市村光恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
市村光恵

市村 光恵(いちむら みつえ、1875年8月5日 - 1928年9月27日)は、日本の地方政治家、憲法学者。

略歴[編集]

明治8年(1875年)8月5日に高知県高岡郡蓮池村芋岡(現・土佐市)に生まれる。明治27年(1894年)高知尋常中学校、明治35年(1902年東京帝国大学を卒業し、同大学の講師になる。明治36年(1903年京都帝国大学助教授に、明治42年(1909年)京都帝国大学教授に就任。翌年、法学博士となる。昭和2年(1927年京都市長に選任されたため、大学を退官し、名誉教授となる。昭和3年(1928年)9月27日、54歳で死去。墓は京都市上賀茂大乗寺境内。

主な著作[編集]

  • 帝國憲法論
  • 国家乃国民論
  • 医師の権利義務
  • 普通教育憲法大意

など