市村英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市村 英彦
研究機関 東京大学
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン
ピッツバーグ大学
ミネソタ大学
研究分野 計量経済学
母校 マサチューセッツ工科大学
大阪大学
学位 Ph.D. in Economics
博士課程
指導教員
ダニエル・マクファデン
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

市村 英彦(いちむら ひでひこ)は、日本の経済学者東京大学教授Ph.D.マサチューセッツ工科大学、1988年)、専門は計量経済学。計量経済学における種々の推定問題に必要となる前提条件の吟味および政策効果測定法の開発・応用について研究している。Econometric Societyのフェロー。

父親は開発経済学者市村真一京都大学名誉教授[1]。母方の祖父は近藤伝八陸軍大佐[2][3]

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1981年3月 - 大阪大学経済学部経済学科卒業
  • 1988年1月 - 米国マサチューセッツ工科大学経済学Ph.D.

職歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “今月のショート書評(2011年6月)”. 経済学者安田洋祐のブログ. (2011-06-25日). オリジナル2017年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170103140212/http://blog.livedoor.jp/yagena/archives/50837029.html  [信頼性要検証]
  2. ^ 「語り継ぐ」 南京・真珠湾・落下傘”. 読売新聞. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月30日閲覧。 [出典無効]
  3. ^ 天皇陛下御在位20年奉祝に関する各界の取り組み 学界・文化界・芸能界一覧”. 天皇陛下御即位二十年奉祝委員会. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月2日閲覧。 [出典無効]