市易法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

市易法(しえきほう)は、中国北宋王安石新法の一つ。

この法に基づく一連の政策は一定の成果を上げたが、その統制的な経済運営理念とは別に、市易法の運用にあたった呂嘉問の兼并的な運用により物価が暴落するなど混乱し、やがて豪商たちの反対にあって、元豊8年(1085年)以後、次々に廃止されることとなった。均輸法による経済政策は、武帝による導入(桑弘羊)以降、中国の帝室運営政策としてしばしば登場するが、儒教の主唱する農本主義法家思想との対立にもとづく倫理観や観念的な思想対立が議論の中心にあり、今日のような市場原理主義混合経済のような経済政策論争とは必ずしも一致しない。

関連項目

今日は何の日(6月21日

もっと見る

「市易法」のQ&A