市橋長富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

市橋 長富(いちはし ながとみ、文化2年2月22日1805年3月22日) - 安政6年11月20日1859年12月13日))は、近江仁正寺藩の第9代藩主。仁正寺藩市橋家10代。

出羽庄内藩主・酒井忠徳の四男。正室は八戸藩主・南部信真の娘。二男四女あり。通称は主殿。官位は従五位下主殿頭。

文政5年(1822年)2月22日、先代藩主の長発の死去により、末期養子として家督を相続した。同年9月1日、将軍・徳川家斉に拝謁する。同年12月16日従五位下主殿守に叙任する。砲術家の高島四郎太夫から砲術を学んだ。天保15年(1844年)10月7日、隠居し、養子長和に家督を譲った。安政6年(1859年)11月20日、55歳で死去した。法号は性善院円山道覚大居士。墓所は東京都荒川区西日暮里の南泉寺。