市川寿三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いちかわ じゅさぶろう
市川 壽三郎
本名 古賀 辰雄 (こが たつお)
別名義 澤村 勇 (さわむら いさむ)
生年月日 (1905-03-01) 1905年3月1日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本佐賀県
職業 俳優
ジャンル 演劇劇映画時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1926年 - 1941年
活動内容 1926年 東亜キネマ入社
1928年 主演昇格
1928年 右太プロ移籍
1930年 東亜キネマ復帰
1931年 第二次寛プロ参加
1935年 極東映画参加
1941年 極東映画消滅

市川 壽三郎(-寿三郎、いちかわ じゅさぶろう、1905年3月1日 - 1940年代)は、日本俳優である。初期には澤村 勇(さわむら いさむ)と名乗った。本名は古賀 辰雄(こが たつお)[1]第二次世界大戦前に活躍した剣戟俳優である[1]

人物・来歴[編集]

1905年(明治38年)3月1日佐賀県に「古賀辰雄」として生まれる[1]

澤村宗之助門下に入門し[1]澤村 勇を名乗る。1926年(大正15年)、東亜キネマ等持院撮影所に入社[1]、同年、長尾史録監督の『熊野路』に出演する[2]。翌1927年(昭和2年)、後藤秋声監督、雲井竜之介主演の『砂絵呪縛』に森尾重四郎役で出演し、同作を契機に主役級俳優に昇格する[1]。1928年(昭和3年)、石田民三監督の『侠恋巴草紙』、『雁帰来』で主役を張る[1][2]。同年後半から翌1929年(昭和4年)にかけて、市川右太衛門プロダクションに移籍し、市川右太衛門の脇を務めた[2]

1930年(昭和5年)には東亜キネマ京都撮影所に復帰する[1][2]が、羅門光三郎や青柳竜太郎、尾上菊太郎の脇役となってしまう[2]。翌1931年(昭和6年)、嵐寛寿郎の第二次嵐寛寿郎プロダクションに参加[1]、嵐の脇を務めた[2]

1935年(昭和10年)、極東映画(のちの極東キネマ)の設立に参加、同社では7年ぶりに主役を張った[2]。1941年(昭和6年)の合併による同社の消滅まで在籍した[2]。極東キネマ消滅後は、同年、日活京都撮影所で丸根賛太郎監督、寛寿郎主演による日活の正月映画『決戦奇兵隊』に出演[2]。それ以降の記録は無い[2]が、戦争末期に死去したという。

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『無声映画俳優名鑑』、無声映画鑑賞会編、マツダ映画社監修、アーバン・コネクションズ、2005年、p.131。
  2. ^ a b c d e f g h i j #外部リンク欄、「市川寿三郎」リンク先、日本映画データベース、2009年10月27日閲覧。