市橋直方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市橋直方(鳥居清信筆、安楽寺蔵)

市橋 直方(いちはし なおかた、元禄2年(1689年)- 寛延3年9月11日1750年10月10日))は、近江仁正寺藩の第4代藩主。仁正寺藩市橋家5代。

越後新発田藩主・溝口重雄の次男。母は嶋氏。正室は山上藩主・稲垣重定の娘。側室に和田氏、松沢氏。子は直好(三男)、松平康孝(五男)、直記(六男、市橋直挙養子)、娘(市橋直挙正室)。官位は従五位下。壱岐守。

新発田にて生まれる。幼名は大助。通称は主計、兵部。宝永2年(1705年)4月21日、先代藩主・市橋信直の養嗣子となる。宝永3年4月28日、将軍徳川綱吉にお目見えする。享保5年(1720年)4月26日、養父信直の死去で跡を継いだ。同年12月18日、従五位下壱岐守に叙任した。享保15年3月28日、大番頭に就任した。享保18年5月11日、辞職する。藩政においては仏教に対して信心深かったことから、領内の多くの廃寺を復興している。享保12年(1727年)頃から病に倒れて療養し始める。

元文元年(1736年)5月25日、養嗣子の直挙に家督を譲って隠居した。元文2年11月13日、剃髪して享山と号した。寛延3年(1750年)9月11日、江戸で死去した。享年62。法号は恭安院殿元徳享山大居士。墓所は東京都港区高輪東禅寺