市川孝徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市川 孝徳
いちかわ たかのり
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 市川 孝徳
ラテン文字 Takanori Itikawa
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 日立物流
大学 東洋大学経済学部卒業
生年月日 (1990-11-03) 1990年11月3日(28歳)
生誕地 高知県の旗高知県高岡郡四万十町
身長 177cm
体重 51kg
自己ベスト
1500m 3分48秒76
3000m 7分59秒16(2012年)
5000m 13分28秒91(2016年)
10000m 28分31秒53(2015年)
ハーフマラソン 1時間04分16秒(2013年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

市川 孝徳(いちかわ たかのり、1990年11月3日 - )は、日本陸上競技選手。高知県高岡郡四万十町出身。東洋大学経済学部卒業。トヨタ紡織日立物流所属。 身長177cm、体重51kg。 大学時代に行われた箱根駅伝では、復路6区山下りで、過去5人しか達成していない3回の1時間切りをしている。3000m東洋大学記録保持者。身長177cm、体重51kg。

来歴[編集]

  • 兄の影響で小学1年生からサッカーを始める。
  • 中学3年生の時に駅伝大会に誘われて出場したことがきっかけで9年間続けたサッカーをやめて高校から本格的に陸上を始める。
  • 高校時代は3年連続で全国高校駅伝に出場。2年時は花の1区、3年時は下り基調の4区と主要区間を担当したものの、目立った成績は残せなかった。
  • 2010年1月に開催された第86回東京箱根間往復大学駅伝競走で、自身の駅伝デビュー戦となる復路6区を任され、前半は沿道の応援を受け、笑顔を見せていた。しかし後半に差し掛かった辺りから一気に苦痛な表情になり、最終的に1時間00分55秒と区間9位だったが、トップを死守しチームはそのままトップでフィニッシュテープを切り、初の総合2連覇を果たした。
  • 2011年1月に開催された第87回東京箱根間往復大学駅伝競走では、前回と同様に復路6区を任され、59分58秒と前回を上回る走りを見せた。しかし早稲田大学の高野寛基が、市川のペースを更に上回る走りを見せトップを奪われる。チームは往路3連覇はしたものの、箱根駅伝史上最僅差となる21差で早稲田に負け総合2位となった。これを機に、チームスローガンは「その1秒を削り出せ」になった。これは、一人が1秒を削れば必ず勝てるという想いで作り上げた。
  • 2012年1月に開催された第88回東京箱根間往復大学駅伝競走は、3年連続復路6区で、前回逆転を許した早稲田大学をさらに引き離し、また当時区間記録保持者の、駒澤大学千葉健太を上回る走りを見せ、59分16秒と区間賞を取って[1]、7区・設楽悠太に襷を繋ぐ。チームはそのままトップでゴールし優勝。更には往路・復路・総合全ての成績において記録更新した。
  • 大学4年生時には副将に就任し、今回の総合記録更新で優勝テープを切った主将・齋藤貴志と共に新チームを作り上げる立場になった。ところが、主将・齋藤が駅伝の登録メンバーから外れ、夏合宿から急遽主将に移ったが、焦らずにチームを引っ張った。
  • 2012年の体育の日に開催された出雲全日本大学選抜駅伝競走は、各校のスピードランナーが集う2区にエントリーされ、自身初の出場となった。8位で、1区・設楽啓太から襷を貰うと序盤から一気に飛ばし、4つ順位を押し上げ17分11秒と区間6位と好走したが、チームは2位に終わり、出雲での初の連覇は叶わなかった。
  • 同年11月に行われた全日本大学駅伝対校選手権大会は5区に抜擢され、こちらも出雲と同様に初出場で35分33秒と区間2位と当時の区間記録保持者の松村拓希の記録を塗り替えたが、チームは出雲に続き2位に終わった。
  • 2013年1月に開催された第89回東京箱根間往復大学駅伝競走は、4年連続の復路6区を任され59分16秒と前回と同じペースで走ったが、駒澤の千葉と明治廣瀬帝京の千葉が市川のペースを上回る走りを見せ、区間4位となった。なお、市川は史上5人目の6区を3回1時間切りをする快挙となったが、先頭を走る日本体育大学鈴木悠介とは17秒縮めるにとどまり、チームは2位となり、これで2012年度の大学三大駅伝は全て2位となり、市川自身の大学駅伝の幕を閉じた。
  • 大学卒業後はトヨタ紡織に入社したが、僅か1年で退社し[2]、日立物流に移籍した。
  • 2014年11月に開催された東日本実業団対抗駅伝競走大会は1区を任され、実業団駅伝デビュー戦となった。前半は先頭集団についてたものの、後半から徐々にペースが落ち、最終的には34分30秒と区間11位でトップと1分差を広げてしまったが、チームは9位で終わり、ニューイヤー駅伝への切符を手に入れた。翌年も東日本実業団駅伝に出場し6区を任され、6位で襷を貰うと順位を1つ上げ31分11秒と区間12位となり、チームはそのまま5位でフィニッシュした。
  • 2016年1月に開催された全日本実業団対抗駅伝競走大会新春の1区を任され、35分47秒と区間29位ながら、トップと1分以内で襷を繋いだ。
  • 同年4月に開催された、金栗記念選抜中・長距離熊本大会で5000mに出場し、自己ベストと日本歴代32位となる、13分28秒91を記録した。

人物・エピソード[編集]

  • 5人兄弟の末っ子である。
  • 性格は「スーパーポジティブ」と言われるほど、何事も前向きに取り組む。
  • 第88回箱根駅伝においては、対策としてシューズに粉の洗剤を入れ、走り終えた後に足の裏を見ると、傷一つ無い状態だった。

駅伝戦績・記録[編集]

大学駅伝戦績[編集]

出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2009年度)
第21回
不出場
第41回
不出場
第86回
6区-区間9位
1時間00分55秒
2年生
(2010年度)
第22回
6区-区間7位
30分55秒
第42回
不出場
第87回
6区-区間3位
59分58秒
3年生
(2011年度)
第23回
5区-区間賞
19分02秒
第43回
7区-区間2位
35分32秒
第88回
6区-区間賞
59分16秒
4年生
(2012年度)
第24回
2区-区間6位
17分11秒
第44回
6区-区間2区
35分33秒
第89回
6区-区間4位
59分16秒

実業団駅伝戦績[編集]

年度 大会 所属 区間 区間順位 記録 総合順位
2013年度
(入社1年目)
第53回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 トヨタ紡織 1区 区間3位 33分20秒 トヨタ紡織優勝
第58回全日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 区間23位 40分03秒 トヨタ紡織12位
2014年度
(移籍1年目)
第55回東日本実業団対抗駅伝競走大会 日立物流 1区 区間11位 34分30秒 日立物流9位
第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
日立物流19位
2015年度
(移籍2年目)
第56回東日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 区間11位 31分11秒 日立物流5位
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間29位 35分47秒 日立物流9位
2016年度
(移籍3年目)
第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
日立物流6位
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
日立物流10位
2017年度
(移籍4年目)
第58回東日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
日立物流4位
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 区間16位 37分22秒 日立物流21位
2018年度
(移籍5年目)
第59回東日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
日立物流10位
第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
日立物流18位

自己ベスト[編集]

種目 記録 大会 備考
1500m 3分48秒76
3000m 7分59秒16 2012年7月21日 トライアルinいせさき
5000m 13分28秒91 2016年4月2日 金栗記念選抜中・長距離熊本大会 日本歴代32位
10000m 28分31秒53 2015年11月28日 八王子ロングディスタンス
ハーフマラソン 1時間04分16秒 2013年2月3日 香川丸亀国際ハーフマラソン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「1秒でも削る」市川区間賞で東洋大総合Vへまた一歩近づく”. スポニチANNEX (スポーツニッポン新聞社). (2012年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/01/03/kiji/K20120103002359130.html 
  2. ^ トヨタ紡織陸上部2013年度報告会☆”. ニュース. トヨタ紡織陸上部. 2016年3月18日閲覧。

関連項目[編集]

高知県出身の人物一覧