市川町 (八戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 青森県 > 八戸市 > 市川町 (八戸市)
市川町
市川町の位置(青森県内)
市川町
市川町
市川町の位置
座標: 北緯40度33分31.71秒 東経141度27分4.03秒 / 北緯40.5588083度 東経141.4511194度 / 40.5588083; 141.4511194
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hachinohe, Aomori.svg 八戸市
人口 (2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 - 計 9,414人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 039-2241
市外局番 0178[2]
ナンバープレート 八戸

市川町(いちかわまち)は、青森県八戸市にある町名地名の一つである。62の小字がある。

概要[編集]

八戸市の北部に位置し、五戸川が地区の東西を流れている。北に上北郡おいらせ町、東に、八戸港、市川水産加工団地南に松ヶ丘、西に三戸郡五戸町八戸北インター工業団地に接する。 陸上自衛隊八戸駐屯地が市川町の南側に、多賀台団地が北側に立地している。 鉄道の駅はJR東北線陸奥市川駅がある。幹線道路は、国道45号青森県道8号八戸野辺地線青森県道15号橋向五戸線、東側の臨海工業地帯を通る青森県道19号八戸百石線

歴史[編集]


1955年までの市川村の行政区
  • 縄文時代早期から当地区には人が居住していた。(昭和期に長七谷地貝塚が発見される)
  • 1889年(明治22年) 下市川村が改称して、三戸郡市川村が成立。
  • 1892年(明治24年) 戸数389、人口2661人。住民のほとんどが農業を営む。
  • 1920年(大正9年)戸数581、人口3728人
    • 就業人口は農業3252、水産業78、工業107、商業124、交通業36、公務・自由業85。その他39、無職7。[3]
  • 1944年(昭和19年) 国鉄東北本線陸奥市川駅開設。
  • 1955年(昭和30年) 八戸市に編入する。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)4月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

小字 世帯数 人口
赤川 12世帯 32人
赤川下 23世帯 52人
赤坂下 38世帯 101人
赤畑 23世帯 46人
市川 86世帯 209人
市川後 57世帯 149人
稲荷後 36世帯 78人
稲荷下 10世帯 24人
稲荷岱 13世帯 33人
姥懐 20世帯 44人
大沢下 1世帯 4人
壁取下 3世帯 8人
上大谷地 154世帯 338人
桔梗野 488世帯 1,040人
桔梗野上 638世帯 1,379人
桔梗野官地 573世帯 573人
桔梗野上官地 84世帯 206人
北雷平 18世帯 46人
古場蔵 2世帯 2人
鮫ノ口 13世帯 31人
下揚 30世帯 79人
下大谷地 111世帯 285人
下川原 11世帯 23人
下田堺 6世帯 12人
下中平沖 79世帯 186人
菖蒲谷地 29世帯 64人
尻引 64世帯 148人
尻引堤沢 91世帯 197人
尻引堤下 59世帯 127人
尻引前山 588世帯 1,228人
新田 56世帯 125人
新堀 9世帯 18人
菅谷地 29世帯 77人
高田 12世帯 29人
高丁場 2世帯 5人
高森 62世帯 125人
高屋敷 96世帯 237人
田ノ沢 3世帯 9人
長七谷地 9世帯 23人
長者久保 26世帯 55人
天久岱 9世帯 21人
轟木 71世帯 165人
轟木前 42世帯 118人
轟木前谷地 2世帯 3人
堂ノ下 28世帯 75人
中川原 8世帯 22人
中谷地 16世帯 36人
夏秋 31世帯 43人
鍋沢尻 2世帯 2人
橋向 220世帯 512人
52世帯 150人
船場川原 32世帯 90人
古館 131世帯 312人
水目沢 7世帯 14人
南雷平 3世帯 10人
南大谷地 27世帯 56人
南尻引 29世帯 74人
向谷地 16世帯 45人
向谷地前 2世帯 7人
和野 50世帯 121人
和野前山 28世帯 57人
藁田柳 15世帯 34人
4,485世帯 9,414人

施設[編集]

商業[編集]

工業[編集]

公的機関[編集]

教育[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 八戸市 (2017年4月30日). “八戸市人口データ(平成29年度)” (日本語). 八戸市. 2017年6月1日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1985)「角川日本地名大辞典 青森県」角川書店 pp127