市村記念体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市村記念体育館
正面
正面
施設情報
正式名称 市村記念体育館
収容人数 固定席820人
最大2,020人
設計者 坂倉準三
建築主 佐賀県
事業主体 大成建設
管理運営 セイカスポーツグループ(指定管理者)
構造形式 RC造
建築面積 2,082m²
延床面積 4,318m²
階数 地上4階、地下1階
竣工 1963年(昭和38年)3月
所在地 840-0041
佐賀県佐賀市城内2-1-35
位置 北緯33度14分58秒 東経130度18分07秒 / 北緯33.249464度 東経130.301891度 / 33.249464; 130.301891座標: 北緯33度14分58秒 東経130度18分07秒 / 北緯33.249464度 東経130.301891度 / 33.249464; 130.301891
西側面
佐賀県庁屋上展望台から見下ろす屋根部分
拡大

Clip
佐賀県庁屋上展望台から見下ろす屋根部分

市村記念体育館(いちむらきねんたいいくかん)は、佐賀県佐賀市城内にあるスポーツ施設・ホールである。鹿児島県でフィットネスクラブを運営するセイカスポーツセンターを中心とした「セイカスポーツグループ」が佐賀県総合運動場佐賀県総合体育館(共に佐賀市日の出)と共に指定管理者として管理している。

概要[編集]

佐賀県出身の実業家でリコー創業者の市村清により佐賀県に寄贈された施設で、1963年(昭和38年)に「佐賀県体育館」として開館した。坂倉準三の設計で、瓶の王冠のようにギザギザのある特徴的な外観をしている。この外観は折板状の外壁と楕円形の吊屋根で構成されており、吊屋根工法の建物としては佐賀県内唯一である[1][2]。1992年(平成4年)に寄贈者を記念して「市村記念体育館」に名称変更した。

平成19年度全国高等学校総合体育大会ではボクシング会場として使用された。2018年3月からスタートした「肥前さが幕末維新博覧会」でメインパビリオンである「幕末維新記念館」として利用している。

建築から50年以上が経過し老朽化が進んでいること、またフロア面積が小さく競技会などを開催するのが難しいことから、佐賀県の策定した「佐賀県総合運動場等整備基本計画」において、スポーツ施設としての使用を終了する方針が示されている[3]

施設[編集]

  • 競技場 - 延床⾯積 4,318 m2(フロア面積 1,180 4,318 m2
    • バスケットボールコート(2面相当)
    • バレーボールコート(2面相当)
    • バドミントンコート(6面相当)
    • 卓球台(18台)
    • 新体操用施設
    • 観客席(820席)
  • 舞台 - 30 × 7 m
  • 楽屋
  • テニスコート
  • 集会室

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 磯達雄、宮沢洋『昭和モダン建築巡礼 西日本編』、日経BP、2006年、52-53頁 ISBN 9784822204884
  2. ^ 市村記念体育館」佐賀県建築士会、2015年7月27日閲覧
  3. ^ 佐賀県総合運動場等整備基本計画 (PDF) - 佐賀県、2018年11月2日閲覧。