1976年)にも出演
  • 月曜ドラマスペシャル月曜ミステリー劇場月曜ゴールデン
    • 西新宿俳句おばさん事件簿シリーズ - 主演・里宮初子 役
      • 西新宿俳句おばさん事件簿1「私でない私の犯罪」(1993年4月19日)
      • 西新宿俳句おばさん事件簿2「霊園ツアーの犯罪」(1994年5月9日)
      • 西新宿俳句おばさん事件簿3「愛犬家に捧げる犯罪」(1995年6月26日)
    • バスガイド愛子シリーズ - 主演・徳丸愛子 役
      • バスガイド愛子1「これが最後の恋」(1993年8月30日)
      • バスガイド愛子2「みちのくの恋」(1994年10月24日)
      • バスガイド愛子3「恋は神代の昔から」(1995年11月27日)
      • バスガイド愛子4「会津磐梯山は恋の山」(1997年5月19日)
    • 弁護士高見沢響子シリーズ - 主演・高見沢響子 役
      • 弁護士高見沢響子1(1998年6月15日)
      • 弁護士高見沢響子2(1999年4月5日)
      • 弁護士高見沢響子3(2000年4月24日)
      • 弁護士高見沢響子4(2001年5月7日)
      • 弁護士高見沢響子5(2002年5月6日)
      • 弁護士高見沢響子6(2003年4月28日)
      • 弁護士高見沢響子7(2005年6月27日)
      • 弁護士高見沢響子8(2006年11月6日)
      • 弁護士高見沢響子9(2008年5月12日)
      • 弁護士高見沢響子10(2009年10月19日)
      • 弁護士高見沢響子11(2011年10月17日)
      • 弁護士高見沢響子12(2014年7月7日)
    • 楽園のライオン(2007年5月28日) - 主演・井上たつえ 役
    • ホームドクター・神村愛シリーズ - 主演・神村愛 役
      • ホームドクター・神村愛1(2012年4月9日)
      • ホームドクター・神村愛2(2013年8月26日)

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

映画[編集]

  • 雪国(1957年) - 勘平(芸者) 役
  • 女殺し油地獄(1957年) - お梅(女中) 役
  • 夕凪(1957年) - お妙 役
  • 駅前旅館(1958年) - 女学生 役
  • 眠狂四郎無頼控 魔剣地獄(1958年) - お信 役
  • 男性飼育法(1959年) - こと 役
  • 貸間あり(1959年) - 高山教子 役
  • 若い素顔(1959年) - 樋川女史 役
  • 暗夜行路(1959年) - お由 役
  • 僕は独身社員(1960年) - かおり 役
  • 珍品堂主人(1960年)- 明子 役
  • サラリーガール読本 お転婆社員(1960年) - 部長秘書春江 役
  • 二宮五郎左衛門さん
  • 夜の流れ(1960年) - 紅子 役
  • 大空の野郎ども(1960年) - 女袷B役
  • 「青衣の人」より 離愁(1960年) - すげ 役
  • 笛吹川(1960年) - 黒駒の嫁 役
  • 猫と鰹節(1961年) - 愛子 役
  • 別れて生きるときも(1961年) - マネキンガールベアちやん 役
  • 喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(1962年) - 新米寮母青木 役
  • 霧子の運命(1962年) - 玉枝 役
  • 青べか物語(1962年) - あさ子 役
  • 夢で逢いましょ(1962年) - 小宮清子 役
  • 乳房を抱く娘たち(1962年) - バスの車掌 役
  • ぶらりぶらぶら物語(1962年) - 女房 役
  • あの橋の畔で 完結篇(1963年) - 隣の奥さん 役
  • 鏡の中の裸像(1963年) - しづ子の姉 役
  • 日本脱出(1964年) - フジ子 役
  • われ一粒の麦なれど(1964年) - ある母 役
  • 甘い汗(1964年) - 佐和子 役
  • 万事お金(1964年) - まる子 役
  • 五瓣の椿(1964年) - おつる 役
  • にっぽん泥棒物語(1965年) - 桃子 役
  • 霧の旗(1965年) - 信子 役
  • 悪名桜(1966年) - 菊枝 役
  • 他人の顔(1966年) - ヨーヨーの娘 役
  • 三匹の狸(1966年) - 谷弘子 役
  • 一万三千人の容疑者(1966年) - 荒川千代 役
  • 喜劇 仰げば尊し(1966年) - 小松加代 役
  • 上意討ち 拝領妻始末(1967年) - きく 役
  • 女と味噌汁(1968年) - 犬山一代 役
  • 燃えつきた地図(1968年) - 女(依頼人) 役
  • 忘れるものか(1968年) - ルミ 役
  • 恋にめざめる頃(1969年) - 雪子 役
  • 風林火山(1969年) - 諏訪岩根 役
  • 富士山頂(1970年) - 茂子 役
  • たぬき坊主(1970年) - 妻おるい 役
  • 刑事物語 兄弟の掟(1971年) - 岩淵あき子 役
  • 黒の斜面(1971年) - 川上妙子 役
  • 喜劇 女売出します(1972年)- 竜子 役
  • あゝ声なき友(1972年) - 町よしの
  • 木枯し紋次郎 関わりござんせん(1972年) - お光 役
  • 無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた(1972年) - お加代 役
  • 女医の愛欲日記(1973年)※特別出演
  • 喜劇 黄綬褒賞(おうじゅほうしょう)(1973年) - 山崎千恵 役
  • 喜劇 男の腕だめし(1974年) - 小原トミ 役
  • 遺書 白い少女(1976年) - 中原美加 役
  • 金閣寺(1976年) - 溝口母 役
  • 青春の殺人者(1976年) - 斉木順の母 役
  • やくざ戦争 日本の首領(1977年) - 辰巳キヨ 役
  • 八つ墓村(1977年) - 多治見小竹 役
  • はだしのゲン 涙の爆発(1977年) - 林キヨ 役
  • さくらんぼ坊や2 模倣と自立(1980年) - ナレーション
  • さらば、わが友 実録大物死刑囚たち(1980年) - 竹内良子 役
  • ブリキの勲章(1981年)
  • 幸福(1981年) - 車崎るい 役
  • さくらんぼ坊や4 4歳と仲間(1982年) - ナレーション
  • ふるさと(1983年) - ナレーション
  • 序の舞(1984年) - ナレーション
  • 西遊記(1988年) - 羅刹女 声役
  • 高瀬舟(1988年) - ナレーション
  • 黒い雨(1989年) - 閑間シゲ子 役
  • 人間の砂漠(1990年) - 緒方恭子 役
  • 一杯のかけそば(1992年) - ナレーション
  • うなぎ(1997年) - 服部フミエ 役
  • 11'09''01/セプテンバー11(2003年)
  • 蕨野行(2003年) - レン 役(初主演)
  • バルトの楽園(2006年) - すゑ 役
  • 筆子・その愛 -天使のピアノ-(2007年) - ナレーション
  • 立入禁止区域・双葉 ~されど、我が故郷~(2012年) - ナレーション
  • あん(2015年) - 佳子 役
  • しゃぼん玉(2017年) - スマ 役 ※遺作映画

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 旭松食品提供 天気予報 (朝日放送・関西テレビでの放送、1980年代前半)
  • 「家政婦は見た!Woooも見た!」 - 日立コンシューマエレクトロニクスの特別ホームページ内にて2010年4月27日より期間限定で公開。

著書[編集]

  • 市原悦子の大アマゾン紀行 ブラジル5000kmの旅(1997年11月、フジテレビ出版、ISBN 978-4-594-02339-3)
  • ひとりごと(2000年12月、春秋社、ISBN 978-4-393-43614-1)
    • ひとりごと〈新装版〉(2017年7月、春秋社、ISBN 978-4-393-43648-6)
  • やまんば 女優市原悦子43人と語る(2013年9月、春秋社、ISBN 978-4-393-43644-8)
  • 白髪のうた(2017年7月、春秋社、ISBN 978-4-393-43649-3)

ディスコグラフィー[編集]

  • ねねしな灯台(TBS系テレビ愛の劇場『わが母は聖母なりき』主題歌)
  • 母さんは青い空(『お待ちどおさま』主題歌)
  • きっと倖せ(木曜ドラマ『家政婦は見た!』主題歌)
  • 見返り美人(木曜ドラマ『家政婦は見た!』挿入歌)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 市原悦子ショック…夫で演出家の塩見哲さん死去、女性自身報じる サンスポ 2014年6月24日
  2. ^ a b 「家政婦は見た!」市原悦子さん、心不全のため死去 82歳”. サンスポ (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 「役者烈々 俳優座養成所の軌跡」(佐貫 1995, pp. 127-132)
  4. ^ a b “難病でリハビリ中の市原悦子 自宅で「決死の収録」に臨む”. NEWSポストセブン (小学館): p. 2. (2018年10月19日). https://www.news-postseven.com/archives/20181019_784216.html?PAGE=2 2019年1月14日閲覧。 
  5. ^ 「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」
  6. ^ 市原悦子がS状結腸腫瘍で山田洋次監督映画を降板 芸能ニュースラウンジ 2012年2月4日
  7. ^ “市原悦子の夫4月に死去していた”. 日刊スポーツ. (2014年6月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140624-1322878.html 2019年1月14日閲覧。 
  8. ^ “市原悦子 自己免疫性脊髄炎で入院治療、5月復帰目指す”. スポニチアネックス. (2017年1月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/13/kiji/20170113s00041000162000c.html 2017年1月13日閲覧。 
  9. ^ “市原悦子 大河「西郷どん」語りで復帰 決め台詞は「チェスト」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年6月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/27/kiji/20170627s00041000124000c.html 2017年11月23日閲覧。 
  10. ^ 大河ドラマ『西郷どん』「語り」変更のお知らせ”. NHKドラマトピックス. NHK (2017年11月22日). 2017年11月23日閲覧。
  11. ^ “市原悦子 来年大河「西郷どん」語りを降板、代役に西田敏行…回復に「もう少し」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年11月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/22/0010754676.shtml 2017年11月22日閲覧。 
  12. ^ “市原悦子が仕事復帰!NHK「眠いいね!」で朗読、収録一発OK”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年3月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180313/geo18031305040004-n1.html 2018年3月13日閲覧。 
  13. ^ 82歳市原悦子、盲腸で入院 語りで出演のNHK総合「おやすみ日本」で発表”. サンスポ (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  14. ^ 市原悦子さん死去 13日NHK「おやすみ日本」で盲腸と発表されたばかり”. スポーツニッポン (2019年1月13日). 2019年1月13日閲覧。
  15. ^ 日本経済新聞2019.1.21朝刊 文化欄
  16. ^ [1],goo
  17. ^ [2],goo
  18. ^ “後輩・市原さんの声「日本の演劇界の宝」 仲代達矢さん”. 朝日新聞. (2019年1月13日). https://www.asahi.com/articles/ASM1F739GM1FUCLV00F.html 2019年1月16日閲覧。 
  19. ^ 生前に録音され『必殺仕事人2012』から『必殺仕事人』まで使われていたナレーションを流用。
  20. ^ “関西ジャニーズJr.の西畑大吾、渡辺謙主演ドラマに出演”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2079765/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  21. ^ 太陽の王子 ホルスの大冒険”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  22. ^ “新海誠「君の名は。」追加キャストに長澤まさみ、市原悦子、悠木碧、島崎信長ら7名”. 映画ナタリー. (2016年6月7日). http://natalie.mu/eiga/news/189903 2016年9月16日閲覧。