市瀬菜々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市瀬 菜々 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イチセ ナナ
ラテン文字 ICHISE Nana
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-08-04) 1997年8月4日(22歳)
出身地 徳島県徳島市
身長 160cm
体重 55kg
選手情報
在籍チーム マイナビベガルタ仙台レディース
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足[1]
ユース
2004-2009 川内南サッカー少年団
2010-2012 鳴門ポラリスLFC
2013-2015 常盤木学園高等学校サッカー部
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- ベガルタ仙台レディース 37 (2)
代表歴2
2017- 日本の旗 日本 19 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月3日現在。
2. 2019年6月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

市瀬 菜々(いちせ なな、1997年8月4日 - )は、徳島県徳島市出身の女子サッカー選手。マイナビベガルタ仙台レディース所属。日本女子代表。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

徳島県徳島市川内町出身[2]徳島市川内南小学校1年の時、サッカーを始めた[2]徳島市川内中学校の時、男子に交じり四国クロスバーリーグで活躍。同時に鳴門ポラリスレディースフットボールクラブでもプレーした[2]。宮城県の強豪・常盤木学園高等学校に進み、2年時にはコスタリカで行われた2014 FIFA U-17女子ワールドカップで優勝し[3]、3年時にはAFC U-19女子選手権2015で優勝を果たした[2][4]

2016年、ベガルタ仙台レディースに加入[5]。加入年から2018年までの3年間は、仙台市内のホームセンター「ダイシン」で勤務していた[6]。同年4月30日に行われたなでしこリーグ第6節伊賀フットボールクラブくノ一戦で初出場を果たした[2]。同年11月からパプアニューギニアで開催された2016 FIFA U-20女子ワールドカップでは全6試合にフル出場し、日本の銅メダル獲得に貢献した[7][8]

2017年1月の日本女子代表トレーニングキャンプに初招集される[9]。同年4月9日のキリンチャレンジカップ2017・コスタリカ戦でA代表初出場[10]

2019年1月18日、このシーズンから加入した隅田凜とともにプロ契約を締結した[11]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2013 常盤木高 28 チャレンジ 11 1 - 1 0 12 1
2014 8 19 0 - 3 1 22 1
2015 チャレンジEAST 15 3 - 1 0 16 3
2016 仙台L 3 なでしこ1部 12 0 9 0 2 0 23 0
2017 11 2 5 0 0 0 16 2
2018 14 0 4 0 2 0 20 0
2019 2 0 2 0
通算 日本 1部 37 2 20 0 4 0 61 2
日本 2部 30 1 - 4 1 34 2
日本 3部 15 3 - 1 0 16 3
総通算 82 6 20 0 9 1 111 7

代表歴[編集]

試合数[編集]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2017 6 0
2018 9 0
2019 4 0
通算 19 0

(2019年6月25日現在)

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2017』ぴあ、2017年、24頁。ISBN 978-4-8356-3249-0。
  2. ^ a b c d e 『若きアスリート徳島から世界へ(1)』徳島新聞 (2017年1月31日). 2018年2月11日閲覧。
  3. ^ U-17日本女子代表 FIFAU-17女子ワールドカップコスタリカ2014 大会初優勝!JFA公式サイト. 2014.4.5付. 2018年2月11日閲覧。
  4. ^ AFC U-19女子選手権中国2015 朝鮮民主主義人民共和国をPK戦の末に下し優勝!JFA公式サイト. 2015.8.30付. 2018年2月11日閲覧。
  5. ^ “常盤木学園高校 市瀬菜々選手 レディース2016シーズン新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2015年12月10日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2015/12/post-3131.html 2018年2月5日閲覧。 
  6. ^ “市瀬菜々「世界イチ」へ仙台の期待背負い思い新た”. 日刊スポーツ. (2019年5月29日). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201905290000380.html 2019年6月2日閲覧。 
  7. ^ 市瀬菜々選手  FIFA U-20女子ワールドカップパプアニューギニア2016 日本代表メンバー選出のお知らせベガルタ仙台公式サイト. 2016.10.24付. 2018年2月11日閲覧。
  8. ^ U-20日本女子代表、3位決定戦でアメリカに1-0で勝利 銅メダルを獲得~FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア2016~JFA公式サイト. 2016.12.5付. 2018年2月11日閲覧。
  9. ^ “なでしこ初招集の市瀬菜々「フィジカルが足りない」”. 日刊スポーツ. (2017年1月22日). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1768838.html 2018年2月5日閲覧。 
  10. ^ “高倉なでしこ、コスタリカに3発快勝! 熊本復興試合となった国内初陣で白星《キリンチャレンジカップ2017》”. 超ワールドサッカー. (2017年4月9日). http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=273164 2018年2月5日閲覧。 
  11. ^ “市瀬菜々選手・隅田凜選手 プロ契約締結のお知らせ”. ベガルタ仙台. (2019年1月18日). https://www.vegalta.co.jp/news-team/2019/01/post-39.html 2019年6月2日閲覧。