市橋長和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
市橋長和

市橋 長和(いちはし ながかず、文政4年5月8日1821年6月7日) - 明治15年(1882年1月17日)は、近江仁正寺藩(西大路藩)の第10代(最後)の藩主。仁正寺藩市橋家11代。

出羽庄内藩主・酒井忠器の四男で、酒井忠発の弟に当たる。子は長寿(次男)、長女鋼子(市橋長道正室)など。養子に市橋長道(実父市橋長賢)。官位は従五位下。正五位。正四位。壱岐守。下総守。幼名は鋼三郎。はじめ長和と名乗っていたが、後に長義と改名する。

天保14年(1843年)5月16日、先代藩主市橋長富の養子となる。養父長冨の男子は早世していた。弘化元年(1844年)8月15日、将軍・徳川家慶に拝謁した。同年10月7日、養父長富の隠居により、家督を相続した。同年12月16日、従五位下下総守に叙任した。後に壱岐守に改めた。嘉永6年(1853年)、ペリー来航から国内が政情不安に陥ると、軍備の増強の必要性を感じ取って火薬の製造を行なっている。文久2年(1862年)4月28日、仁正寺藩を西大路藩と改名した。

慶応3年(1867年)12月22日、上洛し、新政府を支持する姿勢を示した。明治元年(1868年)1月27日、新政府に敵対姿勢を示す武蔵川越藩主・松平康英の近江国内の領地の支配を命じられる。同年2月20日、藩兵の少なさを理由として、東山道鎮撫総督府軍の食料補給の任務の辞退を願うものの、認められなかった。明治元年(1868年)の東京奠都では、明治天皇の守護と京都警備に務めた。明治2年(1869年)4月22日、版籍奉還により藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官されて東京へ移った。明治15年(1882年)正月17日、62歳で死去した。