市川準の東京日常劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市川準の東京日常劇場』(いちかわじゅんのとうきょうにちじょうげきじょう)は、テレビ朝日1990年4月から1991年6月まで月曜から木曜の深夜に放送されていたテレビドラマ。全64話。作・演出は市川準学生援護会(現:パーソルキャリア)の一社提供であった[1]

深夜5分枠という放送時間が短いミニ番組で、月曜から木曜の4回放送分で10分1話完結の構成になっていた。

サブタイトルは括弧付きで表示されていた(初期の数話分は番組冒頭でのサブタイトルが表示されていなかった)。

サブタイトル・出演者[編集]

ビデオソフト[編集]

64話の中から一部を再編収録し、『市川準の東京日常劇場』「憂愁篇」「哀愁篇」として2巻にまとめられてビデオ化された。「憂愁篇」は83分、「哀愁篇」は87分。

脚注[編集]

  1. ^ 角掛修 (2009年8月29日). “市川準の東京日常劇場 全解題 その1”. 市川準監督のこと. はてなダイアリー. 2014年9月26日閲覧。